--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.24

( ^ω^)ブーンと金管5重奏のようです

1 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:20:06.27 ID: X7n6Y3cm0
音楽の専門用語が多少出てきます。
ググってもらえるとありがたいですが、そのうち解説したりします。


3 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:21:26.16 ID: X7n6Y3cm0

                         1
  _
( ゚∀゚)「アンサンブルコンテストに出よう」

( ^ω^)「は?」

とある市の、とある田舎にある、VIP高校吹奏楽部。部員の総数は、50人程度。
夏のコンクールには一応出場しているが、そこまで実力があるわけではない。
今年の夏には3年生が引退し、現在は1、2年生で活動をしている。

その部活の顧問、ジョルジュ長岡という名前だが。
彼は新任の教師で、今年の春にこの学校へ来たばかりだ。

ジョルジュが来る前の顧問は、ピアノを専攻とした教師であった。
ピアノを学んできた人間は、ハッキリとは言い切れないが、管楽器主体のブラスバンドを纏め上げる力は、あまりない。
そのおかげで、土日は必ず休み。合奏練習も、ほとんど学生指揮(コンサートマスター)が執り行っていた。

だからもう、そんな先生が異動になりジョルジュが来たとき、部員たちは彼の熱心な部活への意欲に反発していた。
今まで休みだった土日が練習付けになり、練習時間も延びてしまったのだから。

とは言っても、ジョルジュは厳しさこそあれど、生徒には慕われるような人柄の教師。
部活でもそれは然りであり、実力もある。更に勿論、部員は皆楽器が好きだ。
実際のところ、この部活は昨年度よりも更に発展を遂げていた。
いままで入賞すら難しかったコンクールで、今年入賞できたのも、ジョルジュのおかげであろう。


7 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:23:05.36 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「だからアンコンだよ! ア・ン・コ・ン!」

その矢先、ジョルジュは部活終了の全体ミーティングでそんな突拍子もないことを言い出したのだ。
アンサンブルコンテストに出る、という。

川;゚ -゚)「いやいや、先生。アンサンブルだなんて」
  _
( ゚∀゚)「いいじゃないか。最近、皆の実力も上がってきた。それを試すいいチャンスだ!」

反発した生徒をなだめるように言うジョルジュ。


吹奏楽の大会で、先も述べたコンクールとは、その名の通り上位の大会を狙い、学校ごとが競うものである。
県代表決定大会から、支部、全国大会と、運動部と同じように勝てば上位大会への切符を獲得することができるのだ。

アンサンブルコンテストとは、基本的にはそれとなんら変わらない。
上位を目指し、争うという点においては。

ただ違うのは、演奏形態だ。
コンクールというのは、吹奏楽で使われるあらゆる楽器でバンドを編成し、限られた人数で上の大会を目指すもの。
対してアンサンブルコンテストとは、小編成、かつ同属楽器(金管、木管など)で出場する大会なのだ。

勿論、アンサンブルは人数が少なくてもできる為、過疎地域の学校などからも参加者は募り、そのレベルは非常に高いものだ。
そんな大会に、やっとコンクールで入賞できるようになった学校が出場しようなど、ばかげていると誰もが思っていた。


9 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:24:18.46 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「ちなみにやるのは金管5重奏な。
     実はメンバーももう決めてあるんだ」

場の雰囲気が重くなる。
確かに今までより技術は上がり、大会で自分たちの力量を試したいとは思った。
だが、普通に比べれば、まだまだなのだ。そんな自分たちが競いごとをしに行くとなると、どうしても躊躇いがあった。

選ばれたくない。それが、ほとんどの生徒の顔に表れていた。

  _
( ゚∀゚)「まず、トランペット1番。クー、お前な」

川;゚ -゚)「私、ですか?」

その言葉を聞き、周りの生徒はホッと胸をなでおろすと同時に、やはり、と苦笑いした。
それもその筈で、クーは楽器の技術がとても高い。中学校の頃は、全国大会へと出場したこともある奏者だ。
だから、トランペットからは必ずクーが出るだろうと、そんな予想が必然的に生まれていた。
それが的中したところで、金管5重奏の基本的な形態に、トランペットは2本必要だ。

もう一人だけ、トランペットから誰かが選ばれる。


10 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:25:32.34 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「で、2番はドクオな」

(;'A`)「えー!? 俺ですか!?」

ドクオ。高校から楽器を始めた、ごく普通の奏者だ。
技術は並々。だが、とにかく彼は耳がよく、コンサートマスターを兼ねていた。
トランペットでは常に3番を吹いているが、下手とかではなく、しっかりとした息遣いでき、支えとなれるからである。
トランペットというと高音のイメージばかりかもしれないが、同じ楽器の低音がそれを支えることで、高音は芯をもち、飛んでいくことができるのだ。

時にはバストランペットを吹きもする、ある意味で堅実な奏者だ。

  _
( ゚∀゚)「で、次ホルンだけど」

金管5重奏の形態で、トランペット2本のほかにトロンボーン、ホルン、チューバが1本ずつ入る。
それぞれがソロパートのアンサンブルにとって、一本しかない楽器というのはプレッシャーも大きい。
特にホルンは、ギネスにも認定される難関楽器。選ばれたらたまらない。

  _
( ゚∀゚)「ツン、お前だ」

ξ;゚⊿゚)ξ「あああ、あたし?」


11 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:26:57.39 ID: X7n6Y3cm0
ツン、中学時代もホルンをやってきた奏者。
ホルンパートの中での技術はかなり高く、音程のとりにくく困難な楽器であるホルンでも、しっかりとした音を出せる。
その理由は、彼女もまたドクオと同じように耳が良いおかげだ。

そもそも、右腕をベルの中にいれることによって演奏するホルンは、その腕の微妙な角度のずれで音程がすぐに変わってしまう。
トロンボーンのような勘で音を当てる楽器も、一見音程を取ることが難しいように思われるが、スライドの微調整によって音程を目に見える形で上下できる。
それに比べ、ホルンは息、手の形で音程を変えるために、和音楽器としての正確な音程を求められる場合には、相応の耳が求められることとなる。
ツンはそれを満たしているからこそ、選ばれたのだ。
  _
( ゚∀゚)「さて、あとチューバとトロンボーンなんだが」

ジョルジュが首を横に向け、視線をある一人の生徒へと向ける。

(´・ω・`)「……」

その目の先に映っていたのは、しょぼくれた顔をした少年だった。
名前をショボといい、音大生を目指しているチューバ奏者である。

更にショボは、その抜群の音楽センス、リーダーシップで部長を任せられているほどの逸材だ。
もう一ついうと、現在のチューバパートには、上級生がショボしかいない。あとの下級生は、初心者である。


13 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:28:11.58 ID: X7n6Y3cm0
(´・ω・`)「勿論、僕でよろしければ」

表情一つ変えずに、ショボが言う。
ジョルジュも、決まりだな、と短く言っただけで、顔を真っ直ぐに戻した。

  _
( ゚∀゚)「で、最後にトロンボーンなんだが」

( ・∀・)「僕でしょう?」

ジョルジュの言葉に間髪いれず、一人の少年が立ち上がった。

  _
( ゚∀゚)「どうした、モララー」

( ・∀・)「いや、僕でしょ? トロンボーン」

彼は、他の部員とは段違いに意欲が高い。
勿論、楽器の技術も高く、副部長を務めているほどの人材だ。
周囲の全員も、モララーがトロンボーンで決定だろうと確信してた。

だのに。

  _
( ゚∀゚)「トロンボーンは……ブーン、お前だ」


14 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:29:29.29 ID: X7n6Y3cm0
( ^ω^)「いやですお。モララーが適任ですお」

あっさり否定するブーン。
でも。
  _
( ゚∀゚)「決まったことに文句言うな!
     今名前を呼ばれた5人がアンサンブルに出る!」

そんな言葉もむなしく、ジョルジュはその場を綺麗に取りまとめた。
やがて誰かが拍手し、それがどんどんと大きくなり、盛大な拍手が5人を祝った。

……当の彼らは、嬉しかったのかは定かではないが。





15 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:32:32.73 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「では、もう一度確認する」

ミーティングを終え、5人はジョルジュが常時いる部屋、音楽準備室へと足を運んだ。
まだ暑さの残る秋だけあって、わざわざ部費で自分のために買った扇風機が、ぐるぐるまわっている。
虫が入るというので窓は閉めてあるが、扇風機を稼動しているだけなので、とても室内温度は高い。
ジョルジュはその扇風機の真横にいるからいいものの、ドアの付近でジョルジュを見、立ちっぱなしのブーンたちには酷であった。

  _
( ゚∀゚)「トランペット1、クー。不服は?」

川 ゚ -゚)「……ありません」

クーの表情は、冷静そのものだった。
やはり、元全国奏者。上を目指す高みはあったようだ。

  _
( ゚∀゚)「っていうか、意義あるやつはいる?」

(;^ω^)「ハイハイハイ、なんで僕?」

そのジョルジュの言葉に手を上げたのは、ブーンだった。


16 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:33:28.94 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「では、もう一度確認する」

ミーティングを終え、5人はジョルジュが常時いる部屋、音楽準備室へと足を運んだ。
まだ暑さの残る秋だけあって、わざわざ部費で自分のために買った扇風機が、ぐるぐるまわっている。
虫が入るというので窓は閉めてあるが、扇風機を稼動しているだけなので、とても室内温度は高い。
ジョルジュはその扇風機の真横にいるからいいものの、ドアの付近でジョルジュを見、立ちっぱなしのブーンたちには酷であった。

  _
( ゚∀゚)「トランペット1、クー。不服は?」

川 ゚ -゚)「……ありません」

クーの表情は、冷静そのものだった。
やはり、元全国奏者。上を目指す高みはあったようだ。

  _
( ゚∀゚)「っていうか、意義あるやつはいる?」

(;^ω^)「ハイハイハイ、なんで僕?」

そのジョルジュの言葉に手を上げたのは、ブーンだった。


17 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:34:45.89 ID: X7n6Y3cm0
彼は、決して技術がないわけではない。
モララーに比べると音色が少し汚いのが特徴だが、それでも芯のある音をしている。

トロンボーンはスライドと言われる、U字型の管を抜き差しして音程を変える楽器だ。
ギターのようにフレットはなく、奏者は勘で音を当てるため、この楽器も実に耳のよさが求められる。

そしてもう一つ、トロンボーンはスライドを使うため、どうしても速いパッセージを奏でることができない。
実際、実音シ♭からド♯に音を変化させるためには、スライドを全て引っ込めた状態から一番伸ばした状態にさせなくてはいけない。

