--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.22

川 ゚ -゚)エスパークーのようです 7

2 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:40:49.15 ID: WOn2PG1l0
エスパークス、エスタークじゃねぇのかよ!
という人のための登場人物紹介

川 ゚ -゚) 新人。物を呼び寄せる超能力

(,,゚Д゚) 先輩。超脚力の超能力

(*-ー-) 身体が不自由。人の内面の色を観る

( ><) 新人。千里眼

ξ*゚⊿゚)ξ クソガキ。能力は不明

川д川 オカ女。空間を構築、接続する能力

( ´∀`) プロジェクト主任。一般人

( ・∀・)プロジェクト補佐。テレパシー能力

从 ゚∀从 プロジェクト書記長。能力は不明

从'ー'从 アイドル。嫌でも人目を惹いてしまう

( ∵) 悪魔人形。監察処分中

('A`) クーの幼馴染。一般人

('、`*川 *(‘‘)* 仲良し女子高生


4 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:42:34.28 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『よう! オレ様はビコーズ!!』

( ∵)『え?』

( ∵)『人形がしゃべってる?』

( ∵)『うるせぇ! 好きでこんな姿になったわけじゃねーよ』

( ∵)『好き好んで鞄のキーホルダー役なんてやってると思うか?』

( ∵)『クーの野郎からこの人形に閉じ込められて暫く経つが』

( ∵)『最初は口にテープ貼られて、しゃべることすら出来なかったんだぞ?』

( ∵)『え?』

( ∵)『逃げればいいじゃないかって?』

( ∵)『それがあの糞アマ、案外隙がなくてよぉ』

( ∵)『寝るときなんて、金庫に入れるんだぜ? 金庫』

( ∵)『せめて一緒に寝てあげるぐらいのサービスはねぇのか』


6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:44:20.83 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『でもまぁ』

( ∵)『女子高生の生着替えとか見れるのは、結構おいしいな』

( ∵)『なんだかんだで、ビコーズって名前も慣れてきたしな』

( ∵)『あとはクーがもうちっと優しければなぁ』

( ∵)『…』

( ∵)『は!』

( ∵)『ダメダメだ、現状に満足しては!!』

( ∵)『……どうやって逃げるか』

( ∵)『生着替えが見れなくなるのは惜しいが…』

( ∵)『…』

( ∵)『べ、別に離れるのが寂しいわけじゃねーよ!』

( ∵)『絶対に逃げる!!』

( ∵)『…チャンスはきっとくる』


7 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:45:40.73 ID: WOn2PG1l0


川 ゚ -゚)エスパークーのようです

    -第七話:ビコーズを追え!-


9 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:48:26.44 ID: WOn2PG1l0

―夕方、通学路


テクテクテク

( ∵)『…』

川 ゚ -゚)『…』

( ∵)『…』

川 ゚ -゚)『おい、ビコーズ』

( ∵)『…』

川 ゚ -゚)『おい』

( ∵)『…zzZZ』

川 ゚ -゚)『…』


グギッ


( ∵)『ぎゃああああああああ!!!』


10 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:51:50.97 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『ナニすんだ、てめぇ!!』

川 ゚ -゚)「寝ているからだろう」

( ∵)『そんな理由で首引っ張ったのか』

川 ゚ -゚)「自分が監察処分中だということを忘れるな」

( ∵)『んだよー、別にお前には迷惑かけてねぇだろうがよ』

川 ゚ -゚)「私の身体を乗っ取ろうとしただろうが」

( ∵)『…』

( ∵)『過去は振り返らない性質なんでな』

川 ゚ -゚)「…ふむ」

ギュウウウ

( ∵)『ひぎぃ!!』


11 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:53:05.95 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「…ひとつ質問をしたい」

( ∵)『…素直に答えると思うか?』

川 ゚ -゚)「…」

( ∵)『すいません首に手をかけるのはやめてください。なんでもお答えします、はい』

川 ゚ -゚)「人の身体を乗っ取りながら転々としていた、という話だが」

川 ゚ -゚)「お前の“オリジナル”というのはどうしたんだ?」

川 ゚ -゚)「お前も元々は一人の人間だったのだろう?」

( ∵)『…』

( ∵)『…知らね』


13 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:54:30.51 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「…」

( ∵)『あー! やめてやめて!! もげちゃう! もげちゃう!!』

( ∵)『知らねぇもんは知らねぇつーの!』

( ∵)『気付いたらもう他人の身体の中だったしな』

( ∵)『オレ自身エスパーだって自覚があった訳じゃねぇ』

( ∵)『ただ本能の命じるまま、人の身体を移っていったんだよ』

川 ゚ -゚)「本能ね。女を乗っ取りたかっただけだろう」

川 ゚ -゚)「しかし…」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「ハインさんに調べてもらうか…」


15 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:56:23.89 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『ハイン!? あの変な女か!?』

川 ゚ -゚)「お前が今使ってる身体の製作者だ」

川 ゚ -゚)「お前も自分の過去を知りたいだろ?」

( ∵)『いやいやいや!! 知りたかねーよ!!』

( ∵)『オレの過去なんてどうでもいいだろ!』

( ∵)『身体弄りまわすのは勘弁してくれ!!』

川 ゚ -゚)「そうか?」

( ∵)『そうだ!!!』

川 ゚ -゚)「…なら仕方ない、無理矢理連れて行くとしよう」

( ∵)『げぇ!!!!』


17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:57:27.67 ID: WOn2PG1l0


ブロロロロロロロ


( ∵)『もう勘弁ならん!! 絶交だ、絶交!!』

川 ゚ -゚)「…別に友人ではないだろう」


ブロロロロロロロ!


