--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.25

( ´_ゝ`)兄者は高校生活をおくるようです 番外編2

314 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 13:51:23.99 ID: krlhM2Pu0
二人は小走りに。

(´<_` )「あれがいい」

弟者は指を刺す。
その先にはお化け屋敷。

( ´_ゝ`)「俺はジェットコースターの方がいい」

弟者はふくれっつらをした。
身長制限で、兄者は乗れても、弟者は乗れなかったのだ。

ここは遊園地。VIP県の中にある、大きいとは言えないけれど、そこそこの施設が整っている。
父者が彼らの後ろから「二人で仲良く遊びなさい」と言った。

( ´_ゝ`)「むう…弟者、早く大きくなれよ」

(´<_` )「…うるさい」

兄者は受付のカウンターに乗り出して顔を出した。
子供二人。

保護者が必要かと思ったが、そうでもないらしい。


315 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 13:53:01.54 ID: krlhM2Pu0
(*´_ゝ`)「いくぞー!」

(´<_` )「うむ」

はじめは乗り気でなかった兄者が、入り口の扉を開けてもらい、先に入る。
弟者はその中に入ろうとして、足を止めた。

( ´_ゝ`)「どうしたのだ?」

(´<_`;)「えっ…いや……」

扉を開けてすぐには、簡単なカラクリ人形のようなもの。
規則的に、大きな口を開閉している。

(´<_`;)「やっぱり、やめようかな…なんて」

( ´_ゝ`)「なんと!弟者が行こうと言いだしたのではないか」

恐らく明るいところでみたのなら、特に恐怖は感じないのだろうけれど、
そこは暗く、今にもでそうな雰囲気。
おばけやしきなのだから、当たり前の装飾ではあるのだが。


316 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 13:55:37.91 ID: krlhM2Pu0
( ´_ゝ`)「まあいいや。弟者が行かないのなら一人で行って来る。
      すぐ戻るからそのへんで待ってろ」

(´<_`;)「あっ…まって兄者」

兄者が暗闇に消えた。
それを見て、どうするか散々迷った。だが、すぐに弟者も後を追った。

後ろで扉が閉まる。

(´<_`;)「兄者、兄者!」

弟者が兄者にくっつく。

( ´_ゝ`)「なんだきたのか弟者、歩きにくいから離れてくれんか」

(´<_`;)「むう」

暗闇と言っても完全に光がないわけではない。
ほんのり見える照明。その程度の光を残して、自分の歩く道が微妙にわかる。


317 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 13:58:11.40 ID: krlhM2Pu0
夜の学校が舞台なようで、音楽室。と矢印のかかった札が見えやすいように掲げてある。

( ´_ゝ`)「弟者。こっちかな」

(´<_`;)「うん」

( ´_ゝ`)「…弟者?」

引っ付いていた弟者を、兄者はようやく見る。
自分で来たいと言ったのではないか。と、もう一度もらす。

( ´_ゝ`)「弟者、目を瞑っていたら何もみえんが」

(´<_`;)「うん」

( ´_ゝ`)「目を開けろ。入った意味がないではないか」

(´<_`;)「うん」

(;´_ゝ`)「……」

完全に進行方向は兄者まかせ。
兄者の動きに合わせて弟者が歩く。


319 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 14:00:38.28 ID: krlhM2Pu0
時折、周りのものが動いた。
その音がするたびに、弟者は腕の力を入れる。

( ´_ゝ`)「何もないから、何も」

(´<_`;)「うん」

先ほどからそれしか言わない弟者に、兄者は呆れ顔。
その時後ろから何かが来た。

(;´_ゝ`)「うわっ」

(´<_`;)「え?なに」

それに追われるようにして走る。
とは言え目を開けようとしない弟者がくっついているので
どうしてものろのろとした歩みにしかならない。

(;´_ゝ`)「おい、弟者!」

(´<_`;)「うん」

(;´_ゝ`)「うんじゃなくて!」

兄者は弟者を引き剥がして、手を引っ張った。
後ろからは、亡霊。


321 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 14:01:29.35 ID: krlhM2Pu0
あわてて進む、進む。
音楽室など殆ど見れていない。
何かピアノがあったり、壁に色んな絵が飾ってあったりしたのは
視界の端にちらりと見えた。

( ´_ゝ`)「はぁ、はぁ」

(´<_`;)「兄者、まだおわらんのか?」

(;´_ゝ`)「歩いているだけのくせに偉そうに!」

次は何かと見てみれば、理科室と書かれた札。
あといくつの部屋を通れば終わりなのか。

( ´_ゝ`)「もういい、弟者こっちこい」

(´<_`;)「え?」

( ´_ゝ`)「背負ってやる。こっちの方がはやい」

兄者はしゃがんで、弟者に乗れ、と言う。
同じ年齢の子供同士とは言っても、彼らはかなり体格差があったので
兄者にとっては苦もないことなのだろう。


322 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 14:03:34.01 ID: krlhM2Pu0
( ´_ゝ`)「おまえがいたんじゃ、楽しめるもんも楽しめん」

(´<_`;)「うん、ごめん」

( ´_ゝ`)「早く大きくなればいいのだ。男のくせにうじうじしやがって」

(´<_`;)「うん…ごめん」

弟者は薄めを開いて兄者の背に乗った。
それだけで、周囲に恐怖を感じたらしく、勢いよくしがみつく。

(;´_ゝ`)「ぐえっ」

ぎゅっと目を閉じて、兄者の首に顔をうずめる。
まだまだ子供だな。
双子の弟に、そう微笑んで残りの道を進んだ。


323 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 14:06:05.48 ID: krlhM2Pu0
「おやおや、この子ったら」

出口で待っていた母者が笑う。
妹者は、父者に抱きかかえられて「兄者ー」と手をふった。

( ´_ゝ`)「弟者、ついたぞ、外だ」

(´<_`;)「うん」

兄者に降ろされた弟者は、それでも兄者に抱きついた。
「怖かった?」と問われた兄者は「普通」と答え
弟者は「怖かった」と答える。

( ´_ゝ`)「一度でも見た?見たのか?」

(´<_`;)「み、見たぞ。一度だけだけど…」

どこかの廊下のようなところ。
それしか覚えにないけれど、脳裏にしっかりと焼きついている。
兄者は、呆れたような、小ばかにしたような表情を弟者に向けた。

(´<_`;)「むう…」

しゅん。とした弟者の頭を撫でる。
くすぐったそうにして、けれど嬉しそうに兄者を見上げた。

じゃあ次はどこに行こう。
そう笑って、一日は過ぎる。












325 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/25(火) 14:07:25.77 ID: krlhM2Pu0
おわりおわりー。子供時代の話
残ってたからついかいた。反省はしていない

こんな時間に支援さんくすw




スポンサーサイト

( ´_ゝ`)兄者は高校生活をおくるようです
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。