それを改善するために取り付けられた、追加バルブを駆使することで問題はなくなったが、この追加バルブを使ったときに楽器の抵抗が激しくなり、そ

れ相応の肺活量、筋力がいるようになってしまった。
モララーも確かに良い奏者だが、根本的にそういった筋力がない。
だが、ブーンは腹筋や背筋をしっかり使って、支えのある音を出している。

その点でブーンを選んだのだと、ジョルジュは説得した。

(;^ω^)「で、でも僕につとまるかお……」

('A`)「平気だろ~、ブーンは確かに張りのある音をしてるよ」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね。モララーはなんていうか、綺麗過ぎる音なのよね」

(;^ω^)「ふむ」


18 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:35:59.84 ID: X7n6Y3cm0
ごちっていたブーンもどうにか納得したところを見ると、ジョルジュは本題をはじめる。と言わんばかりに、一枚の冊子を机の上に置いた。

  _
( ゚∀゚)「俺の祖父が作った曲だ。
     曲名は『VIP 5人の金管奏者のために』だ」

机の上に置かれた冊子は、全てのパート譜がのっているフルスコアであった。
なるほど、その譜面を手にとって見ていると、全部で3つの楽章に別れていた。

1楽章『Vivid』。
2楽章『Incursion』。
3楽章『Peace』。

3つの楽章の頭をとって、『VIP』。
ジョルジュの祖父は、楽章にのみ名前をつけていたので、曲全体を通しての『VIP』という名前はジョルジュが考えたのだという。

  _
(;゚∀゚)「ちなみに、今まで誰も演奏したことが無いんだ。
     俺の祖父が死ぬ間際に書いた曲でな、本当は5楽章あるはずらしいんだが、3楽章で終わっちゃってる」

その言葉をジョルジュが言ったとき、全員の顔がしかめ面になった。


19 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:37:26.66 ID: X7n6Y3cm0
代表するかのように、ドクオが言う。

(;'A`)「ちょ、誰も演奏したこと無いって。
    俺達が初演、っていういか参考音源もないと?」
  _
(;゚∀゚)「すまんな」

参考音源というのは、曲を作るときにもっとも大事だ。
作曲者が曲中で表現させたいことや、主張すべき場所、ひくべき場所、曲のイメージ。
そういった基礎的なことを組み立てるための前提として重要なそれだが、未だ演奏されたことがない曲には、あるはずが無い。

川;゚ -゚)「それで大丈夫なんですか? 
      アンコンはあと一ヶ月……それに、曲の難易度は?」
  _
(;゚∀゚)「う……ううん、ええと。とりあえずだな」

クーの的確な発言に、すっかり押し黙ってしまったジョルジュ。
勢いだけでこの企画を進めてきたようだ。5人とも、最初は少なからずやる気を出そうとはしていたが、今では不安の篭った顔になっているのは、火を見るより明らかであった。

  _
(;゚∀゚)「初見合奏しよう。とりあえず、俺が指揮ふるから。
     あとこれ、カット決めたパート譜。必要な道具とか用意しといて。とりあえず休憩」

ジョルジュはそう言い、パート譜を全員に渡すと、そそくさと部屋を出て行った。


21 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:38:51.62 ID: X7n6Y3cm0
そんなジョルジュの様子には興味など見せない5人。目線はそう、パート譜にあった。

アンサンブルコンテストは、通常5分以内の演奏が義務付けられている。
元々の譜面を見れば、1楽章だけで100小節を超えている。普通に演奏すれば、五分は過ぎるであろう。
そこをジョルジュはうまくカットして、2楽章の頭へとつなげ、さらに3楽章も少し取り入れている。

そのせいか、指定のテンポより、パート譜に書かれたテンポは若干速めになっている。
こういった準備のよさから見て、だいぶ前からこの計画を立てていたことがわかり、それぞれは複雑な気持ちになった。


もう一つだが、実際にはアンサンブルコンテストに指揮者をおくことはできない。
通常はトランペット1番が合図を出し、全員が曲を開始するものだ。

が、何にせよこれから行うのは初見合奏。
テンポもわからなければ、曲を表現する方法などもわからない。
だから、最初は必然的に指揮者がいなければ演奏することはできない、ということなのだ。


24 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:39:52.69 ID: X7n6Y3cm0
川 ゚ -゚)「うお、ピッコロトランペットなんか使うのか。それにハーマンミュートまで?」

('A`)「うわ、俺フリューゲルに持ち替えあんのか。まあいいけどさ」

ξ゚⊿゚)ξ「ゲ、ゲシュトップミュート……。初めて使うわ……」

( ^ω^)「なんと僕もミュート使うのか」


表現力を求められるアンサンブルの中では、楽器の持ち替えや音色の変化などが必要となる。
トランペットで言うと、同属楽器で音色が違うフリューゲルホルンやコルネット。
他の金管楽器では、ミュートといわれるお椀型の栓をベルに差し込み、音色を変えたりと。

やがてそれぞれが道具を取りに行った後、準備室に残されたのはショボだけであった。

(´・ω・`)「……」


25 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:40:53.70 ID: X7n6Y3cm0
チューバにもミュートはあるが、使われる機会はあまり多くない。
同属楽器にユーフォニアムというものがあるが、それを持ち変えるのは大抵トロンボーン奏者だ。

(´;ω;`)「うっ」

ショボは静かに、涙を流した。




( ・∀・)「……」

そんな様子を、虚ろな目で見ていた彼に、気づくこともなく……。




28 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:42:13.24 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「準備できたか?」

所は変わって、音楽室の中に全員が集合していた。
半円を作るように、奏者たちは全員を見ることができるように並び、その目線が集中する位置にジョルジュが立つ。
全員が静かにうなずく様子を見て、ジョルジュは指揮棒を手に取った。

  _
( ゚∀゚)「初見だからテンポはかなり落とす。
     ちょっとは譜読みしただろ? 焦らず、主張するべき場所はとにかく主張してくれ」

その言葉に全員は再度うなずき、ジョルジュが指揮棒を持った腕を上げる。
それと同時に全員は楽器を構え、ジョルジュに視線を集中させた。
  _
( ゚∀゚)「いくぞ!」

そして指揮棒が振り下ろされたとき、トロンボーン、ホルン、チューバの3和音が美しく響いた。

ξ;゚⊿゚)ξ「!」

間を置かず、次の瞬間、チューバが軽快な刻みをはじめ、トロンボーンが完全に裏に回る形で響きを作る。
そしてホルンの主旋律が始まると同時に、2本のトランペットがそれに絡むようにうねる。
やがてホルンも完全にトロンボーンと響きを作るようになり、ドクオとクーの美しい掛け合いが続いた。

その音楽の様子は、まさにタイトルどおり、鮮やかさを思わせるようであった


30 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:43:03.87 ID: X7n6Y3cm0
(;^ω^)「……!」

トランペットの絡み合いに、ホルンが割ってはいる。
そしていつしか、トロンボーンがそのホルンを更に後ろへ追いやり、温かい旋律を奏でる。
やがてゆっくりと曲はテンポを落とし、1楽章が終了した。

この少しの間に、ドクオがトランペットを置き、フリューゲルホルンに持ち変える。
フリューゲルホルンというのはトランペットの仲間の楽器であり、その相違点は音色にある。
トランペットはきつく、鋭い音を持つのに対して、フリューゲルは少し篭った優しい音をしているのだ。


やがてドクオがセッティングを完了し、ジョルジュはショボに目線をやる。


34 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:44:22.26 ID: X7n6Y3cm0
(´・ω・`)「……!」

2楽章冒頭、ジョルジュがゆっくり腕を振り下ろすと同時に、ショボの静かなトリルが響く。
ロータリーの金属音がカチャカチャとうるさいように思えたが、立て続けにトロンボーンの真っ直ぐな音色が重なり、それは気にならなくなった。
  _
( ゚∀゚)「……」

(;^ω^)「……」

そしてホルン、フリューゲル、トランペットの順に激しいトリルが重なる。
五つの楽器のトリルは、チューバから徐々にその音量を増していき、それが全て重なった時は、言いようの無い不安を心に滾らせる和音となった。

ξ゚⊿゚)ξ「!」

そして、そのトリルをかい抜けるように、ホルン独特の激しい上昇グリッサンド。
それに呼応するかのように全ての楽器のトリルは音量を下げ、代わりにチューバが稲妻のごとく激しいリズムを刻む。

相変わらずグリッサンドを続けるホルン、激しい動きをするチューバ、甲高いトリルを鳴らし続けるトランペットとフリューゲル。

( ^ω^)「……」

そのハーモニーに割って入るかのように、次の瞬間、トロンボーンの荒々しい音色が主旋律を奏でた。
ホルンとは違う、激しいグリッサンドを思い切り使い、それはいつしかホルンと絡み合う。


36 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:45:23.63 ID: X7n6Y3cm0
( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

ブーンとツンが目線を合わせる。
言わずもがな、この楽章のメイン楽器はトロンボーンとホルンだと全員が理解していた。
この二つの楽器は「和音楽器」というグループに占められる。
その名の通り、曲のハーモニーを作る楽器だが、それだけが仕事というわけではない。

オーケストラでのホルンとトロンボーンというのは、優しい音色を持つ反面で、荒々しく音を割ることができる。
少々綺麗な響きではなくなるが、迫力を出すのには十分。曲のクライマックスや盛り上がりには欠かせない音色だ。
それがこのアンサンブル部分ではフルに使われている。
しかもそれが、トロンボーンとホルンの二つの楽器の掛け合いなら、なおさら二人の息を合わせなければいけない。


38 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:46:35.28 ID: X7n6Y3cm0
(´・ω・`)「……」

そしてその裏で二つの楽器を支えているチューバもまた、怒涛のリズムを繰り返していた。
トロンボーンとホルンの強弱記号はフォルティシモ。
もちろん、ショボは主旋律の楽器を追い越さないようにはしているが、実はチューバの強弱記号もフォルティシモだ。
裏で激しいトリルを奏でているトランペットたちも重要だが、それ以上にチューバが全てを引っ張る必要があるのだ。


やがてその激しさはだんだんとおさまっていく。
トロンボーンの旋律は激化を弱め、やがてドクオのフリューゲルと優しく絡む。
チューバも静かな波のように、穏やかな低音ラインを維持し続けていた。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