( ∵)『帰る! オウチに帰る!!』

川 ゚ -゚)「ウチって私の家だろ」


19 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:58:45.00 ID: WOn2PG1l0


ブロロロロロロロ!!


川 ゚ -゚)「どうせ逃げられないんだし観念したら……ん?」


ブロロロロロロロ!!!
バシィ!!


川 ゚ -゚)「!!」

川 ゚ -゚)「危ないバイクだな」

川 ゚ -゚)「―!」

川 ゚ -゚)「鞄…」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「…この私からひったくろうとは、いい度胸だ」


20 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 19:59:39.34 ID: WOn2PG1l0


ブロロロロロロロ
ヘヘヘヘ チョロイゼ
サイキンノ ジョシコーセーハ カネモッテルカラナ



ヒュ
パッ



ン?
ウワアアアアアアアアアアアアア!!!



ガラガラガシャーン!!!!




「…げほっげほ」

「何で道の真ん中にポリバケツが…」


23 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:00:51.26 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「…」

「ひぃ……!!」

川 ゚ -゚)「警察に突き出すか…」

「っぐ……この野郎!!」

川 ゚ -゚)「とりあえず暫く寝てろ」


ヒュ
パッ

ゴイン!!!


「…」


24 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:02:55.04 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「…全く、ここら辺も物騒になったな」

川 ゚ -゚)「大体、私の鞄なんて狙っても大した物は―」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「おい」

川 ゚ -゚)「ビコーズ、どこだ?」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「…しまった」

川 ゚ -゚)「逃げられた」




26 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:04:35.81 ID: WOn2PG1l0

―ダイプロミーティングルーム


( ・∀・) (,,゚Д゚) (*-ー-) ξ*゚⊿゚)ξ ( ><) 川 ゚ -゚)


( ・∀・)「マズいことになったな…」

(*-ー-)「転倒したときにキーチェーンが壊れたのね…」

ξ*゚⊿゚)ξ「それで逃げちゃったんだ」

(,,゚Д゚)「ビコーズの野郎…」

川 ゚ -゚)「すまない。完全に私のミスだ」

(*-ー-)「クーちゃんは悪くないよ」

(,,゚Д゚)「そうだぜ」

( ><)「ですぅ!」


28 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:05:59.49 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「…いや」

川 ゚ -゚)「監察対象を逃したのは私の責任だ」

川 ゚ -゚)「処分されて当然だろう」

川 ゚ -゚)「ただ、このままビコーズを野放しにはできない」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「できれば私にビコーズを捕まえさせて欲しい」

川 ゚ -゚)「自分の責任は自分でとる」


31 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:07:24.04 ID: WOn2PG1l0


( ・∀・)「―ダメだ」


川 ゚ -゚)「…!」

川 ゚ -゚)「モララー補佐…」

( ・∀・)「素直クール。お前は監察対象を逃すといった失態を犯した」

( ・∀・)「そんなお前にビコーズが捕らえられると思えん」

( ・∀・)「勿論、処分の方は受けてもらう」

ξ*゚⊿゚)ξ「えー!」

(,,゚Д゚)「そりゃないぜ!!」

( ><)「ちょっとヒドいんです!!」


32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:08:33.85 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「いい、止めてくれみんな」

川 ゚ -゚)「…処分を受けます」

( ・∀・)「…」

( ・∀・)「殊勝な心がけだ」

川 ゚ -゚)「…」


33 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:09:40.19 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「先程自ら言ったとおり、お前は監察対象を逃した」

( ・∀・)「今のところ人を乗っ取る能力は封じてあるが、何があるか分からん」

( ・∀・)「すでに何かしらの被害が出てるかもしれん」

川 ゚ -゚)「…」


34 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:11:49.05 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「早急にビコーズを捕らえる必要がある」

( ・∀・)「ビコーズの行動を“よく知っている人間”が適任だが―」

( ・∀・)「“そいつ”はミスをした」

( ・∀・)「“そいつ一人では”ビコーズが捕らえられると思えん」

川 ゚ -゚)「…?」


36 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:12:40.91 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「―処分だ、素直クール」


( ・∀・)「“仲間と協力してビコーズを捕らえろ”」


( ・∀・)「責任はみんなでとれ」

川 ゚ -゚)「…!」

( ・∀・)「以上だ」


川 ゚ -゚)「ありがとうございます……!」


38 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:13:26.60 ID: WOn2PG1l0

(,,゚Д゚)「さすが、補佐!」

ξ*゚⊿゚)ξ「ちょっとカッコよかったね」

( ><)「ボクは信じてたんです」

( ・∀・)「…」

( ・∀・)「三人、トイレ掃除一週間な」


エー!
リフジンダー!
コノキチクー!


