--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.11

ツンが初恋の夢を見たようですξ゚⊿゚)ξ 第三話 それは数多に別れた三叉路のよう

83 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 12:17:58.11 ID: 6/xFCd6B0
《第三話 それは数多に別れた三叉路のよう》

ξ゚⊿゚)ξ「……ねぇ、本当に何でクーがここにいるのよ」

対峙したまま、私達は数秒見つめあった。
信じられないことが今平然と私の目の前に転がっている。


川 ゚ー゚)「まるでここにいちゃいけないみたいな口ぶりだな」


いや、そう言うわけじゃない。
ただあの夢を見た後だったから――――


ξ゚⊿゚)ξ「違うのよ。違う。えーっと……とりあえず訊くわ。どうしてここにいるの?」
川 ゚-゚)「話せば長くなるが……」
ξ゚⊿゚)ξ「400文字以内ならおk」


川 ゚-゚)「まよった」


ξ゚⊿゚)ξ「4文字!?」

変わってないな。とクーが喉の奥で笑う。
私の中で安心したような感情が広がる。クーこそ変わってないわよ。

84 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 12:18:32.58 ID: 6/xFCd6B0
川 ゚-゚)「ああ、編集部に行こうとしてな。そしたらここに着いた」
じゃあ意図して私に会いにきた、と言うわけでもないのか。
……少し残念だ。
って。

ξ゚⊿゚)ξ「編集部?」

訊きなれない単語。そしてリピートする。

川 ゚-゚)「「今作家紛いのことをやらせてもらっている」
一応、本業で。クーの付言があって、

ξ゚⊿゚)ξ「……訊いてないわよ!?」
川 ゚ー゚)「そういえば、話してなかったな」
緩やかにマイペース。

ξ゚⊿゚)ξ「……本当に変わってないわね」
川 ゚ー゚)「ツンこそ」

そうやって小学校からの腐れ縁はまた愉快そうに笑った。

訂正。変わっていないと言ったけれど。多分それは方便でしかない。
クーは変わった。

落ち着いた物腰はさらに輪をかけて雰囲気としてクーを包んでいるし、
言動だって大人びたものになって。

86 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 12:18:51.00 ID: 6/xFCd6B0



じゃあ、私は?


あの時をずっと引きずっている私はどうなの?


川 ゚-゚)「ツン。一応訊くが、ここはシベリア町ではないのか?」


思考が一気に吹っ飛んだのはクーの一言だった。
……訂正。クーも私も変わってない。


ξ゚⊿゚)ξ「シベリア町はここから真反対の方角よ……」


私の呟き声は、クーに届いただろうか。
また可笑しそうにクーが笑うのが、視界に入った。




87 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 12:19:20.92 ID: 6/xFCd6B0
急ぎの用ではないと言うことをクーがぽつぽつと話してくれたので、
じゃあ久しぶりに何処かゆっくりと落ち着ける場所で話そうと言う事になった。

しかし時間は午前7時。
あいている所といえばコンビニや24時間営業のファミレス位だ。


ξ゚⊿゚)ξ「私の家近いし、来る?」
川 ゚-゚)「いいのか?」
ξ゚⊿゚)ξ「いいわよ。少し散らかってるけど気にしないでくれる?」


樹海のような有様にはなっていなかった。……と思う。


川 ゚-゚)「ああ、ありがとう」


家路に付くまでは約10分程度。
その間の会話が切れることは、多分ない。
積もる話。何せ3年ぶりの再会って奴だから。

ξ゚⊿゚)ξ「さっきも言ったけど、作家って何ジャンルなの?」
SF? ファンタジー? 一番可能性が濃いのはミステリか。
予想を張り巡らせながら聞いてみる。

88 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 12:19:58.48 ID: 6/xFCd6B0
川 ゚-゚)「ん? あ、ああ。丁度書いたの持ってたな……」