川 ゚ -゚)「……」

そして、ゲシュトップミュートをつけたホルンと、ハーマンミュートをつけたトランペットが、海鳥の鳴き声を表すかのように金属音を唸らせる。
それはまるで、嵐の静まった海のような、そんな情景を思わせた。


39 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:47:40.05 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)(ふうむ)

('A`)「……」

ジョルジュが腕を振るとともに、今度はフリューゲルの温かいソロ。
さざ波がどんどん引いていくように、トロンボーンとホルンは完全に裏でハーモニーを作る役に回った。
チューバも相変わらずの穏やかな刻み、遠くなっていくように、段々と音を小さくしていくトランペットの鳴き声。

最後にテンポを段々と落とし、フリューゲルが最後の音を伸ばした。

  _
( ゚∀゚)「!」

そして、間を置かず、ジョルジュの動きとともに、3楽章の開始を告げるベルトーンが始まる。
ドクオの音を最初として、トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバと、段々に音は下降していった。
と、そしてまたトロンボーンが入り、ホルン、トランペット、ドクオのフリューゲルへとベルトーンが再度つながる。

ドクオのフリューゲルが奏でる音がやがて消えそうになったとき、すかさずホルンのソロが入る。
先ほどの嵐とは違い、暖かなグリッサンドから始まり、段々とテンポを弱めていくそのソロ。


43 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:49:09.94 ID: X7n6Y3cm0
それが終わるとき、チューバが重々しい刻みをはじめ、各楽器がその音に乗る。
ホルンとトロンボーンの掛け合いが始まり、そしてピッコロトランペットに持ち替えたクーが、その一番上で優しい旋律を奏ではじめた。
それに絡むように、トランペットに持ち替えたドクオがオブリガードを奏でる。

そしてそのまま曲は徐々に音量を増していき、盛り上がりが最頂点を迎えた。
盛り上がったところで曲はテンポをゆっくりとし、チューバの刻みに合わせて、各楽器が最後の和音を伸ばしていく。
そして音を伸ばしたまま全ての楽器が一気にテンポが上がり、荘厳な三連符を全員が並べ、音楽が終わる。


そしてジョルジュの腕が静かに下げられ、曲は終了した。


その後は、誰も声を発せなかった。
初見での合奏があまりにも下手糞だったとかいうわけではなく、皆が曲の持つ魅力というものを感じていたのだ。
その証拠に、全員は今時分たちがその曲を演奏していたことが、信じられないような目をしていた。


44 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:49:56.43 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「……いい曲だ。だが、下手糞だな」

そのジョルジュの声をきっかけに、やっとその静寂な雰囲気は打ち壊された。
それぞれが笑ったり、息をついたりする。

(;'A`)「そりゃ先生、初見なんですから。
   っていうか俺、ほとんどフリューゲルなんですね」

川;゚ -゚)「トランペット1番がここまで目立たないアンサンブルも珍しい」

(;´・ω・`)「チューバがこんなに前に出る曲なんて初めてだ」

ξ;゚⊿゚)ξ「む、難しいわ」

(;^ω^)「2楽章の頭、トロンボーンのトリルとか何wwww」

皆が思い思いに騒ぎ出す。


47 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:51:21.83 ID: X7n6Y3cm0
('A`)「先生、ちなみにインテンポはどのくらいですか?」
  _
( ゚∀゚)「大体、四分音符で170だな。
     穏やかな部分は100くらい。ちなみに今は、倍ぐらいのテンポでやったぞ」

川;゚ -゚)「あ、あれで倍? 信じられん、こんな曲できるのか?」

  _
(;゚∀゚)「な、なんとかなるだろう。俺達のアンサンブルはまだまだこれからだ」

ξ;゚⊿゚)ξ「はあ」



こうして、からくも5人のアンサンブルがスタートしたのであった。




49 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:52:23.65 ID: X7n6Y3cm0

                         2


川 ゚ -゚)「とりあえず、1楽章から練習しよう。一回通してみるか」

クーの言葉に全員がうなずき、各楽器を構える。
そしてクーがメトロノームにあわせ、体でテンポをとり、全員に合図を出す。
それを見た瞬間、1楽章冒頭の3和音が鳴り響き、曲が開始した。


やがてホルンの旋律、トランペット2本による掛け合い、ホルンとトロンボーンの旋律が奏でられる。
音楽の中での情景の移り変わりは目まぐるしく変わり、1楽章は終了した。


川 ゚ -゚)「時間は?」

('A`)「2分14秒。まあ、今のは倍テンポだから、実際はこの半分かな」


ξ゚⊿゚)ξ「1楽章の指定テンポは四分音符100よね?
      あまり速くないし、とりあえず音作りから始めましょ」

(´・ω・`)「そうだね。テンポを早くしたときに、崩れないようにしっかりしなければ。
       じゃあ、先ず最初の和音を伸ばしてみようよ」


51 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:53:38.66 ID: X7n6Y3cm0
1楽章の頭にある、トロンボーン、ホルン、チューバの長3和音。
C、G、Eの基本的なこの和音からなる冒頭、これの響きが悪ければ、曲がはじまることもできない。

(´・ω・`)「1度、5度、3度の順で4拍ずれで入って」

ショボがメトロノームをいじり、テンポを作る。

単純な3和音は、根音(基準の音)と、その5度上の音、3度上の音の、3つの音で作られる。
例えれば、『ド』を根音とした場合、ド、レ、ミと3つ目に上がったこの『ミ』の音が3度。
さらに、ミ、ファ、ソと5つ目に上がった音である『ソ』が『ド』に対しての5度となる。

その『ド』『ミ』『ソ』を同時に鳴らしたとき、それぞれは美しく混ざり、一つの響きとなる。
この複数の音による響きのことを『和音』と言い、それぞれの音が音程を調整しなければ綺麗に混ざらないので、基本ながら難易度の高い技術だ。

普通は低音楽器が根音(1度)、高音楽器が5度、中音楽器が3度を奏でる。
ここではショボが1度、ツンが5度、ブーンが3度の音を受け持っていた。

(´・ω・`)「クー、カウントお願い」

川 ゚ -゚)「わかった」

ショボがクーにカウントを頼み、3人は楽器をいっせいに構える。


54 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:54:45.64 ID: X7n6Y3cm0
川 ゚ -゚)「1、2、3」

4つめのカウントは言わず、その1拍後にショボのCの音が響く。
そこから更に4拍、ツンのGがショボのCと絡み、美しい2和音となる。

( ^ω^)「……」

和音を決める3度。
『ド』の純粋な3度である『ミ』ならば、長和音となる。
だが、その3度を半音下げ、『ミ♭』とすると、この和音は短和音となり、暗く悲しい響きとなる。

この曲の冒頭は、基本的な長3和音。
やがてブーンが静かに息を吸い、Eの音をまっすぐに伸ばした。

川 ゚ -゚)「1、2、3」

そしてクーがもう一回カウントを始めると同時に、全員がそれぞれの音をいっせいに吹きなおす。
綺麗なC音階の3和音が、部屋中に響いた。


('A`)「う~ん、ブーン音程高いよ」

音が消えた頃、横で聞いていたドクオがアドバイスをする。
3度の音は、1度よりも少し低めにとる(1度と5度に溶け込むようにする)のが主流である。
だからつまり、5度と3度はとにかく1度の音程を気にしなければいけない。


58 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:57:17.96 ID: X7n6Y3cm0
しかし、音程というのは非常にわかりにくいものである。
だからこうやって、耳を使える人間がアドバイスをするのだ。

( ^ω^)「わかったお」

ブーンはすばやく鉛筆を取り出し、出だしの音に下矢印を書きこむ。
次に吹くとき、この音は音程が高くなっていた事がわかるようにするための目印である。

('A`)「で、ショボは音程いいね。ツンは、もうちょっと1度に合わせようとしてみな」

ξ゚⊿゚)ξ「わかったわ」

川 ゚ -゚)「では、もう1回」

クーが再度カウントを始め、またそれぞれの音が分散で入り、和音となる。

('A`)「うん、さっきよりいいよ。常に注意しなよ」

そんな感じで、練習は夜遅くまで続いていった。



61 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:58:13.63 ID: X7n6Y3cm0
それから学校の帰り、ドクオとブーンは帰り道にあるハンバーガーショップへ立ち寄っていた。

( ^ω^)「うめぇwww」

メガマッ○をほうばるブーン。
口の周りには特製ソースがこびりつき、手は油でべたべただ。

('A`)(キメェ……)

ドクオはそんな事を思いながら、ポテトをつまんでいた。
そのポテトに突如忍び寄る、ブーンの魔の手。

('A`)「あ、俺のポテト!」

( ^ω^)「ケチなこというなおwww」

('A`)「黙れピザ」

(#^ω^)「ビキビキ」


64 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 22:59:24.64 ID: X7n6Y3cm0
( ^ω^)「なあ、ドクオ」

('A`)「あ?」

( ^ω^)「アンコンどう思うお」

突然、ブーンが神妙な表情をした。

('A`)「えー……いいんじゃないの? 力量試せるし」

( ^ω^)「そうかお。
      でも、僕は不安なんだお。モララーのほうがどう考えても僕よりうまいし……」

しんみりするブーン。
彼は彼なりに、色々とネガティブな面がある。ドクオは、それを察していた。

('A`)「コンマスの俺が言ってやろう。お前もモララーも、良いところを持ってる。
   うまいとか下手じゃなくて、この曲にはお前の音色があっている。だからジョルジュ先生もお前を選んだんだろ」

ドクオがブーンの肩に手を置き、言葉をかける。
ブーンは振り向き、まっすぐな目でドクオを見つめた。

( ^ω^)「……そうかお!」


66 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:00:42.75 ID: X7n6Y3cm0
勢いよくジュースを飲み干すブーン。
今までうじうじしていた自分の態度と決別したその様子を見て、ドクオは小さく笑った。

('A`)「おし! その調子で明日もがんばろうn」

( ^ω゚)「ぐっ! おおおあ!!」

(;'A`)「ど、どうした!」

ブーンが突然、顔をゆがませる。
眉間にしわを寄せ、冷や汗をだらだらとたらすその姿は、不気味さを覚えてしまうようなものであった。

( ^ω゚)「も……もれる」

やがて腹をさすりだすブーン。
どうやら、下ったようだ。

(;'A`)「ったく情けねえ。トイレ行けよ」

( ゚ω゚)「いやだお!!」

ブーンの目が見開かれた。
ドクオはあまりの迫力に、仰天した。


68 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:01:56.14 ID: X7n6Y3cm0
(;^ω゚)「ウォシュレットがないといやだお。帰ろうお」