( ・∀・)「うるさい」


39 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:14:36.37 ID: WOn2PG1l0

(*-ー-)「よかったわね、クーちゃん」

川 ゚ -゚)「えぇ」

川 ゚ -゚)「必ず捕まえてみます」

(*-ー-)「でも、困ったわね」

(*-ー-)「捕まえようにも、場所が分かんない事にはね」

川 ゚ -゚)「…そうですね」


41 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:16:51.16 ID: WOn2PG1l0


バァァァァン!!


从 ゚∀从「心配ご無用!! シャア専用!!」

川 ゚ -゚)「!」

(*-ー-)「ハイン…!」

( ・∀・)「ハインくん、何か手立てがあるのか?」

从 ゚∀从「私は補佐専用(はぁと)」

( ・∀・)「…」

从*゚∀从「…」

( ・∀・)「…」

(・∀・ )「誰か…」


42 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:18:36.91 ID: WOn2PG1l0

(*-ー-)「ハイン、どういうことなの?」

从 ゚∀从「(…っち)」

从 ゚∀从「まぁいい」

从 ゚∀从「聞いておどろけ!」

从 ゚∀从「こんなこともあろうかと―」

从 ゚∀从「奴の身体には発信機を付けてあるのさ!!」


―大型スクリーンにVIP町の地図が表示される


オォー


46 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:20:00.16 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「(そんなものつける位なら、キーチェーンをもっと丈夫にして欲しかったな…)」

从 ゚∀从「目標は現在町を南下中」

从 ゚∀从「この画面の点滅してるのがそうだ」

( ><)「凄いんです!」

( ><)「…ってあれ?」

( ><)「点滅が消えたんです」

从 ゚∀从「あれ?」

カチカチカチ

カチ

从 ゚∀从「…」

从 ゚∀从「電池切れかな…」

( ・∀・)「…」

(*-ー-)「…」

川 ゚ -゚)「…(この人は何のために現れたんだ)」


48 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:22:34.27 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「…まぁ、しょうがないな」

( ・∀・)「幸いなことに、まだ町からは出てないようだ」

( ・∀・)「ビロードの千里眼で捕捉して、足で追い詰めるしかあるまい」

从;゚∀从「すいません」

( ・∀・)「構わんさ」

( ・∀・)「それより、少々聞きたい事がある」

( ・∀・)「何らかの要因で、人形の封印が解けることはないのか?」

从 ゚∀从「その点は大丈夫です」

从 ゚∀从「人を乗っ取る能力に関しては完全に封じてあります」

从 ゚∀从「ただ、やっかいなのはビコーズの羽です」

从 ゚∀从「クーを抱えてた状態でも相当なスピードが出てました」

从 ゚∀从「捕まえるのは容易ではないでしょうね」


49 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:25:01.28 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「なるほど…」

( ・∀・)「機動力に優れた捕獲班とそれをサポートする班が必要だな」

(,,゚Д゚)「じゃあ、オレとクーちゃんが捕獲班で!」

( ><)「ボクとツンちゃんでサポートですか?」

( ・∀・)「いや」

( ・∀・)「ギコとビロードが捕獲班、サポート班にクールとツンデレだ」

川 ゚ -゚)「…!」

(,,゚Д゚)「えー」


50 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:27:03.76 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「話は最後まで聞け、この馬鹿」

( ・∀・)「今から説明する―」



――


( ・∀・)「―というわけだ」

( ・∀・)「私と他の者は後方支援に回る」

(*-ー-)「なるほど」

( ><)「了解なんです」

(,,゚Д゚)「オレらはビコーズを追えばいいんだな」

( ・∀・)「そういうことだ」


51 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:28:27.52 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「クールとツンデレはその後を追ってもらう」

( ・∀・)「もしかしたらビコーズが一般人と接触するかもしれん」

( ・∀・)「その場合の“後処理”を主にやってもらう」

ξ*゚⊿゚)ξ「はーい」

ξ*゚⊿゚)ξ「いつものことだけど、メンドくさいなぁ」

川 ゚ -゚)「…」


53 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:29:49.93 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「ツン」

ξ*゚⊿゚)ξ「ん?」

川 ゚ -゚)「前から気になってたんだが」

ξ*゚⊿゚)ξ「何?」

川 ゚ -゚)「“後処理”って何だ?」

ξ*゚⊿゚)ξ「あれ? クー知らないの?」

( ><)「この前、説明するタイミングを逃したっきりだったんです」

川 ゚ -゚)「あのときもビコーズを追っていたな」

( ><)「ヒート先生に追いかけられて、うやむやになったんです」


54 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:31:01.44 ID: WOn2PG1l0

(,,゚Д゚)「なんだ、クーちゃんはツンと組むの初めてなのか」

川 ゚ -゚)「あぁ」

川 ゚ -゚)「だからツンの能力もまだ知らない」

ξ*゚⊿゚)ξ「そういえば、ちゃんと説明してなかったかもね」

ξ*゚⊿゚)ξ「うーん」

ξ*゚⊿゚)ξ「この場で説明するよりも、実際見たほうが分かりやすいかも」

ξ*゚⊿゚)ξ「現場でいい?」

川 ゚ -゚)「把握した」


56 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:33:14.36 ID: WOn2PG1l0

( ・∀・)「大体話はまとまったか?」

( ・∀・)「各々の役割をしっかり果たせば、必ず捕まえれるはずだ」

( ・∀・)「健闘を祈る」

(*-ー-)「頑張ってきてね」

( ><)「はいなんです」

从 ゚∀从「捕まえたらオレのところに持ってきな」

从 ゚∀从「二度と逃げれないように特製のキーチェーンを作ってやる」

(,,゚Д゚)「そいじゃ行くか」

川 ゚ -゚)「あぁ」


ファイオー!




