--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.08

( ,,゚Д゚)猫耳ギコのようです 第一話

1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:17:14 ID: BvGsXNti0


人間と猫の、中間的な種族。
人は俺達の事を猫耳族と、そう呼んだ。

種族が違うといっても、言葉は喋れるし、知能だって人間のそれと何ら変わり無い。
ただ、鋭い爪やふさふさとした毛で覆われている猫耳など、猫の名残が残っている箇所もある。

猫耳族は人間達と共に暮らし、生活を営んできた。
そんな平和な時代が、俺が生まれるよりもずっと昔にあったと聞いた。

いつからか、猫耳族は悪魔の使いと恐れられ人間達に狩られ始めた。

元々少なかった猫耳族の数は減少し、生き残った猫耳族は逃げるように各地に散った。

ある者は、刺々しい岩石が立ち並ぶ険しい山へ。
ある者は、人気のない廃村へ。

行き先は大抵、そのような人間達の目に付かぬような場所だ。





2 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:19:21 ID: BvGsXNti0


俺も、その逃げ延びた猫耳族の一人だった。
人間に見つからないよう、森の奥深い場所でひっそりと暮らしている。

ここは食料にも困らないし、近くに川もある。
生活するには十分すぎるほどの場所だった。

そして、今日も狩りを終えて、草木で作った住処へと帰ってきた訳だが……

( ,,゚Д゚)「……誰?」

川 - -)「……」

俺の住処に、我が物顔で眠っている女がいた。


( ,,゚Д゚)猫耳ギコのようです




3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:20:35 ID: BvGsXNti0


第一話


心地よさそうに眠っている女の頭には、ふさふさとした猫耳が生えていた。
どうやら人間では無く、同じ猫耳族のようだ。
どちらにせよ、俺の寝床を占領されていては、とても困るわけで、