(;'A`)「いいじゃねえかよ」

(;;^ω゚)「いや……だお……」

(;'A`)「わかったわかった」

ドクオがため息をつき、席を立ち上がったときだった。



「……けで……すよ……」

('A`)「ん?」

ふと、聞き覚えのある声。
慌ててそちら……トイレ側の席に顔を向けると、見知った顔がいた。

(;'A`)「あれはモララー? それにモララーの親父に……うちの校長までいるぞ?」

柱を死角にし、そちらをじっと伺うドクオ。
そこにいたのは、間違いなくモララー。そして、以前コンクールで見た彼の父親。
更に、何故か自分たちの学校長がいるのだ。


69 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:02:45.38 ID: X7n6Y3cm0
(;^ω^)「ドクオ、早く……」

('A`)「あ、ああ」

だがドクオは、深く追求せず、さっさと店を出ることにした。
酷く、嫌な予感がしたからだ。

('A`)(なにもなければいいが……)

店を出、ドクオは腹をさすり続けるブーンとともに、自転車をこぎ始めた。



71 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:04:24.28 ID: X7n6Y3cm0

                         3


(´・ω・`)「では、今日は2楽章いくぞ」

その次の放課後、音楽室。
もはやこのアンサンブルのリーダーと化したショボの指示に従い、全員が楽器を構える。
ジョルジュはバンドの合奏を練習をしているため、現在はここにいない。

(´・ω・`)「……」

2楽章開始の合図である、ショボの静かなトリル。
それにテンポを作り、トロンボーンがトリルを重ねる。

( ^ω^)「……」

トロンボーンはピストンやロータリーを備え付けていないため、トリルをするときは、リップトリルといわれる超難関テクニックを要する。
これはアンブシュアの形、息の流れを高速で変化させ、通常そのポジションで出せない音をベンディングで無理やり出し、トリルのようにする技法だ。

だがこのテクニック、プロの奏者でも難しい。
そこでトロンボーンのトリルを可能にするのが、追加バルブだ。
このバルブを素早く押し離しする事で、特定の音のトリルを可能にする。


74 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:05:31.52 ID: X7n6Y3cm0
とはいえ、バルブを連打するとき、息は主管とバルブ用につけられた管を交互に行き来することとなる。
その為、その技法でトリルをするときに必要なのは、安定した口の筋肉、腹の支え。
ブーンだからこそ、できたトリルである。

そしてホルン、フリューゲル、トランペットのトリルが重なり、ツンのグリッサンドに入る。
まるで風のようにゆっくりと上昇と下降をつなげるグリッサンド。

( ^ω^)「!」

そしてブーンの主旋律が入ったとき、ショボがメトロノームを止めた。

(´・ω・`)「う~ん、やっぱブーンのトリルに息がしっかり入ってないね」

( ´ω`)「練習しておきますお」

ショボの厳しい突っ込み。
ブーンも自覚していたのか、やるせない表情になった。

('A`)「ブーンが入って、初めて不協和音の味が出るみたいだな。
    頭のトリルもブーン、お前が一番重要だ。練習しとけよ!」

( ^ω^)「おk」


77 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:06:48.73 ID: X7n6Y3cm0
ξ゚⊿゚)ξ「でも、思ったより悪くないわね?」

(´・ω・`)「意外とね。あとさツン、君のグリッサンドがちょっと迫力ないな。
       ホルンのグリッサンドなんだから、バリバリに割るくらいの勢いで吹きなよ」

ξ;゚⊿゚)ξ「わかったわ」

各々が耳を使い、評価しあう。
曲の中で作曲者が意図することを読み、共通のイメージを音に持つことで、一つのまとまりとなっていく。

(´・ω・`)(しかしまあ、この調子で行けば、何とかなりそうだな)

(´・ω・`)「では、今日は2楽章の練習を中心にやろう。
       ブーンとツンは掛け合いの部分をやっといてくれ。後は個人練習ね」

ξ゚⊿゚)ξ ( ^ω^)「おk」




81 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:08:29.31 ID: X7n6Y3cm0
ξ゚⊿゚)ξ「さて、やりましょうか」

放課後の静かな教室。
アンサンブルに出ない一般の部員は、音楽室で合奏をしている上、ドクオたちは自分たちと同じ階にはいないため、ひどく静かに感じられた。

( ^ω^)「……」

そんなことだから、こいつの頭の中ではフラグという言葉が渦巻いていた。

ξ゚⊿゚)ξ「きいてんの?」

(;^ω^)「あ、ああ」

ツンの呆れたような声に、慌てて我に帰るブーン。

( ^ω^)「どうするお? どっからやるお?」

ξ゚⊿゚)ξ「私のグリッサンドからやりましょう。メトかけるね」

ツンが教卓の上にメトロノームを置き、鳴らす。
ブーンはそれが見えるようにメトロノームの正面に移動し、やがてツンも横に立つと、静かに楽器を構えた。


84 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:09:38.13 ID: X7n6Y3cm0
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン、カウントお願い」

( ^ω^)「1、2、3」

一拍間おいて、ツンの激しいグリッサンドが駆け巡る。
ブーンとツンはしっかりとアイコンタクトをし、やがてトロンボーンへと主旋律が受け渡される。

ホルンの上昇グリッサンドとタイミングを同じくして、トロンボーンも勢いよくグリッサンド。
ホルンは段々と音量を落とし、トロンボーンとの掛け合いメロディを奏でる。

( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

今はメトロノームでテンポを作っているから良いものの、実際のアンサンブルではリズムを合わせるための打楽器などはない。
この場面では激しいリズムを刻んでいるチューバがいるが、それ以上に主旋律を奏でるホルンとトロンボーンの出だし、切りなどに正確さが求められる。
その為のアイコンタクトだ。目でものを訴え、体でリズムを刻む。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

やがてツンのホルンは静かに響きを作り、ブーンのメロディは激しさを抑え、本来ならばドクオのフリューゲルにそれを受け渡すところまで到達した。
そこで、ツンは静かにメトロノームを止めた。


86 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:11:10.36 ID: X7n6Y3cm0
ξ゚⊿゚)ξ「う~ん……。なんか吹いてるだけって感じね」

( ^ω^)「同じ事を思ったお。なんか、なんかだお」

ξ゚⊿゚)ξ「この場面、ブーンはどんなイメージがある?
      ショボも迫力を出せって言ってたけど、私のグリッサンドがきっと激ししい風、嵐の幕開けだと思うの」

( ^ω^)「タイトルの日本語訳は『侵略』だったお。まあ、そんな感じなんだろうお」

ξ゚⊿゚)ξ「ショボの激しい刻みは、兵隊の行進か稲妻かしらね?
     ならブーンのメロディはきっと、戦いを表現しているんじゃないかしら」

( ^ω^)「戦いかお。ならきっとドクオたちのトリルは、兵士たちの声だお」

統一見解を話し合う二人。
曲を理解するうえで、こういった共通の理解はとても重要なのである。

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあそんな感じで、もう一回吹いて見ましょ」

( ^ω^)「おk」

再度楽器を構えなおし、二人は音楽をかなで始める。


89 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:12:24.14 ID: X7n6Y3cm0
先ほども聞いたツンのグリッサンドが抑揚をつけて、風のように手前に引いたり、前に出たりする。

そしてブーンの旋律。戦い。
まるで剣を打ち鳴らすかのように。そういうイメージでブーンは音符を並べた。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

やがて、それにまとわりつくツンの掛け合い。
このソロの掛け合いは、兵士同士の戦いなのだろうか。
お互いが激しさを増しながら、やがてそれらは段々とひいていき、ツンがメトロノームを止めた。

ξ゚⊿゚)ξ「さっきよりはいいんじゃない? ていうかブーン、あんたフラッターへたねぇ」

( ´ω`)「…………」

フラッタートリル。
口蓋垂を振るわせる、もしくは巻き舌を行って、音を超素早くタンギングしているかのようにさせる技法だ。
独特の不気味さをかもし持っており、どこか不安を感じさせる効果がある。

ξ゚⊿゚)ξ「練習しときなさいよ~? じゃあ、ショボも交えて和音を合わせに行きましょうか」

( ^ω^)「わかったお」

そんな感じで、練習は順調に、確実に進んでいった。



91 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:13:30.58 ID: X7n6Y3cm0

                          4


時は変わって、その日の帰りのミーティング後。
突然準備室に呼び出された5人の目の前には、いつもとは様子の違うジョルジュがたっていた。
  _
(;゚∀゚)「まずいことになった」

ジョルジュが眉間にしわを寄せている。
こんな弱弱しい態度、生徒たちは今まで一度も見たことはなかった。
だからもう、それはとても珍しいことなのだ。生徒たちは、焦りを隠さずにはいられなかった。

川;゚ -゚)「何か、不都合でも……?」
  _
(;゚∀゚)「いや。ところで、ラウンジ高校を知っているか?」

(;'A`)「知ってるも何も、県で毎回金賞とってる、支部大会常連の学校でしょう?
    大変なことになったって、ラウンジ高校がどうかしたんですか?」

ジョルジュの渋った表情が更に険しくなる。


94 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:14:34.89 ID: X7n6Y3cm0
  _
(;゚∀゚)「実はな。このアンサンブルコンテストの成績でラウンジ高校に負けたら……吹奏楽部がつぶれるかもしれないんだ」


(;^ω^)「……え?」


全員のあいた口がふさがらなかった。
場の雰囲気は完全に凍りつき、時間が止まったかのような錯覚すら覚える。


川;゚ -゚)「ど、どういうことですか! つぶれるって!」

最初に口を切ったのはクーだった。

(;'A`)「そ、そうっすよ! 何を唐突に!」

(;^ω^)「kwsk」

ξ;゚⊿゚)ξ「い、いやですそんなの!」

(´・ω・`)「ふ、ふざけないでくださいよ!」

それからもう、皆が口々にジョルジュを責め続けた。
はじめジョルジュは、やかましさに腹が立ったかのように憤っていたが、次第に顔を俯かせ、腕をだらんと下げてしまった。


98 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:15:40.10 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「すまん……きっと、俺のせいだ」

そのジョルジュの様子を見て、やっと生徒たちは冷静さを取り戻せた。
いつも明るいだけのジョルジュが、こんなに落ち込んでいる。本当に、何があったのか。

  _
( ゚∀゚)「今日、校長に呼び出されて……。
     突然、そんな事を言われたんだ。理由を聞いても、とにかくそれしか言わないんだ……」

ばかげた話であった。
校長はこの吹奏楽部、またジョルジュを好いており、野球の応援などに行ったときには、差し入れまでくれたのを覚えている。
そんな人が、唐突に吹奏楽部をつぶすなど。理由が思いつかない。

(;'A`)「……」

だが、ドクオの頭の中だけでは、あらゆる単語が一本の線を結び始めていた。
なぜこの時期になってそんな事が? なぜ校長がそんな事を? そしてなぜラウンジ学園に?