58 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:35:33.05 ID: WOn2PG1l0


―VIP町上空


( ∵)『うひょぉ――――!!!』

( ∵)『最高だぜ!!』

( ∵)『やっぱ自由に行動できるつーのはいいな』

( ∵)『さーてどうするかな』

( ∵)『できればこんな身体とは、さっさとオサラバしてーんだが…』

( ∵)『適当に人間見つけて乗り移ってみるか』

( ∵)『できるかどうか分かんねーけど』

( ∵)『―おっ?』

( ∵)『あれは…』


60 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:37:33.77 ID: WOn2PG1l0


('A`)「うぃ、すっかり遅くなっちまったぜ」

('A`)「帰りにゲーセン寄ろうと思ったけど、メンドくさくなってきたな」

('A`)「…とっとと帰るか」


61 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:38:39.92 ID: WOn2PG1l0


『久しぶりだな』


('A`)「…?」


『ドクオだっけか?』

『オレのこと覚えてねぇか?』


('A`)「なんだ? どこから声が…?」

('A`)「空…?」


62 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:39:10.21 ID: WOn2PG1l0



w( ∵)w バッサバッサ



       ('A`)「…」



64 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:41:13.70 ID: WOn2PG1l0

(;'A`)「うぉ! なんじゃありゃ」

(;'A`)「…人形?」

( ∵)『てめぇの身体は割と居心地よかったな』

(;'A`)「人形がしゃっべてんのか?」

( ∵)『あとちょっとでクーを乗っ取れるはずだったんだがな』

(;'A`)「やべぇ…」

(;'A`)「いくら妄想が激しくても、これは酷い」


67 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:42:46.49 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『覚えてねぇのかよ』

( ∵)『オレのお陰でクーとキスできたつーのによぉ』

( ∵)『(…未遂だけどな)』

('A`)「は?」

('A`)「クーとキス!? オレがか?」

('A`)「…」

('A`)「…何か……ほんのりと覚えが…」


69 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:44:11.20 ID: WOn2PG1l0


( ∵)『なぁ…』

( ∵)『お前、クーのこと好きだろ』



('A`)


('A`)


('A`)「え?」


71 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:46:14.46 ID: WOn2PG1l0

(;'A`)「なななななに言ってんだよ!! そんなわけねーよ!!!」

(;'A`)「あーこれは夢だ夢なんだ」

( ∵)『夢じゃねーよ』

( ∵)『お前の身体に入ったオレだから分かんだよ』

( ∵)『お前は自分に嘘をついてんな』

( ∵)『自分に自信がない、相手から嫌われるのが怖い、このままでいい、このままがいい』

( ∵)『玉のちぃせぇ男だぜ』

74 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:47:48.99 ID: WOn2PG1l0

(;'A`)「なんだよ…」

(;'A`)「オレは別にそんなこと考えてねぇよ…」

( ∵)『それが嘘だろうがよぉ』

( ∵)『お前はクーが好きなんだよ』

( ∵)『ムカつくぜ……ウジウジしやがってよぉ』

(;'A`)「夢だ……夢のはずなのに…」

(;'A`)「…なんで…こんなにも……」

(;'A`)「…っ」


75 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:48:29.34 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『それでだ』

( ∵)『提案だ、ドクオ』

(;'A`)「…?」

( ∵)『もう一回お前の身体貸せよ』

( ∵)『そしたらお前の身体でクーを手篭めにしてやっからよ』


78 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:50:37.90 ID: WOn2PG1l0

(;'A`)「!?」

(;'A`)「何、言ってるんだ…?」

(;'A`)「…オレはこんな変態な妄想癖持ってたのか?」

( ∵)『話が通じねぇやつだな』


( ∵)『なら! 無理矢理にでも乗っ取らせてもらうぜ!!』

('A`)「!!」


82 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:53:00.66 ID: WOn2PG1l0


(,,゚Д゚)「そうはイカンザキ!!」


( ∵)『!!!』



ズザザ――ッ!!


