--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.11

ツンが初恋の夢を見たようですξ゚⊿゚)ξ 第一話 続いていますか? 続いていてもいいですか?

28 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 23:17:54.03 ID: E6E9bWNC0
また初恋の人の夢を見た。

夢が覚める前までにあったはずの全てのリアルが

全てひっくるめて夢だったと言うのが酷く笑えた。

――うんざりするほど繰り返されてきた夢。

まだ頭の中に残る感覚。そう、あれは――

29 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 23:18:51.62 ID: E6E9bWNC0
ξ-⊿-)ξ「…………」

頭を抑えながら起き上がる。
徐々に意識の解明度があがって行く。
日常にひっぱり戻される感覚。


毎回の事だが好きではない。


ξ゚⊿゚)ξ「またあの夢……」

そう言いつつ、言うも言われぬ心地良さを私は覚えている。
もう聞く事の出来ないであろう浅いテナーの声。
もう見る事の出来ないであろうあの締りのない顔。

年々薄くなっていく夢の感覚は、開けていく距離にきっと比例している。

ξ゚⊿゚)ξ「……馬鹿馬鹿しい」
窓辺に寄ってブラインドをあげる。
シャッ、と言う鋭い音と一緒に光が部屋に入ってきた。

30 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 23:19:23.78 ID: E6E9bWNC0


ξ゚⊿゚)ξ「今日も一日、頑張りますか……!」


ニュー速県から上京してもう3年。
国公立の大学三年生になった。
――アイツのいない三度目の夏が訪れようとしている。


       ツンが初恋の夢を見たようですξ゚⊿゚)ξ



31 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 23:19:43.50 ID: E6E9bWNC0
《第一話 続いていますか? 続いていてもいいですか?》

『……それ、何て曲?』
訝しげな声。
音の悪いスピーカーから出た音みたいに、所々掠れて聞き取れない。

『……へえ」』
感心したような声。


ξ゚⊿゚)ξ「……平穏無事な日々」


夢よりもいくらか不明瞭になっている声を思い出しながら、
手にした音楽ノート。空白になっている題名部分を指でなぞりながら、笑ってみる。
鏡がないから解らないけれど、きっと今私は酷い顔をしてるだろう。

『ツンはよく知ってるお、そう言うこと』
自分のことのように嬉しそうな声。


ξ゚⊿゚)ξ「当たり前よ。……私が作った曲なんだから」


あの時いえなかった本当の事。
精一杯考えて作った私の曲。イメージはハルシオンデイズ、私達の日常。

32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 23:20:42.17 ID: E6E9bWNC0

ξ-⊿-)ξ「けど……まだ未完成なのよね。この曲」

書き上げられない最後の一小節。
ペンを取ればこの曲を仕上げてもいいのだろうかと言う迷いが必ず生じる。
書き上げて、終ってしまわないだろうか
私の。私達のハルシオンデイズが。


ξ゚⊿゚)ξ「ばかっ……馬鹿馬鹿しい」


2度目に出た口癖は、いつもよりも長い余韻を私に残す。
蝉の声が聞こえ始めていた。
朝が始まりかけている。新しい朝がきた、希望の朝が。

その点で言えば、私は止まっているのだろう。
――――いや、違うか。

止まれていない。続き続けているだけ。

多分それは――

ξ゚⊿゚)ξ「これを終らせるまで、ずっと……」

呟いてから、手の中の音楽ノートを一瞥する。
それでも終らせる気なんて、さらさらなくて。

33 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 23:21:08.26 ID: E6E9bWNC0
歯磨きして、顔を洗って。
朝食を取る暇がないと嘆くくせに、長い時間をかけて髪を整える。

ξ゚ー゚)ξ「一人暮らしにも慣れたものね……」

苦笑気味に笑った朝6時30分。


ξ゚⊿゚)ξ「…………」


って。


ξ゚⊿゚)ξ「今日から大学夏休みだしっ!」


昼まで寝たとして時間損した。
時給710円として2840円分の損失。


ξ#゚⊿゚)ξ「あー! 何このケチくさい考え方!」


腹立つ! 調子狂う!
一通り叫んでいたら隣人に壁をドンドン叩かれた。
思わず萎縮する。ご、ごめんなさい。一体誰に謝ってんだか。
そして切り出された最悪な一日のスタート。

34 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 23:21:50.66 ID: E6E9bWNC0

……どれもこれもきっとアイツのせいだ。


ξ゚⊿゚)ξ「……内藤の馬鹿」


この呟きは届くはずはない。
解ってはいるけれど。

くしゃみの一つくらい、やってくれててもいいとは思う。


妄言を払拭させる為にもとテレビを付けると、
天気予報のコーナーに入った所に丁度被っていた。

新顔の天気予報士が今日から梅雨明け宣言をした後に
連年より少し遅い本格的な夏の始まりが訪れたと言う。


大学の夏休みを利用して、三年ぶりに実家に帰る計画はしているものの、


アイツに。

内藤に会う予定は、立っていない。



ツンが初恋の夢を見たようですξ゚⊿゚)ξ 第二話 偶然スクランブル

http://sankakupost.blog55.fc2.com/blog-entry-11.html#more


スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。