肩がけのバックを開けて、クーが中身を漁り始めた。
端はしに見せる本質的なものや仕草は変わらないものの、
どことなく大人びたクーをぼんやりとみる。

川 ゚-゚)「お。あった……ほら、これだ」
ξ゚⊿゚)ξ「ん? どれどれ……?」


禁断の男子校シリーズ ~その菊門は俺のもの~


ξ゚⊿゚)ξ「……なんですかこれは」
川 ゚-゚)「あ。ああ、間違えた。それは別ネームで書いてる方だな」

別ネームて。クーが書いてたの。これ。

今度サイン下さい。


川 ゚ー゚)「ほお……?」
ξ゚⊿゚)ξ「……ハッ、ふじまるった!? って、ほらほらっ! 本業の方って?」

89 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 12:20:13.87 ID: 6/xFCd6B0
川 ゚-゚)「んー……なんだ、少し恥かしいな……ほら。これだ」
クーが出した一冊の文庫本。
表紙を見て、そして作者名を見て。

……数秒間、唖然とした。

ξ゚⊿゚)ξ「伊藤ペニサス先生って……クーのことだったの!?」
作者紹介のところに乗っている顔写真を交互に見ながら、
ハア!? とか、あれっ? とか、あまり意味のない言葉連発する。

川 ゚ー゚)「まあな」
伊藤ペニサス。
美味しいカルピスの入れ方が代表作の新人恋愛小説家、だったっけ。

川 ゚-゚)「……む。そう言われると少し恥かしいな……」
ξ゚⊿゚)ξ「……凄いわよ。やっぱりクーって凄い」
川 ゚-゚)「いや、そうでもないような気もするが……」
ξ゚⊿゚)ξ「私なんか偏差値まあまあの国立大学、しがない医学部生……」

川 ゚-゚)「充分凄いぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめん、ちょっと誇張した」
笑い声が早朝の町に響く。

――片や実力派の小説家。片やただの大学生、か。
人生って解らないものだ。



90 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 12:23:30.20 ID: 6/xFCd6B0
ξ゚⊿゚)ξ「ねえ。ここの作者紹介にある顔写真とクー、どう見ても別人なんだけど」
川 ゚-゚)「いや、それは正真正銘私だ」
ξ゚⊿゚)ξ「どう言う事?」
川 ゚-゚)「……顔の筋肉を自在に動かしッッ! そして別人にッッ!」



('、`*川「これでいいか」



ξ゚⊿゚)ξ「……バキかよ……!」

閑話休題。

書き溜めここまで。

95 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 13:00:13.05 ID: 6/xFCd6B0
ξ゚⊿゚)ξ「そう言えば、地元残留組はどう?」
川 ゚ -゚) 「地元残留組か……まあ変わらないよ」

そう言い、クーはゆっくりと喋りだした。
ドクオは一浪して公立大学、ショボンは親父さんの店を継いでバーテン。

ξ゚⊿゚)ξ「あ、ドクオ一浪しちゃったんだ?」
川 ゚ -゚) 「どうしても入りたかったらしい。バイオ科学を扱ってる所にな」
へえ。常に意識薄弱としたあのドクオが。

川 ゚ -゚) 「ああ、私もそう思う」
いや、そこは否定する所でしょ。

ξ゚⊿゚)ξ「……内藤は?」
川 ゚ -゚) 「ああ、アイツは――――」
クーが遠い目をした。
私は怪訝そうに顔を覗き込む。


川 ゚ -゚) 「ハルシオンデイズ。だそうだ」


ξ゚⊿゚)ξ「……は?」

それはどう解釈すればいいのだろう。
一瞬迷った。
それは私のいない毎日? それとも――――

疼きのような感覚が私を襲う

96 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 13:01:07.91 ID: 6/xFCd6B0


ξ゚⊿゚)ξ「ハルシオンって……平穏な……」

私の言葉を遮るように、クーが重い口を開いた。
入道雲が高く上がる空を見上げる。



川 ゚ -゚) 「『睡眠薬を飲みつづける毎日』」



クーの言葉は、私の言葉と180度違っているもので。
疼きは更に深まっていく。

川 ゚ -゚) 「内藤、短大出たはいいが就職先がどうも悪条件だったらしくてな」

川 ゚ -゚) 「それで睡眠薬に頼ったらしい」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

川 ゚ -゚) 「訳は解らないが、『夢は幸せだ』とか、言ってたっけな――」

97 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 13:01:43.58 ID: 6/xFCd6B0