(,,゚Д゚)「っち、逃したか」

( ∵)『てめぇは……どうしてこの場所が…』


( <●><●>)ジジジジジ

( <●><●>)「あなたの逃げ道がないことはわかってます」


85 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:56:02.78 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『ギョロ目のガキか、メンドくせぇな』


w( ∵)w バサッ


( ∵)『もう少しだったんだが…』

( ∵)『捕まるわけにはいかないんでな』

( ∵)『じゃあな!!』


バササササ―


(,,゚Д゚)「逃すか!!」

( <●><●>)「ドクオさんはどうしますか?」

(,,゚Д゚)「ツン達に任せる、オレらはあいつを追うぞ!!」

( <●><●>)「わかってます」

(,,゚Д゚)「(…なら聞くなよ)」


86 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:56:59.35 ID: WOn2PG1l0

ダッダッダッダッ



('A`)「…」

('A`)「…あれはギコさんに、ビロード(?)か…?」

('A`)「夢……だよな」

('A`ゝ ギュー

('A`)「でもいてぇ…」

87 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 20:58:39.24 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「ドクオ!」


('A`)「!」

(;'A`)「く、クー?」

川 ゚ -゚)「ドクオ、大丈夫か?」

(;'A`)「あ? あぁ、オレは大丈夫…」


ξ*゚⊿゚)ξ「…」

ξ*゚⊿゚)ξ「…モララー補佐から伝達」

ξ*゚⊿゚)ξ「【ドクオはビコーズに会った】」

川 ゚ -゚)「…あぁ、そうらしいな」


89 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:01:13.04 ID: WOn2PG1l0

(;'A`)「ビコーズ? あの人形のことか?」

(;'A`)「…」

(;'A`)「そういえばクーの鞄についてるキーホルダーに似てたな」

ξ*゚⊿゚)ξ「…」

ξ*゚⊿゚)ξ「(前にギコが 『ドクオはそのままにしとけ』 みたいなこと、言ってたけど)」

ξ*゚⊿゚)ξ「(さすがに今回はマズイよね)」

ξ*゚⊿゚)ξ「クー」

川 ゚ -゚)「ん? なんだ?」

ξ*゚⊿゚)ξ「“後処理”、現場で見せるって言ったよね」

川 ゚ -゚)「あぁ」

川 ゚ -゚)「…まさか」

川 ゚ -゚)「ここでやるのか?」


91 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:02:13.23 ID: WOn2PG1l0

ξ*゚⊿゚)ξ「そういうこと」

('A`)「(なんの話をしてるんだ?)」

ξ*゚⊿゚)ξ「ドクオ」

(;'A`)「は、はい」

ξ*゚⊿゚)ξ「しばらくじっとしててね」

(;'A`)「え? はぁ…」

(;'A`)「(こんな小さな子にまで呼び捨てにされるオレって…)」


95 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:05:47.75 ID: WOn2PG1l0

ξ*゚⊿゚)ξ「じゃ、いくよー」


―ずらり…

―ツンは背中から背丈の倍はある大鎌を取り出し、肩に背負った


川;゚ -゚)「―!?」

川 ゚ -゚)「今、どこから? それにあの鎌は…?」

ξ*゚⊿゚)ξ「まー見てなさいって」


96 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:06:49.87 ID: WOn2PG1l0

ξ*゚⊿゚)ξ「“刈り取る”のは…」

ξ*゚⊿゚)ξ「丸ごと“今日分”でいいかな、メンドイし」


―ぎらりと刃が光る


(;'A`)「え?」

川;゚ -゚)「おい、ツン…」

ξ*゚⊿゚)ξ「よいしょー!!」

川;゚ -゚)「待てっ!!」

(;'A`)「うわぁああああ!!!」


98 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:09:13.75 ID: WOn2PG1l0


――


(-A-)「ぅうん…」

('A`)「…ん」

('A`)「あれ? なんでこんなとこでオレは寝てんだ?」

('A`)「昨日の夜に布団に入って…」

('A`)「?」

('A`)「…思い出せねぇ」


99 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:11:06.50 ID: WOn2PG1l0

('A`)「薄暗いな…明け方か?」

('A`)「そもそも、今何時なんだよ…」

('A`)「…携帯、携帯」

パカッ ―

('A`)「あ?」

('A`)「…19時!?」

('A`)「??」

('A`)「学校も行かずに道端で寝てたのかオレは??」

('A`)「でも…制服着てるしなぁ」

('A`)「…」

('A`)「さっぱり思いだせん」


101 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:12:56.56 ID: WOn2PG1l0

('A`)「…」

('A`)「…でもなんだ…この気持ち」

('A`)「何も覚えてないけど……何か残ってるような」

('A`)「…」

('A`)「くやしい…のか…?」

('A`)「…」

('A`)「…ワケワカラン」




104 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:19:53.27 ID: WOn2PG1l0
川 ゚ -゚)「ドクオに鎌を振り下ろしたときはビックリしたが…」

川 ゚ -゚)「あれがツンの能力なんだな」

ξ*゚⊿゚)ξ「そうよ、私の超能力は“記憶を刈り取る能力”」

ξ*゚⊿゚)ξ「ドクオの今日分の記憶を全部刈り取ったの」

川 ゚ -゚)「恐ろしい能力だな」

ξ*゚⊿゚)ξ「そうでもないよ。限界があるし、フルパワーでも記憶喪失とまではいかないし」

ξ*゚⊿゚)ξ「刈り取れて丸一日が限度かな」

ξ*゚⊿゚)ξ「クーが暴れた後の“後処理”とか大変だったんだからね」

川 ゚ -゚)「あぁ、前に言ってたのはそのことだったのか。すまなかったな」

ξ*゚⊿゚)ξ「べ、別にお礼を言って欲しかったわけじゃ」

川 ゚ -゚)「いや、迷惑をかけたな」

ξ*゚⊿゚)ξ「もういいって! 追いかけよ?」

川 ゚ -゚)「あぁ」


―タッタッタッタッ




105 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:22:22.72 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『あのギョロ目はウゼェな…』