(#'A`)「モ、モララーの野郎だ……!」
  _
( ゚∀゚)「……モララー?」


101 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:17:08.72 ID: X7n6Y3cm0
(#'A`)「そうだ! 俺は昨日、あいつの父親とうちの校長が話しているのを見たんだ!
    このことに違いない! なぜかって? そんなのは考えればすぐわかることなんだ!」

ドクオの怒号が飛ぶ。
その一方で、あっけに取られる他のメンバー。

(#'A`)「知らないのか? このVIP高校は、ラウンジ高校の校長であるモララーの親父の資金援助で建てられてるんだ。
    だから、この学校の校長はモララーの親父には逆らえない。モララーが吹奏楽部をつぶしたいと親父にいえば、それは可能なことなんだ」

ドクオのその解説に、全員が事を全て理解し、はっとした表情をする。

川 ゚ -゚)「つまりなんだ。アンサンブルに乗れなかったモララーが、私たちをひがんで?」

(#'A`)「それっきゃ……ねえだろ!」

ドクオの手がわなわなと震える。

(´・ω・`)「……腹立たしい」

いつもはポーカーフェイスのショボまでもが、いきり立っていた。

今までは、誰かに勝つという目標がなかったから良い。
だが、必ずこの強豪ラウンジに勝たなければいけなくなってしまったのだ。

それはあまりに重荷過ぎて、全員の心を重苦しくするには十分すぎた。


104 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:18:26.63 ID: X7n6Y3cm0
ξ;゚⊿゚)ξ「私たちが……ラウンジに勝てるの?」

ツンが、みなが今一番思っていることを口にした。
ラウンジは支部大会常連校。対してこちらは、普通の学校。
どちらが勝利できるか? やってみなくてもわかるようなものであった。


( ^ω^)「勝てるお」

その不安のオーラが渦巻く中、ブーンのその声がまっすぐに通った。

( ^ω^)「絶対勝てる。いや、勝たなきゃいけないんだお。
      負けることを考えてたら負けるお。ドクオ、昨日お前は僕に自身を持たせてくれたじゃないかお」

('A`)「…………」

ブーンがドクオを見、それから全員を見る。
しかめ面をしていた皆の表情も次第に明るくなり、場の雰囲気は一転した。

川 ゚ー゚)「……勝とう。勝てば、良いだけの話なんだ」

ξ゚ー゚)ξ「そうね。私たちならやれるわよ」

(´・ω・`)「幸い、このメンバーの実力は高いほうだ。どうにかなるだろう」

('A`)「そうだな。やるとこまでやってやるか」

それぞれが、決意を表す。


109 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:20:43.21 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「……ドクオの話が本当だとして、俺にはどうすることもできない。
     校長をぶん殴ったら吹奏楽部は確実に潰れちゃうし、モララーを呼び出してぼこぼこにしても同じだ。
     だからみんな。俺も精一杯のできることはする。どうか、必ず勝ってくれ……」

ジョルジュの切実な願い。
それに応えるように、全員がうなずいた。


(´・ω・`)「それで先生、ラウンジはどんな曲を?」
  _
( ゚∀゚)「ラウンジ高校が演奏するのは、金管8重奏、高貴なる葡萄酒をたたえて。
     Ⅴ・フンダドーレと、そしてシャンパンをもう一本だな」

ξ;゚⊿゚)ξ「葡萄酒、ポピュラーね」

(;'A`)「でも、有名な曲ってのは審査員の好みで評価が別れる点が微妙だな。
     俺たちの演奏なんて初演なんだから、審査員は純粋に曲の雰囲気を評価してくるだろうな。相当やりこまなきゃだな」


コンテストは、数名の審査員がその曲を評価し、音色、曲の理解など複数の項目における総合点で競い合う。
総合点が高い団体の内、数団体のみが支部代表へとなることが出来る。
が、それは全40数団体のうちの4分の1にも満たないのだ。それほどまでに厳しい世界、それがコンテストであった。

ちなみに金管8重奏とは、金管5重奏の形態にトランペットをもう1本、更にトロンボーンを2本増やしたものが一般的だ。
5重奏よりも音の厚みが増すもの、人数の多さゆえにバランスをとるのが非常に困難であったりもする。


111 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:21:54.90 ID: X7n6Y3cm0

( ^ω^)「絶対負けないお。絶対かつお!」

動揺していた全員が、ブーンの声に勇気をつけられる。

川 ゚ -゚)「そうだな……! 絶対勝とう!」

そして円陣を組み、皆で決意をわかちあった。



116 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:25:07.06 ID: X7n6Y3cm0
以上で前半終了です。
ここまでの用語解説をします。


グリッサンド……ある音からある音までに含む、全ての音を滑らかに鳴らしながら、上昇または下降する技術。
           純粋なグリッサンドを行えるのはトロンボーンのみ。ホルンのグリッサンドは、音と音の間の倍音列を鳴らしていくもの。

トリル……ある音と、普通それより2度上の音を素早く交互に出していく技術。

ベンディング……口の形を変え、強制的に音程を下げる技術。


では、後半行きます。


ちなみに、葡萄酒です。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm974132



118 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:26:14.56 ID: X7n6Y3cm0

                             5


それからは。

(´・ω・`)「和音しっかりあわせて! たてしっかり揃えて!」

必死の練習を繰り返し。

川 ゚ -゚)「譜面しっかり見ろ! クレッシェンドだろ!」

時には対立することもあれど。

(#^ω^)「うっさいお! 僕だって一生懸命やってんだお!」

仲を取り持ちあい。

ξ゚⊿゚)ξ「……さっきはごめん。2楽章の掛け合い、また練習しましょう」

そのチームワークで、どんどん上達していった。

(*'A`)「今の通し、良い感じだったぜ! この調子で県代表を狙おう!」

そして……。
  _
( ゚∀゚)「いよいよ本番間近だ! 気を抜くなよ!」


121 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:28:25.25 ID: X7n6Y3cm0
本番を3日後に控えたその日は、地元のホールを借りての練習だった。
その練習の意図は、本番演奏するホールでの響きを確かめ、どのように吹いたら良いのかの最終確認をすることにある。

紫色の、無数にある椅子にはそれぞれ応援に駆けつけた生徒が座って見学し、2階席からはジョルジュがメガホンを使って指導をしていた。
そして、ステージの上には楽器を構え、本番で着る黒いスーツ、ドレスに身を包んだ5人がそれぞれ楽器を構え、半円になっていた。

  _
( ゚∀゚)「吹き方は大体つかめたか? それじゃあ、最後の通し練習をするぞ!
     ホールで出来る練習は、今日が最後だ。今までやってきたことをしっかり活かせよ!」

ジョルジュの言葉に5人はうなずき、顔を上げる。
やがて、ホール脇のマイクを使い、生徒の一人が本番と同じよう、アナウンスを開始した。

『41番 私立VIP高校吹奏楽部 金管5重奏 VIP 5人の金管奏者のために』

アナウンスの終了と同時に、客席から盛大な拍手が沸きあがる。
そして、舞台の照明が明るくなり、5人の表情がしっかりと見て取れるようになった。

それぞれが、決意を胸に、まっすぐな顔をしていた。
5人は客席のほうに向き直り、深い礼をする。そして、再度湧き上がる拍手。

チューバを持つショボが椅子に座り、各々は楽器を構える。
その楽器には照明が反射し、どこか神々しい眩しさを覚えた。

川 ゚ -゚)「……!」

そして、クーの合図とともに曲が開始した。


122 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:29:28.70 ID: X7n6Y3cm0
1楽章の3和音は美しく始まり、そこから優しいトランペットの掛け合いが始まる。

そして2楽章、すっかりトリルもフラッターも上達したブーンと、それにあわせるかのように踊るホルンが絡み合い、美しく荒々しいサウンドが奏でられた。

やがてドクオのフリューゲルソロが厚みを増し、海鳥の鳴き声が引くと同時に、3楽章のベルトーンに突入する。
  _
( ゚∀゚)「……」

その様子を上から見ていたジョルジュも、椅子に座る生徒達も。
完全に、曲が作り出す世界に引き込まれていた。それほどまでに上達した、彼らの演奏。

( ;o;)「……」

生徒の中には、涙を流しながら聞くものも少なくなかった。
少し前まで自分達と同じバンドで演奏していたあいつらが、こんな良い曲を、こんなにうまく。
それは嫉妬ではなく、純粋な尊敬であった。



( ・∀・)「チッ……」

ただ一人を除いて、は。



125 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:31:35.00 ID: X7n6Y3cm0
やがて、全員の荘厳な3連符が響き、曲が終わりをつげる。

その瞬間、場は一瞬の間をおき、次の瞬間には盛大な拍手で埋め尽くされていた。

( ^ω^)「おっ……おお!」

ステージの上にいる彼らも、喜び微笑んでいた。
それほどまでに、今の通しの演奏は出来が良かったのだ。
  _
( ゚∀゚)(これは……いけるかもしれない)

2階席のジョルジュも、笑顔で5人を見つめる。

そして、この日のホール練習は終了したのであった。



128 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:34:07.82 ID: X7n6Y3cm0
(*^ω^)「いやぁ、しかし僕らもうまくなったもんだお!」

帰り道、ドクオとブーンは二人、自転車に乗りながら林道をかけていた。
すっかり当たりは夜になっていて、鈴虫たちの声が薄暗い草原から聞こえるのが、なんとも風流である。

街灯は少なく、路上を照らすのは月明かり。
不気味だった林の道も、段々と道路にひらけていくたび、街灯も増え、明るさを増してきた。


やがて、林道からバイパスへ抜ける所にある廃工場のあたりに差し掛かったとき、人影が目に入った。
こんな寂れた林道、しかも夜中に人がいることはあまりない。

「おい」

不審に思いつつもその横を通り過ぎようとしたブーンとドクオは、その人物に呼び止められ、立ち止まった。


('A`)「モララー……」

( ・∀・)「随分上達してるみたいだね。でも、君達がラウンジにかなうはずはないさ」

そこにいたのは、高慢ちきにそんなことを言い張るモララーだった。
自分が演奏するわけでもないのに、こしゃくな手を使い、いばっている。
これぞまさに虎の威を借る狐である、とドクオは心底呆れていた。