( ,,゚Д゚)「……おい」

川 - -)「……」

呼びかけてみる。
だが、女はまるで反応しない。

( ,,゚Д゚)「おーい、生きてんのかゴラァ」

川 - -)「……ん、むぅ」

体を揺さぶってみると、女は僅かに声を漏らす。
それから、ゆっくりと上半身を起こし、瞼を擦りながら目を覚ました。




5 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:25:57 ID: BvGsXNti0


長い黒髪に、大きな瞳。
美しい女だった。年は……見た所、俺と同じ十五歳くらいだろうか。

川;゚ -゚)「お前誰だ?」

( ,,゚Д゚)「そりゃこっちの台詞だ」

俺の顔を見るなり、女は驚いた様子でそう言い放った。、
いや、驚くのはむしろ俺の方だろ。

『住処に戻ったら、女が寝ていた』

そんな発情期の男が考えそうなシチュエーションが、実際に起こっているのだから。




6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:27:08 ID: BvGsXNti0


川 ゚ -゚)「……む? その耳。君も猫耳族か」

俺の猫耳を見つめ、女は安心したように言った。

( ,,゚Д゚)「ああ。人間みてえに取って食ったりしねぇから、安心しろ」

川 ゚ -゚)「そうか、警戒してすまなかった。私の名はクー。
     君は……」

ぐぅ、という腹の音が、クーの言葉を遮った。
恥じる様子も無く、腹をさすりながら俺の方を見つめている。

( ,,゚Д゚)「ギコだ」

俺は名を名乗り、腰につけている袋から木の実を二、三粒取り出した。




8 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:29:14 ID: BvGsXNti0


( ,,゚Д゚)「食えよ。腹減ってんだろ?」

川 ゚ -゚)「しかし……」

( ,,゚Д゚)「遠慮すんな。木の実なんざ、この森にゃ腐るほどあるんだ」

再びぐぅ、という音がクーの腹から鳴り響く。
クーは「恩に着る」と言いながら、木の実をパクパクと食べた。

川 ゚ -゚)「ハムッ! ハフハフ、ハムッ!」

( ,,゚Д゚)「お、おい、落ち着け。そんな急いで食わなくても木の実は逃げねぇよ」




10 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:32:50 ID: BvGsXNti0


川 ゚ -゚)「ごちそうさま」

木の実を食べ終えると、クーは両手を胸の前で合わせる。
それは、確か人間が食事を終えた時にする動作だ。

( ,,゚Д゚)「お前、変わってるな。どこから来たんだ?」

川 ゚ -゚)「わからん。川に流されて、ここに辿り来た」

( ,,゚Д゚)「川に流されて?」

川 ゚ -゚)「ああ。私達の住んでいた所が、人間に見つかってしまってな。
     追っ手から逃げる際に川に飛び込んで、ここまで流されて来た」

( ,,゚Д゚)「……そうか」

どうやら、色々事情があるようだ。
俺は深くは聞かず、ただ相槌を打った。




12 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:35:39 ID: BvGsXNti0


川 ゚ -゚)「……ん? そういえば、しぃはどこだ?」

( ,,゚Д゚)「しぃ?」

川 ゚ -゚)「私の妹だ。私と一緒に川へ飛び込んだ筈なんだが……。
     ギコ、見かけなかったか? ショートヘアの女の子だ」

( ,,゚Д゚)「いや、見かけてねぇな」

川 ゚ -゚)「……」

俺がそう言うと、クーは悲しそうな目をして俯く。
そんな様子のクーを見て、なんだか俺まで悲しくなった。




13 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:37:12 ID: BvGsXNti0


( ,,゚Д゚)「まぁ、この森は食料が豊富だから、辿り着いてるなら大丈夫だろう」

川 - )「……」

( ,,゚Д゚)「あー、その、なんだ。元気出せ」

こういう時、パッと慰める言葉が出てこない自分が恨めしい。
そんな俺に出来ることは、クーの頭を撫でてやることくらいだった。

子供の頃、俺が泣いているとお袋はこうやって慰めてくれた。
……そのお袋も、もうこの世にはいないのだけれど。




14 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:39:31 ID: BvGsXNti0


川 ゚ -゚)「……ギコ」

( ,,゚Д゚)「うん?」

俺が頭を撫で続けていると、クーは上目遣いで俺を見つめた。

川;゚ -゚)「その、慰めてくれる気持ちはとても嬉しい。
      だが、頭を撫でられるのはかなり恥ずかしいんだが」

( ,,゚Д゚)「あ、すまん。嫌だったか?」

俺はクーの頭から手を離す。

川;゚ -゚)「いや、嫌では無いかな……もしろ気持ちいい。
     ……って、何を言わせるんだっ!」

クーは少し頬を赤らめ、何故か怒っていた。




15 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:40:47 ID: BvGsXNti0


( ,,゚Д゚)「え、じゃあ何で怒ってるんだ?」

川;゚ -゚)「そうじゃなくてだな。私は女で、君は男だ。
      そして、頭を撫でるという行為はだな、その、甘美な雰囲気を持っているというか」

( ,,゚Д゚)「?」

クーはますます顔を赤くし、俯いたまま黙り込んでしまった。
何か気に障るような事でもしてしまったのだろうか?
よくわからん。




16 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:45:03 ID: BvGsXNti0


( ,,゚Д゚)「それで、お前これからどうするんだ?」

川 ゚ -゚)「え?」

( ,,゚Д゚)「これからの事だよ。妹さん、探しに行くのか?」

川 ゚ -゚)「ああ。しぃはまだ幼いし、一人ぼっちになって泣いているかもしれん。
     早く見つけてやらないと可愛そうだ」

そう言うと、クーは立ち上がり外へと出る。

川 ゚ -゚)「邪魔をしたな。それじゃ、私は行くよ」

( ,,゚Д゚)「俺も付き合おうか?」




17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:45:31 ID: BvGsXNti0


川 ゚ ー゚)「いや、大丈夫だ。そこまで迷惑は掛けられんよ。
      世話になった。ありがとう、ギコ」

俺に向かい、頭を下げるクー。

( ,,゚Д゚)「なぁに、礼には及ばねーよ。同族のよしみだ。
     妹さん、見つかるといいな」

俺が笑顔を浮かべながらそう言うと、クーも微笑を返してきた。
お、やっぱり笑った顔も可愛いな。

川 ゚ -゚)「それじゃ、また縁があったら会おう」

そう言い残し、クーは俺に背を向け森の奥へと歩いていった。


19 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:50:56 ID: BvGsXNti0


( ,,゚Д゚)「さて、と。昼飯でも食うか」

俺は取ってきた獲物を広げる。
それにしても、クーか。結構可愛かったな。

( ,,゚Д゚)「……って、何考えてんだ俺は」

意味深な考えを頭から取っ払う。

( ,,゚Д゚)「飯食お、飯」

最近独り言激しくなったな。これはもう末期かもしれん。

俺は道具で火をおこし、森で取ってきたキノコや鳥を炙った。



20 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:55:39 ID: BvGsXNti0


( ,,゚Д゚)「うめぇwww」

香ばしい匂いが鼻を抜け、自然そのままの味が舌を刺激する。
この森に生えるキノコは最高にうまい。自然の恵みに感謝だ。

川 ゚ -゚)「……うまそうだな」

( ,,゚Д゚)「おお、そりゃあここのキノコはうまいよ。
     この森に来て、このキノコを食わずに帰るのはアホのすることよ」

川 ゚ -゚)「……」

( ,,゚Д゚)「……」

って、なんでさっき出てった人がここにいるんですか。

川 ゚ -゚)「君は今、疑問に思っているだろ。
     どうして、さっき出て行った私がここに戻ってきてるのかと」

( ,,゚Д゚)「うん」

川 ゚ -゚)「実はな……」




22 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 01:59:40 ID: BvGsXNti0


クーの口から、とんでもない事実が言い放たれた。

川 ゚ -゚)「道に迷ったんだ」

( ,,゚Д゚)「……」

それはひょっとしてギャグで言っているのか?

川 ゚ -゚)「ギャグではない。真っ直ぐ来たつもりが、何故かここに戻ってきてしまったのだ」

心の声まで読まれてしまった。
とにかく、だ。これはかなりの重症である事は間違いない。

( ,,゚Д゚)「うん、やっぱ俺、探すの手伝うよ」

川 - )「かたじけない。そうしてくれると助かる」

( ,,゚Д゚)「気にすんなって。ほら、行こうぜ」




24 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 07/11/08(木) 02:05:59 ID: BvGsXNti0


俺はクーと一緒に、森の中へと入っていく。
丁度、俺達の真上に輝いている太陽が、木々を美しく照らしていた。

( ,,゚Д゚)「それで、クーはどこら辺に流れ着いたんだ?」

川 ゚ -゚)「すまん、覚えてないんだ。ただ、滝の音が近くで聞こえたな」

( ,,゚Д゚)「オッケー。じゃあ、しぃちゃんもその近くにいるんじゃないかな?
     そこら辺を中心に探してみますか」

俺達は滝のある場所を目指し、森の中を歩き始めた。


第一話 おしまい




スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

続きがきになりんぐ

-:2007/11/09(金) 01:01:15 | URL | [編集]

wktkや

-:2007/11/09(金) 04:41:37 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。