( ∵)『早めに人間の身体に移らないとな』

( ∵)『そうすりゃ、あいつらも迂闊に手出しできねぇはずだ』

( ∵)『お…!』

( ∵)『ありゃあ……女か! しかも女子高生!!』

( ∵)『波長が合うかわかんねぇが…』

( ∵)『やってみっか…』


107 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:23:22.22 ID: WOn2PG1l0

*(‘‘)*「もうこんな時間かぁ」

*(‘‘)*「ペニちゃん遅いなぁ」

*(‘‘)*「いつまでお手洗いに行ってるんだろ…」


( ∵)『よぉ』

*(;‘‘)*「ひゅわ!」

*(;‘‘)*「え? 何? 人形?」


109 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:28:56.23 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『お前……高校生だよなぁ』

( ∵)『その制服には見覚えあんだよな』

*(;‘‘)*「人形がしゃっべてるの…?」

( ∵)『しっかし、どう見ても中学生にしか見えねーんだけどなぁ』


*(‘‘)*「…中学生?」

( ∵)『…お?』

*(‘‘)*「…」

( ∵)『ん~? どうしたんだ? 』

*(‘‘)*「…おい……てみぃ」

( ∵)『あ?』

*(#‘‘)*「さっきの科白もっかい言うてみぃ、こんド腐れ人形が!!」


110 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:30:09.36 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『…』

( ∵)『せっかく見つけた女がこれかよ…』

( ∵)『…』

( ∵)『ま、いいか』


( ∵)『頂くぜ―』

*(‘‘)*「―!!」





112 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:31:54.80 ID: WOn2PG1l0

('、`*川「お待たせー」

('、`*川「いやー、急にお腹がさぁ…」

('、`*川「やっぱ、ケンタのファミリーパック3つはさすがに…」

*(  )*「…」

('、`*川「…?」

('、`*川「…ヘリカル?」

*(  )*「…ペニちゃん……」

('、`*川「…何?」


113 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:33:50.00 ID: WOn2PG1l0


*( ; ;)*「人形にファーストキス奪われたよー!!!」


('、`*川「―は?」


114 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:34:59.69 ID: WOn2PG1l0

('、`*川「えーと」

('、`*川「しゃべる人形が現れて、あんたのファーストキスを奪った挙句」

('、`*川「変な男二人組みが人形を追いかけていったと」

('、`*川「しかも、二人組みのうちの一人はイメチェンしたクラスメイトだと」

('、`*川「こういうわけだ」

*(‘‘)*「うん!うん!」

('、`*川「…ヘリカル」

*(‘‘)*「うん!」

('、`*川「病院に行こうか」


116 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:37:45.29 ID: WOn2PG1l0

*(‘‘)*「なんで!?」

('、`*川「なんでって……それは早期治療の方が後々…」

*(‘‘)*「違う!違うぅ!!」

*(‘‘)*「ホントだって!!」

('、`*川「はいはい、分かったから…」

*(‘‘)*「ペニちゃ―」

*(‘‘)*「…」

*(‘‘)*「ペニちゃん」

('、`*川「何」


117 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:38:36.13 ID: WOn2PG1l0

*(‘‘)*「ペニちゃんの後ろに、大きな鎌を持った女の子が見えるんだけど…」

('、`*川「…」

('、`*川「…よし! 今すぐ病院に行こう!」

*(‘‘)*「ペニちゃん!!」

('、`*川「はいはい」

('、`*川「分かった、分かった」


ξ*゚⊿゚)ξ「―ごめんね」


('、`*川「へ?」




119 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:41:09.70 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『―っち』

( ∵)『やっぱムリかよ』

( ∵)『というか、この身体になってから相手の波長が全く読めねぇ』

( ∵)『まさか、もう乗り移ることはできねぇのか?』

( ∵)『せっかく自由になったのによぉ』

( ∵)『…』


120 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:42:39.62 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『相変わらず、アホとギョロ目が追いかけてきやがる』

( ∵)『クーは……見ねぇな』

( ∵)『…』

( ∵)『あの冷血糞アマが追いかけてくる なんてことはねぇか…』

( ∵)『…アホくさ』

( ∵)『…』

( ∵)『次は……あいつにするか』


バサァ!!

キャ――!!