130 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:35:56.08 ID: X7n6Y3cm0
('A`)「はいはい。わかったわかった。そこどいてくれよ
    て言うかなに、待ち伏せしてたの? pgrwww」

ドクオがモララーを挑発する。
その態度に、今まで冷静さを保っていたモララーの態度が一変し、明らかに憤りが感じられる表情になった。

(#・∀・)「はん……いい気になってろよ」

( ^ω^)「はいはい構ってちゃん。分かりましたからそこをどけお」

更にブーンが挑発的な態度を取ったので、モララーの怒りは最頂点にまで達してしまった。
耳までを真っ赤に染め、なんとブーンに殴りかかってきたではないか。

(;^ω^)「おっ」

ブーンは咄嗟に身を投げ出してそれを回避したものの、モララーは勢いよく助走をつけていた。
なので、ブーンを通り越した後も彼はしばらく勢いのまま走り続け、やがてその懇親の力を込めた拳は、廃工場の壁に激突した。


瞬間、何かがうごめく音がした。
音のほうを見れば、なんと不安定な形で壁に立てかけてあった、何本もの細長く巨大な木材が揺れ、その巨体を地面に倒そうとしているではないか。


131 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:36:58.46 ID: X7n6Y3cm0
(;^ω゚)「!」

そしてその木材の何本かは、倒れこんだブーンをめがけて落下していることに彼自身が気づいたのは、もう遅すぎた。
顔を上げれば、すぐ目の前には今まさに自分を下敷きにしようと倒れてくる木材。

(;゚A゚)「ブ、ブウゥウゥン!!!」

考えるより先に、体が動いていた。
ドクオは自転車を乗り捨て、身を投げ出してブーンを抱え、木材をよけるように転倒する。


(;゚A゚)「ぐぁ……がっ……」

(;・∀・)「あ……」

そして。

鈍い音ともに、明確になる視界。

ブーンを助けたは良いものの、ドクオのその細い右腕が、木材の下敷きとなってしまった。
何本もあるその木材は、一本一本がかなり大きく、重さも相当ああることが目でハッキリわかっる。

その衝撃を、まともに食らってしまったドクオの腕は……?

( ゚ω゚)「ド、ドクオォォオ!!!」

ブーンは考えるよりも先に、ドクオの元へ寄り添い、木材をどかし始めた。
幸い、木材は数本しかドクオの腕を直撃していなかったが、それでも怪我を負ったことに違いはない。


133 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:38:23.75 ID: X7n6Y3cm0
(;・∀・)「僕は……僕はこんな……」

その横でおろおろするモララー。
そのモララーを睨み付け、ドクオは痛みに耐えながら口を開いた。

(;゚A゚)「モララー……。お前、アンサンブルに乗れなかった責任を他人に擦り付けるなよ……。
    そんなくだらない理由で……俺たちの部活がつぶされて……たまるかってんだよぉおお!」

腕に乗っていた木材を全てどけられたドクオが立ち上がる。
視線はモララーを見てずっと離さない。だが、その右腕だけはだらりと垂れ下がってしまっていた。

(;・∀・)「その腕じゃ……もう楽器が……。あ……僕は……」

(;゚A゚)「見てろよモララー。俺達は絶対県代表になって、支部大会に行ってやる。絶対にだ!!」

(;・∀・)「う……う……うあああ!!」

ドクオに凄まれたモララーは、奇声を上げながら背を見せ、どこかへ走り去っていった。
ドクオは息荒げにその様子を見終えると、その場に座り込み、苦痛の表情で右腕を押さえこんだ。


(;-A`)「う、っく……うあ……」

(;^ω^)「ドクオ、ドクオ! 大丈夫かお? ドクオ」

ドクオの右腕は、二の腕の辺りが腫れ上がっていて、大きな打撲を負っていることがわかった。
ブーンはカバンから水筒を出し、中に入っていた氷をドクオの患部に当て、その上から持っていたハチマキをぐるぐるに巻いて圧迫する。
こうして、内出血や腫れを防ぐのだ。学校で習った応急処置が役に立つとは、とブーンは冷や汗をかいた。


135 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:39:26.76 ID: X7n6Y3cm0
(;^ω^)(とにかく医者に行かないと……!)

そう考えたブーンだが、ここは田舎町。
医者は、ここから少し進んだ隣町に行かないとないのだ。
隣町まで、歩いていけば30分はかかる。その間に、ドクオの症状は悪化していくかもしれない。

(;^ω^)(どうしたら、どうしたら)

そんな時、遠くから車のライトがこちらへ近づいてくるのが見えた。


暗闇に鈍く光る、その漆黒のボディ。ジョルジュの車であった。


(;^ω^)「先生! おーい!!」

慌ててジョルジュの車の前へ駆け寄るブーン。
車は急停止し、中からジョルジュが姿を現す。
  _
(;゚∀゚)「ブーン、どうかしたのか?」

(;^ω^)「ドクオが、ドクオが!!」

ブーンの指差す方向を見て、ジョルジュの表情が一変、険しいものになった。


137 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:40:10.40 ID: X7n6Y3cm0
  _
(;゚∀゚)「ブーン、病院行くぞ! 理由は後で聞く! とりあえず車にドクオを乗せろ!」

(;^ω^)「わかりましたお!!」

二人がかりで素早く、患部である右腕を刺激しないようにドクオを抱きかかえ、車の後部座席に寝かせる。
そして助手席にブーンが座ると同時に、ジョルジュが車のキーをひねり、勢いよくエンジンをかけた。

  _
( ゚∀゚)「とばすぞ! 10分でつくくらいに! お前はドクオの親に連絡してくれ!」

( ^ω^)「わかりましたお!」



ジョルジュの言葉に嘘はなかった。
人気のない道を選び、ドクオを刺激しない程度に車を飛ばし、隣町の病院には10分かからぬうちに到着した。




139 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:42:09.70 ID: X7n6Y3cm0

                         6

それから後は医者がやってきて、ドクオが診察室へ入っていく姿を見て。
そして医師が部屋から出てきて、ただそれだけだった。




( ∵)「打撲ですね」

医師の診察結果は、やはり打撲であった。
しかし、打撲といっても内出血を伴うような大きな怪我の場合もある。
その場合、もう楽器を吹ける状態では絶対になくなってしまう。
そうしたら、今まで積み上げてきたアンサンブルが全て台無しになる。

それだけは、なんとしても回避したかった。


( ∵)「応急処置が的確だったようで、幸い内出血などもありません。しかし、安静にすることが必要ですね」

だからもう、ブーンとジョルジュは医師の言葉を聴いて、ホッと胸をなでおろしていた。
が、そこで気づいたようにジョルジュが口を開く。
  _
( ゚∀゚)「ドクオは……楽器を……トランペットを明日から吹くことはできますか?」

その言葉を聴くなり、医師の顔が曇る。
言わずもがな、ブーンとジョルジュは嫌な予感を心に感じた。


140 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:43:14.59 ID: X7n6Y3cm0
( ∵)「トランペットですか? それは構えているとき、腕に負担がかかる状態になりますね。
   残念ですが、早く治したいなら、楽器はしばらく吹かないほうが良いでしょう。本人は、激痛を伴いますよ」
  _
(;゚∀゚)「そん……な……」

ジョルジュの両腕ががっくりと落ちた。
ドクオがトランペットを吹けなくなってしまった。
それはつまりアンサンブルがもう出来なくなってしまったということであって……。

(;'A`)「ま、待ってください! 俺は平気です!」

そんなことを考えているうちに、病室から会話を聞きつけたのか、ドクオが飛び出してきた。
その右腕には、何重にも包帯が巻かれている。見るからに痛々しかった。

(;∵)「こら君! 安静にしていなければ……」

(;'A`)「いや、本当に俺、なんともないんですよ! だから俺、大丈夫なんです」

ぶんぶんと腕を振り回して見せるドクオ。
その歯が食いしばられているのに、ブーンもジョルジュも気づいていた。

(;'A`)「だから俺、楽器ふけますから。安心してください、先生にブーン」



その場は、相変わらずのドクオの態度で、結局締めくくられた。


そして次の日、通し練習をしようと全員が楽器を構えたとき、明らかな異変が起こった。


141 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:44:43.75 ID: X7n6Y3cm0
(;'A`)「ぁ……」

ドクオが小さなうめき声とともに、楽器を支える右腕を離してしまった。
幸いにも左手で楽器を掴んでいたから良かったものの、その様子には怪我のことを効いただけのツンやクーも、ドクオを心配せずにはいられなかった。


(;'A`)「へ、平気だ。さ、続けよう」

ドクオがそう言い、再度楽器を構えたとき、やはりドクオは悶絶を明らかに表情に出していた。
その様子に、全員は気づいている。だからもう、今日はそれまでにしようと。暗黙の了解のように、全員はうなずきあった。

(´・ω・`)「今日の練習はこれくらいにしよう。ドクオ、腕をしっかり休めるように」

(;'A`)「イ、イヤだ!!」

だがしかし、ドクオはそれを否定した。
自分が足を引っ張るせいで、負けたくない。
そういう、ドクオの堅実さと同時に備わった頑固さが出てしまったのだ。

川 ゚ -゚)「わかってくれドクオ。私達にとってはな、アンコンよりもお前のほうが大事なんだよ」

(;'A`)「で、でもそんな。俺のせいで部活がなくなっちゃったら……」

ξ゚⊿゚)ξ「心配ないって! まだあと2日あるのよ? その間にドクオが腕を治せば同じでしょ?」

(;'A`)「で、でも……」

いつまでも否定し続けるドクオ。
その様子をずっと静観してきたブーンが、重く口を開く。


142 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:46:12.09 ID: X7n6Y3cm0
( ^ω^)「ドクオ、君は僕を庇って怪我をしたお。本来は僕が怪我をしていたはずなんだお。
      だから、僕は……君がそんな無理する姿を見たくないお。幸い、打撲は軽いから明日になったら治るかも知れない。休んでくれお」

('A`)「…………」

しばらくドクオは考え込んでいたが、やがて顔を上げ。

('A`)「わかった……。ありがとう……」

そういい残し、一人でそそくさと荷物をまとめて、音楽室を出て行ってしまった。

(´・ω・`)「……ドクオ」

後に残された4人の間に、もはや会話はなかった。



144 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:47:58.11 ID: X7n6Y3cm0
('A`)「……」