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

それは、どう言う意味なのだろう。
私は――どう解釈すればいいのだろう。


川 ゚ -゚) 「一番変わったのは内藤だろうな」

ξ゚⊿゚)ξ「それは、どう言う意味で?」

川 ゚ -゚) 「雰囲気から疲れた感じが漂ってくる」

ξ゚⊿゚)ξ「……へぇ」

言っている合間に私の家に着いた。
どことなくくたびれた印象を受ける4階建てのアパート。

川 ゚ -゚) 「お邪魔します」
ξ゚⊿゚)ξ「ごゆっくり」

鍵を開けて招き入れる。
『一番変わったのは内藤だろうな』

クーのその言葉が何故かいつまでも頭の中に残っていた。

104 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 13:36:41.94 ID: 6/xFCd6B0
玄関で靴を脱いで、部屋を見渡したクーが開口一番。

川 ゚ -゚)「中々さっぱりとした感じだな」
ξ*゚⊿゚)ξ「一応気ぐらいは使ってるわよ……」

一人暮らしになると、とりあえず寝て食べるスペースが
あればいいって考え方になりがちだけど。


川 ゚ -゚)「ん? これ……」
クーが机の上に置いてあった音楽ノートを手にした。
……あ。直すの忘れてた。

ξ゚⊿゚)ξ「あっ……それはっ」
パラパラとクーがページをめくる。
題名の書いていない一番最初の、例の曲。

川 ゚ -゚)「ツンの作曲したものか?」
ξ゚⊿゚)ξ「…………ええ」
俯きながら頷く。

川 ゚ -゚)「そうか」

クーが軽く返事をする。

105 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 13:37:12.99 ID: 6/xFCd6B0
川 ゚ -゚)「題名は?」


答えていいのだろうか。何処となく喉に言葉が詰った。
クーが先刻言った意味で解釈されないだろうか。


ξ゚⊿゚)ξ「……ハルシオンデイズ」

黙り続ける訳にも行かなかったから、
聞き取れるか聞き取れないか位の声量で。



川 ゚ -゚)「『平穏無事な日々』か」



ξ゚⊿゚)ξ「……さすが作家さん。博学多識」
川 ゚ -゚)「茶化さないでくれ。たまたまさ」
クーが喉の奥で笑う。謙そんも上手くなっちゃって。

川 ゚ -゚)「なあ、ツン。何でここの途中にあるファ、何でここだけ黒ペンなんだ?」
ξ゚⊿゚)ξ「……っ。い、いや。それは……えーっと、いつも間違えちゃうのよ、そこ!」
川 ゚ -゚)「……へぇ」

あ、多分嘘だってこと見抜かれてる。

106 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 13:37:34.49 ID: 6/xFCd6B0
ξ゚⊿゚)ξ「さっ! お茶かなにか……」
川 ゚ -゚)「気を使わないでくれていい」

ξ゚⊿゚)ξ「いやいや、大先生様が折角来てくださったんですものねー」
川 ゚ -゚)「印税印税と言うがあまり入らないものだぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「え、そうなの?」
川 ゚ -゚)「ああ」

大佐、作戦は失敗だ。

ため息を挟んで
ξ゚⊿゚)ξ「それでも何もないって言うのも寂しいでしょ。
 コンビニ行ってくる何か欲しいものとかは?」
川 ゚ -゚)「庭付き一戸建て」
ξ゚⊿゚)ξ「コンビニにあるかそんなもの」
「冗談だ。超神水を頼む。料金は後で出す」
ξ゚⊿゚)ξ「……よくあんなもん飲めるわね……妙な飲み物好きは変わらないか」

川 ゚ -゚)「よろしく」
ξ゚⊿゚)ξ「行ってきます」
川 ゚ -゚)「いってらっしゃい」

107 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/11(金) 13:38:22.55 ID: 6/xFCd6B0



川 ゚ -゚)「……変わっていないか……」


部屋に一人残されたクーが手の中にある音楽ノートに視線を落した。
黒ペンのファと、真っ白の最後の一小節を見た後に


川 ゚ -゚)「変わっていないのはどちらだか……」


懐かしむように笑った。


《第三話 それは数多に別れた三叉路のよう》 終


ツンが初恋の夢を見たようですξ゚⊿゚)ξ 最終話 そうしてまた回帰していく』

http://sankakupost.blog55.fc2.com/blog-entry-14.html#more




ウホッ!な人にお勧めへ↓



第X話 禁断の男子校シリーズ ~その菊門は俺のもの~
http://sankakupost.blog55.fc2.com/blog-entry-13.html#more
スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。