122 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:44:43.51 ID: WOn2PG1l0

ξ*゚⊿゚)ξ「あー、もーヤダ」

川 ゚ -゚)「ビコーズのヤツ、手当たり次第やってるな」

ξ*゚⊿゚)ξ「もう疲れちゃった」

ξ*゚⊿゚)ξ「まだ“追い込めない”の?」

川 ゚ -゚)「ギコとビロードが頑張ってるはずだ」

川 ゚ -゚)「私達は指令が出るまで、後処理を続けないとな」

ξ*゚⊿゚)ξ「だるっ」

川 ゚ -゚)「あと少しのはずだ、頑張ろう」




123 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:45:50.25 ID: WOn2PG1l0

(,,゚Д゚)「そろそろか」

( <●><●>)「もうすぐ“目標地点”なのはわかってます」

(,,゚Д゚)「大分時間食ったな」

(,,゚Д゚)「大丈夫か?」

( <●><●>)「いけます、心配はいりません」

(,,゚Д゚)「お前がいないと、ビコーズを見失うからな」

(,,゚Д゚)「で、次はどこだ」

( <●><●>)「ここから南南東へ200m、目標地点のVIP高校まであと少しです」

(,,゚Д゚)「了解。ここから正念場だ」

(,,゚Д゚)「追い込む前にモララー補佐に連絡」

(,,゚Д゚)「――仕上げだ」




125 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:47:15.40 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『まだ追ってくんのかよ』

( ∵)『しつけーな』

( ∵)『…!』

( ∵)『ここは……VIP高校か』

( ∵)『…嫌な思い出しかねぇぜ』

( ∵)『…』

( ∵)『…っけ』


126 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:47:56.22 ID: WOn2PG1l0


(,,゚Д゚)「おらおらー!!!」


( ∵)『!』

( ∵)『てめぇなんかに捕まるかよ!』

( ∵)『バーカ、バーカ、バーカ』


128 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:49:44.62 ID: WOn2PG1l0


(#,,゚Д゚)「…!(我慢我慢だオレ! 頑張れー負けんなー!)」


( ∵)『んだよ、かかってこねーのかよ』


( <●><●>)「(ギコさん、頑張ってください)」



129 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:52:21.84 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『…』

( ∵)『クーはいねーのか?』


(,,゚Д゚)「あ?」

(,,゚Д゚)「…いねーよ」

(,,゚Д゚)「オレらだけで充分だつーの」


( ∵)『…』

( ∵)『そうかよ』

( ∵)『じゃあ、早く捕まえてみろよぉ!!』


130 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:52:43.51 ID: WOn2PG1l0


―スタッ

( ∵)『このビコーズ様をよぉ!』



132 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:54:10.74 ID: WOn2PG1l0

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「やっと…」


(,,゚Д゚)「やっと “地面に足を着けやがったな”」


133 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:54:59.20 ID: WOn2PG1l0

( ∵)『あ?』

( ∵)『何言ってんだ? てめぇ?』


(,,゚Д゚)「…ふーっ」

(,,゚Д゚)「てめぇの負けだよ」


( ∵)『…』

( ∵)『ひゃはははははwwwww』

( ∵)『本当に何言ってんだ?』


134 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:55:40.00 ID: WOn2PG1l0


( ∵)『オレ様が負け…』



「―いや。お前の負けだ、ビコーズ」



( ∵)『!!?』


136 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:57:21.30 ID: WOn2PG1l0



ヒュ
パッ





137 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:58:05.49 ID: WOn2PG1l0


( ∴)『―あれ?』

( ∴)『世界が逆さまに…』

川 ゚ -゚)「よぅ」

( ∴)『クー!!? なんでテメェがここに!!』

川 ゚ -゚)「なんでって、お前を捕まえるために決まってるだろう」

川 ゚ -゚)「実際に捕まえてるしな」

( ∴)『足を離せ、この糞アマ!!』

川 ゚ -゚)「もう二度と逃がさんさ」

( ∴)『…』

( ∴)『…っぐ』


139 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 21:59:49.70 ID: WOn2PG1l0

( ∴)『…』

( ∴)『おい…』

川 ゚ -゚)「…なんだ?」

( ∴)『どうやった…?』

( ∴)『どうやってオレを捕まえたんだ?』

川 ゚ -゚)「なんのことはない」

川 ゚ -゚)「お前を指定の場所まで誘き寄せて、私のところまで“呼んだ”までだ」

川 ゚ -゚)「空を飛ばれていては、座標軸がはっきりしないんでな」

川 ゚ -゚)「地面に足を着けさせる必要があった」

川 ゚ -゚)「ここらで高さがある建物といったら、ここが一番地理的に分かりやすい」

川 ゚ -゚)「ここまでギコとビロードに誘導させたというわけだ」

( ∴)『テレポートか……』


140 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:00:50.08 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「まぁ、まだ物しか“呼べない”んだが」

川 ゚ -゚)「お前の身体は人形だからな」

川 ゚ -゚)「なんとかいけたよ」

( ∴)『…』

( ∴)『…ひとつ聞きたい』

川 ゚ -゚)「なんだ」

( ∴)『オレの能力はもう使えないのか?』

川 ゚ -゚)「あぁ」

川 ゚ -゚)「人を乗っ取る能力は完全に封印されてるらしい」

( ∴)『…やっぱりな』

川 ゚ -゚)「まぁ、これに懲りたら二度と逃げ出すなんて考えないことだ」

川 ゚ -゚)「…」


141 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:01:40.69 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「ビコーズ」