ドクオは、涙をこらえるのに精一杯だった。

自分が足を引っ張って、負けてしまったら。
そうなってしまったら、仲間が何と言ってくれようと、もはや自分は吹奏楽部にはいられない。

それもこれも全て、モララーのせい。

ドクオの頭にはそんな言葉が一瞬浮かんだが、すぐに首を振ってそれをもみ消した。
怒りに任せてモララーを半殺しにしたところで、そこから生まれるのは結局、新しい憎しみである。
だから、全て自分の責任として生きていこう。


そう思った矢先に。

( ・∀・)「……」

そいつが目の前から歩いてくるのが見えて、ドクオの右手に、思わず力が入った。


147 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:48:50.62 ID: X7n6Y3cm0
( ・∀・)「ドクオ……」

やがて、モララーはドクオの目の前にまで近づいてきた。
普通の人間なら、ここでモララーを殴っているだろうと。ドクオは、自分は大人であると一人考えていた。

( ・∀・)「本当に……すまなかった……」

モララーは頭を深く垂れ、何を思ったのか突然謝罪をしてきた。
その姿を見ると、何故か自分がコケにされているような錯覚を覚え……ドクオは無意識のうちにモララーの顔面を蹴り飛ばそうとしていた自分の右足を、寸前で押さえ込んだ。


('A`)「何をいまさら。過ぎたことに、俺は興味はないね」

モララーを追い越し、先へ行こうとするドクオ。
だが、その背中をモララーがしっかりと掴んで離さなかった。

( ・∀・)「ごめん。お前に怪我をさせてしまって、はじめて気づいたんだ。
      全部、僕のわがままだったって……。打撲に良く効く薬も持ってきた。だから……だから……」

モララーの声が段々かすれ、嗚咽交じりになっていく。
それを聞くと、ドクオはもう怒った気持ちは失せてしまっていた。


151 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:50:03.33 ID: X7n6Y3cm0
( ;∀;)「うっ……すまない……。ラウンジに勝つとかもう考えないで良いから……許してくれ……」

('A`)「……勘違いするなよ」

モララーのその声をさえぎるように、ドクオが一声。
モララーには背を向けたまま、目線は決して合わせない。

('A`)「ラウンジに勝つとか、そんな小さなことに俺は最初から興味はないんだ。
    ただなんていうかさ、阿呆なお前に見せてやりたいんだよね」


やがてドクオがモララーの方へ振り返る。
その顔は、夕日を浴び、なぜだかとても雄雄しく見えた。

('A`)「俺たち5人……いんや、うちの吹奏楽部の絆ってやつをね。
    お前に足りないのは、協調性なんだよ。気づいたんなら、改善しろ糞」

ドクオはモララー背中を掴むモララーの手を振り払い、その手に握られた『打撲に良く効く薬』をひったくり、自転車にまたがる。

( ;∀;)「……!!」

モララーが何かを言っていたが、ドクオはその言葉など耳に入れぬよう、勢いをつけて自転車をこぎ、岐路へと発った。



153 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:50:58.27 ID: X7n6Y3cm0

                            7

その次の日から、ドクオの腕の調子は確かに良くなっていた。
楽器を構えても、苦痛の表情を見せることは時折ありはするが、以前よりは格段にその回数が減った。


川 ゚ -゚)「ドクオ、腕は本当に大丈夫なのか?」

('A`)「ああ、おかげさまで。よく効く薬をもらったんだ」

そういい、右腕を振り回して見せるドクオ。
その表情に、苦痛の色はない。クーはそれを見て、静かに微笑んだ。

('A`)(モララーからもらったあの薬、本当に効くな。いつか礼でも言っておくか)






155 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:52:15.03 ID: X7n6Y3cm0
そして本番の日。
黒い衣装に身を包んだそれぞれはリハーサル室でのチューニング、簡単な通し練習を終え、ステージの舞台裏へと足を運んでいた。

舞台裏に入ると、ラウンジ高校の演奏がまさに始まったところであった。

高貴なる葡萄酒を讃えて。
有名な金管10重奏曲であるが、アンサンブルコンテストの規定により、8人編成になることが多いこの曲は、アンサンブルコンテストでもたびたび演奏される。
だから、同じ日に複数の学校がこの曲を演奏するということも稀ではない。今日もそうであった。


やがて、冒頭のメロディーが聞こえ、チューバの音階を下るソロが終わったあたりで、全員は言い知れぬ動揺を感じた。
今までに演奏された葡萄酒とは、明らかに違う。
個々の技術、アンサンブル力、曲の表現。全てにおいて、他に勝っていたような気がしたのだ。

(;^ω^)「うお~、緊張してきたお」

舞台脇からその様子をのぞきこむブーンは、スーツのすそで汗をぬぐいながら言った。
その様子を横で見ていたツンが、静かに笑う。

ξ;゚ー゚)ξ「意識しちゃだめよ。前の団体の演奏は気にしたら負けよ」

川 ゚ -゚)「そうだぞ。私達が今までやってきたことを、しっかりと表現すれば良いんだ」

(´・ω・`)「僕ら5人の最初のステージ。思い切り楽しもう」

('A`)「ああ!」


やがて曲は中盤、シャンパンのコルクを抜く音が聞こえ、『そしてシャンパンをもう一本』が始まる。


158 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:53:28.97 ID: X7n6Y3cm0
  _
( ゚∀゚)「お前ら、こっちこい」

葡萄酒もそろそろ終わりを迎えようというとき、ジョルジュの言葉で全員が密集する。
そして、ジョルジュは無言で5人の前に右腕を差し出した。

( ^ω^)「……」

もはや何も言わずとも、目で語ることが出来る。
ブーン、続いてツン、クー、ショボ、ドクオも全員が腕を出し、全てが一つに重なった。

  _
( ゚∀゚)「楽しく演奏して来い! ファイトだ!」

重ねた手の感触を確かめるようにしたその時、ラウンジ高校の演奏が終了し、盛大な拍手が巻き起こった。
それを聞き、慌ててそれぞれの楽器を構え、入場の準備をするブーンたち。



『41番 私立VIP高校吹奏楽部 金管5重奏 VIP 5人の金管奏者のために』

やがて、ホール練習のときと同じように、始まりを告げるアナウンスが放送される。
それと同時に、ミュートや持ち替え楽器のスタンド、小物代を準備する手伝いの生徒が入り、それが終わるタイミングを見計らい、クーが先頭となって入場した。



159 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:54:26.23 ID: X7n6Y3cm0
ステージに上がると、段々と照明がつき、そのホールの広さ、観客の多さに圧倒された。
千人以上も収容できるホールの座席がほぼ全て埋まっており、そこにいる全ての人が自分達を見ている。

川 ゚ -゚)「……」

やがて、クーの礼にあわせ、全員が頭を下げる。
その途端に巻き起こった拍手は、以前のホール練習で聞いたものよりも、舞台袖から聞いたラウンジへの拍手よりもずっと大きかった。

川 ゚ー゚)「……」

緊張する仲間達に優しい目線を送るクー。
その視線に、それぞれが楽器を構え、呼吸を落ち着ける。


川 ゚ -゚)(いくぞ!!)

そしてクーの勢いの良い合図に従い、1楽章がスタートした。


163 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:55:37.23 ID: X7n6Y3cm0
冒頭の3和音は相変わらず美しい響きで、そこからうねり、前へ出たホルンがトロンボーンと絶妙に絡み合う。

( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

そして、暖かなホルンのソロ。
ホールの響きを受け、その音色はとても柔らかく、心地よく聞こえた。

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「……」

そして次に繋げられる、ドクオとクーの掛け合いメロディー。
高音を奏でるクーと、その下を掻い潜るように進行するドクオの絶妙な絡み合いは、他の3楽器が作るハーモニーに美しく乗り、日が昇るようなさまを思わせた。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

そしてそのソロに割って、ホルンが主旋律を奏で、トロンボーンがそれを更に押しのけ、柔らかく温かな音色を奏でる。
スライドを素早く動かすビブラートをふんだんに使い、やがてチューバとトロンボーン、ホルンの3和音で、1楽章は綺麗に終了した。


('A`)(良い感じだ……!)

1楽章と2楽章の間に持ち替えのあるドクオが、スタンドからフリューゲルホルンを手に取り、トランペットをスタンドに差し込んだときだった。

(;'A`)「っ!!」

そのフリューゲルホルンを持ち直した右腕が一瞬痙攣し、ドクオの顔が苦痛に歪んだのを、全員は見逃さなかった。


167 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:57:35.31 ID: X7n6Y3cm0
(;'A`)(畜生……こんなときに……)

しかし、無慈悲にも時間制限という名の壁を前に、曲は開始する。
チューバの静かなトリル、そしてそれに重なっていくトリル。

(;'A`)「!!」

それがドクオにまわってきた時、ドクオの指はいつもよりも早く動かなかった。
その前にあったツンのトリルに比べれば、素人が聞いても明らかにトリルの感覚が遅いのが分かる。



川 ゚ー゚)「……」

だがクーは動じず、ドクオよりも更に遅いトリルを奏で始めた。

ξ゚ー゚)ξ「……」

('A`)「!!」

目で物を言い、全員は理解しあっていた。
トリルが一定のスピードで進まなくなったのなら、周りに合わせれば良い。
ドクオがトリルを遅くしてしまったのなら、クーはそれより更にトリルを遅くし、この連続トリルが段々とテンポを下げていくものにしたのだ。

勿論ツンもそれを一瞬で理解し、少し遅れて激しいグリッサンドを奏で始めた。

('A`)「……」

そこまでいくと、もう曲は元に戻っていた。
ホルンが巻き起こす風とチューバが地を鳴らす稲妻を掻い潜り、ブーンの轟音が鳴り響く。


169 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/23(日) 23:59:13.77 ID: X7n6Y3cm0
そして、この2楽章の場面転換であり最大の見せ場、段々と激化をおさめるトロンボーンと、それを導くかのようなフリューゲルの掛け合いメロディー。

('A`)「……」

そこまでいくと、ドクオの顔にもう苦痛はなかった。
ハンドビブラートをフルにかけ、トロンボーンから旋律を受け取り、海鳥の鳴き声とともに、そのメロディを弱めて行き、最後の音を伸ばす。