川 ゚ -゚)「帰りに言ってたオリジナル云々の話は無しだ」

( ∴)『…?』

川 ゚ -゚)「別にそこまで興味はないし」

川 ゚ -゚)「…お前としても身体を弄くられるのはイヤみたいだしな」

( ∴)『…』

( ∴)『…っち』

( ∴)『ったりめーだろ』


142 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:02:01.93 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「すまんかったな」

( ∴)『…』

( ∴)『なぁ』

川 ゚ -゚)「なんだ?」

( ∴)『…』

( ∴)『…やっぱなんでもねーや』

川 ゚ -゚)「そうか」


143 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:03:23.83 ID: WOn2PG1l0



―こうしてビコーズ脱走事件は幕をとj




(,,゚Д゚)「アロー、クーちゃん」


144 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:04:56.27 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「ギコか、お疲れだったな」

(,,゚Д゚)「うん」

(,,゚Д゚)「オレ頑張った、頑張ったよ」

川 ゚ -゚)「あぁ、確かにギコとビロードの頑張りがなかったら、作戦は成功していなかったな」

(,,゚Д゚)「でさ」

(,,゚Д゚)「頑張ったオレのわがまま、一個聞いてくんない?」

川 ゚ -゚)「内容にもよるが……何だ?」

(,,゚Д゚)「クーちゃんの手に持ってる“そいつ”」

(,,゚Д゚)「ちょっと貸して欲しいんだよねぇ」

( ∴)『げ』


146 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:05:58.53 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「それは別に構わんが、どうしたんだ?」

(,,゚Д゚)「いやぁ、やっぱ同じエスパー同士、親睦を深めたいじゃない」

(,,゚Д゚)「なぁ、ビコーズ」

( ∴)『クー、絶対渡s』

川 ゚ -゚)「そうか、ほれ」

( ∴)『おまぁぁぁっ!!!』

川 ゚ -゚)「…自業自得だ」

(,,゚Д゚)「サンキュー、クーちゃん」


148 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:07:06.19 ID: WOn2PG1l0

(,,゚Д゚)「―さて」

(#,,゚Д゚)「ビロードは疲れて寝ちまったから、オレ2人分やるわ」

ξ*゚⊿゚)ξ「参加していい?」

ξ*゚⊿゚)ξ「今日はホント疲れたのよね」

ξ#゚⊿゚)ξ「誰かさんのせいで」

( ∴)『てめぇら、こんなことして後でどうなるか…!!』


(#,,゚Д゚)「知るか!!」ξ#゚⊿゚)ξ




149 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:08:52.69 ID: WOn2PG1l0

('、`*川「―ん」

*( - -)*「…」

('、`*川「? ……ここは?」

('、`*川「!」

('、`*川「ヘリカル! ヘリカル!! 起きて!」

*( - -)*「う~ん、むにゃむにゃ……ペニちゃん…」

*( - -)*「ムリだよぉ……ケンタに丸焼きはないよぉ…」

('、`*川「…ムリか」

('、`*川「しばらく起きないな、こりゃ」

('、`*川「…」


151 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:12:23.83 ID: WOn2PG1l0

('、`*川「しかし何でこんなとこに…」

*( - -)*「UFOだ!!!」

('、`;川「!」

('、`*川「…寝言か」

('、`*川「UFO……」

('、`*川「…ないない」

('、`*川「あー……、帰ろ」

('、`*川「ほれ、帰るよ」

*( - -)*「…ペヤングだ~…ヤキソバンだ~」

('、`*川「ったく」

('、`*川「送ってやるか…」




152 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:15:06.56 ID: WOn2PG1l0

从 ゚∀从「えー」

从 ゚∀从「ホントにいいのか?」

川 ゚ -゚)「はい」

从 ゚∀从「ちぇ、せっかく調べるために色々準備したのによぉ」

川 ゚ -゚)「(準備と言うのはこの変な回転ノコギリとかのことか?)」

从 ゚∀从「まぁ、クーがそういうなら無理にはやらねーよ」

从 ゚∀从「でもなぁ」

川 ゚ -゚)「はい?」

从 ゚∀从「さすがに首ぐらいは戻しておくか?」

( ∴)『…』


153 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:16:12.88 ID: WOn2PG1l0

川 ゚ -゚)「まぁ、親睦の証としてこのままでもいいのでは?」

( ∴)『…!!……!!!』

从 ゚∀从「はいはい、暴れんなよー」

从 ゚∀从「またクーのとこに戻れるんだ。しばらくは大人しくしてろ」

( ∴)『…』

从 ゚∀从「ぎゃはははは! 素直じゃねーかwww 結構結構www」

( ∴)『…!!!』

川 ゚ -゚)「大人しくしてろ、今度何かあったらずっと金庫行きだぞ」

( ∴)『…』


160 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/22(土) 22:26:22.21 ID: WOn2PG1l0

从 ゚∀从「…」

从 ゚∀从「…いいコンビだな」

川 ゚ -゚)「誰がです?」

从 ゚∀从「んー? オレとモララー補佐(はーと)」


ハイハイ
ジャ ヤッチャイマショウ
ナンダヨー


( ∴)『…』

( ∴)『…っち』



第七話了




スポンサーサイト

川 ゚ -゚)エスパークーのようです
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。