そして、3楽章の開始。
立て続けにクーからショボ。そこからさらにドクオへのベルトーンが鳴り、静かな海を思わせる、ツンのソロがホールを包み込む。


そこからが最後の山場である。
チューバの激しいリズムを切欠に、ホルンとトロンボーンの掛け合いメロディ、そしてその頂点に割り入ってくるクーのピッコロトランペット。

そして、その美しく華やかな場面で、最後に花を飾るドクオのオブリガード。


それが、入ってこなかった。



172 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:01:58.54 ID: TaYzSWt50
(;'A`)「……」

見れば、ドクオの腕がわなわなと震えている。
吹き出すタイミングを失い、焦燥感に駆られてしまっているのが、一目瞭然であった。

( ^ω^)「……!」

ならば、それを補うまで。
そう言わんばかりに、ブーンがホルンとの絡み合いとドクオのオブリガードの所々を器用につなげ、ドクオがいつでも入れるような状態にする。

('A`)「……!!」

そのブーンの姿を見て、ドクオの右腕に力が入り、やがてトランペットの音色が優しくブーンのトロンボーンに絡みついた。

( ^ω^)「……」

それを見て、ブーンはにっこりとした表情をして、自分の持つ譜面へと戻った。


誰も聞いたことのない初演の演奏だからこそ、曲の要所をその場で変更しても、審査員には何も思われない。
VIPという曲だから出来た、まさにチームワークの求められる業を彼らは成し遂げたのだ。


もうそこからは、おわりに向かって一直線だった。
それぞれが最後の和音を伸ばし、そして壮大な3連符を決める。



175 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:03:34.80 ID: TaYzSWt50
「う……うおおお!!!」

曲が終了した瞬間、完成がどっと場内を包み、盛大な拍手が所々からあふれんばかりに響いた。
  _
( ゚∀゚)(よくやった……本当に……)

( ・∀・)「……すごい」


その演奏はもう、会場にいた全ての人々を魅了していたといっても、過言ではなかった。
盛大なその拍手が、しばらくやまなかったくらいに。



176 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:04:45.19 ID: TaYzSWt50
やがてステージの照明が消え、5人は舞台袖へと姿を消す。
そして客席からの視界へ来たとき、それぞれの体から一気に力が抜けた。

川 ;-;)「よかった……とてもよかったぞ……」

ξ;⊿;)ξ「私達、やりきったね……!」

涙を流すツンとクー。
男3人衆も、実は涙をこらえるのに必死であったのは言うまでもない。

('A`)「みんな。ありがとう。俺のミスを庇って……」

そんな中で、ドクオだけは申し訳なさそうに俯いていた。
その様子を見て、ブーンが勢いよくドクオの背中をたたく。

( ^ω^)「フヒヒ、ドクオがミスったとこは皆カバーしたお。
      審査員誰もこの曲聞いたことないんだから、気づくはずもないお。安心汁」

(´・ω・`)「そうそう。問題ないよ。本当に普通に聞こえた……いや、今まで以上に良く聞こえたよ」

('A`)「……みんな」

ドクオは、もう右手の痛さなど忘れてしまっていた。
それ以上に、アンサンブルを通して得たこの絆。それを身をもって深く実感していた。
そして、不意にドクオの目に涙がこぼれ、それを切欠として、ブーンとショボも静かに涙を流しあい、静かに笑いあった。


川 ゚ー゚)「さあ、後は表彰式だな。いこう!」

涙をぬぐい、それぞれは最後の結果発表、表彰式へと足を運んだ。



178 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:06:12.05 ID: TaYzSWt50

                          8


章は、それぞれ得点に応じて、上位から金、銀、銅の3種類がある。
その中でも支部大会へと足を進められるのは、金賞を獲得した中の僅かな団体だけである。

そう。たとえ金賞をとっても、ダメ金というものがあり、それになった団体は例え金賞といえど、支部大会には足を進めることが出来ないのだ。


『1番 ニュー速高校 金賞』

そして最初のアナウンスとともに、金賞のコール。
少しも間を置かず、その名が呼ばれた瞬間、ニュー速高校の座席からは歓声が響いた。


『2番 801高校 銅賞』

次の団体は銅賞。
こうなると打って変わって、歓声の変わりにすすり泣く声が聞こえ始める。
勝負事とは、やはりその楽しさの裏に、悲しさをも孕ませる物事なのだ。


川;゚ -゚)(私達は……どうなんだろうか……)

やがて表彰が進み、ラウンジ高校の代表選手が前に進む。



180 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:07:21.05 ID: TaYzSWt50

『40番 ラウンジ高校 金賞』

生唾を飲むまもなく、アナウンスはラウンジの金賞を告げた。
その途端にラウンジ高校湧き上がる歓声。対して、一番最後に順番を控えたVIP高校のメンバーは、顔を青くしていた。

これまでに、7団体が金賞を獲得している。
正直なところ、これで金賞団体が全てといってもおかしくはない。だから、自分達が金賞を取れたのか本当に分からなくなった。


『41番 VIP高校』

しかし戸惑うまもなく、VIP高校が名前を呼ばれ、代表者であるショボが表彰台に進んだ。



181 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:08:15.36 ID: TaYzSWt50




『VIP高校 金賞』





そして次に耳に入ったそのアナウンスに……VIP高校の生徒達は大きく歓喜した。

( ^ω^)「金……金だお!!」

('A`)「俺達が……金賞……」

ξ゚⊿゚)ξ「うそ……夢見たい」

川 ゚ -゚)「や、やった……!!」

あちらこちらから、泣き叫ぶ声や、抱擁する生徒の姿が見受けられる。
それもそのはず、VIP高校はコンクールでこんなに名誉な章を取るのが初めてなのである。
だからもう、選手達もそれぞれ涙を流さずに入られなかった。ステージに立っていたショボも、感激の涙をこらえながら、ずっと上を見つめていた。


だが、これで終わりではない。
この金賞をとった団体の中から、支部大会へとあがれる団体が選ばれるのだ。


182 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:09:18.46 ID: TaYzSWt50
『それでは次に、支部大会へ出場する学校を発表します』

アナウンスが鳴り響くと同時に、それまで歓喜の声でざわついていた会場は、一気に静まる。


『1番 ニュー速高校』

「うおおおおお!!」
「いやったああぁぁぁ!!」

1番で金賞を獲得したニュー速高校が、支部大会への切符を獲得した。
その途端、もう先ほどとは比べ物にならないような歓声がした。


だがそのうれしさの反面、涙をのむ者もいる。
15番の天国高校は、ダメ金となってしまい、もうその団体から歓声が上がることはなかった。



184 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:10:24.77 ID: TaYzSWt50

  _
(;゚∀゚)「いよいよ俺達だ……」

34番のシベリア高校がダメ金だったことを告げるアナウンスが流れ、あと金賞を獲得した団体はラウンジとVIPのみになった。
支部大会への道を獲得した団体は、ここまで僅か4つ。
最早、どちらが落ちても、どちらが勝っても不思議ではない状況であった。

  _
(;゚∀゚)「頼む……俺達を勝たせてくれ……」


『そして最後に……』


187 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:13:38.85 ID: TaYzSWt50














                      『41番 VIP高校。以上5校が、支部大会へ出場していただきます』















188 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:14:16.31 ID: TaYzSWt50

川 ; -;)「うそ……」

ξ;⊿;)ξ「わ、私達が……? ラウンジに勝って、支部へ?」

そのアナウンスの後、僅かな間を置き、それからけたたましい歓声が会場を再度包み込んだ。
もう、選手達は性別など気にせず、涙を流しながら抱擁しあい、手を取り合っていた。

(´;ω;`)「…………」

ステージで、固唾をのんでその様子を見てきたショボも、躊躇うことなく大量の涙を流し。
  _
( ;∀;)「俺の教え子が……支部に……」

ジョルジュも、人目を気にせず、その日だけは声を上げて涙した。




191 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:17:01.32 ID: TaYzSWt50

                        9

そして時は流れ。

  _
( ゚∀゚)「最初は思いつきで始めたが、まさかここまでいくとはな」

( ^ω^)「はは、なんだかんだで僕らも強豪校ですおwww」

('A`)「うし! みんな、ここまで来たんだ! 絶対勝とうぜ!」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ、全国大会、支部代表ですものね! 頑張りましょう!」

川 ゚ー゚)「私達のアンサンブルはこれからだ!!!!!」












196 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:21:14.15 ID: TaYzSWt50
はいおしまいです。
リハビリに書いたものですので、あまり深く気にしないでください。


ちなみにそれぞれの楽器


川 ゚ -゚) Xeno YTR-9445NYS

('A`) Xeno YTR-8335RGS

( ^ω^) Xeno YSL-882O

ξ゚⊿゚)ξ Alexander 503MBL

(´・ω・`) BM 5099/2/W PT-15



198 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:23:44.24 ID: TaYzSWt50
最初はワーグナーの金管5重奏曲にしようかと思ってたんですが、やったことないので断念。
ブーンたちつよすぎの理由は、学校の中でも飛びぬけて音楽レベルが高かったということで('A`)

クーとツンは全国レベル奏者、ショボは音大生志望、ブーンとドクオも並以上の実力があります。

っていうかコンクールとか出ないから細かいことは知りません。

\(^o^)/


199 名前: ◆MAMEOLw4rQ Mail: 投稿日: 2007/09/24(月) 00:25:09.88 ID: TaYzSWt50
終わり方については、めんどくさくて打ち切りぎみにしてしまいました。
連載で長編を書くときには、こんな終わらせ方をしないように気をつけたいと思います。

('A`)

スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

作者さん乙です!高校の3年はブラバンの為にいってたんで、こういうの読むとゾクゾクしますね。楽しく読ませていただきました。

-:2007/09/24(月) 00:54:28 | URL | [編集]

アレクサンダーほホルンて100万くらいするんじゃないのか

ああん:2007/09/24(月) 01:56:32 | URL | [編集]

楽器やってるにしても複数の金管の型番、よくわかるな。
作者は顧問でもしてるのか?

-:2007/09/24(月) 03:47:02 | URL | [編集]

思いの外、クオリティ高くてワロタwww

米2
アレキサンダーは高い
ツンが使ってる設定になってるやつは実際100万程度する

 :2007/09/24(月) 09:54:01 | URL | [編集]

なんで作者は文章力あるのにこんな安易なストーリー書いたのか理解できない。
適当ってレベルじゃねえぞ!

-:2007/09/24(月) 13:52:27 | URL | [編集]

公立校ならヤマハがデフォだろおおおおおお!

レロ:2007/09/24(月) 23:58:58 | URL | [編集]

私立です

been:2007/09/25(火) 08:04:07 | URL | [編集]

v-270

-:2008/02/03(日) 19:06:41 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。