--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.26

一寸法師のようです 2

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 19:18:44.42 ID:NMyahCyCO
デッデデデ
 デッデデデ
 デッデデデデデデデ

じ~んせい、らっく~あ~りゃ~
く~~もあ~る~さ~~
うんたらかんたらなんちゃらちゃ~ん



  (∵ 〆
   〆 )
\ / )) /
  ̄ ̄ ̄ ̄


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 19:23:17.42 ID:NMyahCyCO
長い時間を掛け、一寸法師は故郷から都までの険しい道を乗り越えました。
途中いくつかのハプニングもありましたが、
大体なんとかなりました。



     / ̄\
__都_/λ.. \_家_


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 19:30:54.58 ID:NMyahCyCO
一寸法師は歓喜しました。
憧れの都に辿り着いたのです。無理もありません。
一寸法師は都に入りました。

しかし、都の入り口で門番に止められてしまいました。
何しろ彼の姿は明らかに不振者のそれ。
こんな姿では門番だけでなく、
一般人にすら指差されることでしょう。



  _
/・・\
|  ・  |
\__/
 |  |



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 19:38:11.57 ID:NMyahCyCO
そこで、一寸法師は一計を案じました。
その名も轟転の計。
読んで字の如く、今の彼の容姿を活かし、
門番も気付かぬ速度で門を駆け抜けるという見事な作戦です。
早速一寸法師は実行に移りました。



       _
      /  \三
     |    |三
λλλ三  \__/三



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 19:44:41.29 ID:NMyahCyCO
すばらしい計略により門番は倒れ、
一寸法師は都に入ることができました。



 ┌─┐
┌┘警└┐
│ ■λλλ―λ―λλλ...


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 19:52:18.77 ID:NMyahCyCO
都での暮らしは快適なものでした。
決められた仕事さえこなしていれば
毎日決まった時間に充分な食事が出され、
睡眠も適度にとることができます。
あまり自由はありませんでしたが、
それでも故郷の生活に比べれば非常に豊かなものでした。



_____
  |
  |
  ||
 ( ∴ )…

_____


20 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/26(水) 19:53:27.12 ID: dZ1QBeKNO
シュール過ぎるww




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 19:57:40.43 ID:NMyahCyCO
それから三年が経ちました。



(∵ )y‐
ノ ∧∧


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 20:02:07.60 ID:NMyahCyCO
一寸法師は三年間ずっと考え続けていました。

「なぜ、私は都に来たのだろう?」

いわゆるひとつの壁にぶつかっていたのです。



|ヾ☆
(∵ )⌒
|ノ<\
└―――――


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 20:13:24.80 ID:NMyahCyCO
悶々と生活を続けていたある日、
一寸法師は看守から一枚の号外を受け取りました。

『宰相 川 ゚‐゚)の娘 川 'A`)争奪戦~秋の陣~』

これを見て、一寸法師は思いました。
なんと美しい宰相だろう。娘はいらないが宰相を嫁にほしい。

彼の美的センスは普通に働いていました。



( ∵)…
(ヾ∩ゞ
 >>

(∵ )…
(ヾ∩ゞ
 >>

( ∵)…
(ヾ∩ゞ
 >>

( ∵ )!
(ヾ∩ゞ
 >>


29 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/26(水) 20:14:01.00 ID: hvVleBmYO
こっちみんなwww




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 20:16:27.64 ID:NMyahCyCO
そうと決めた一寸法師のアクションはベリークィックリーでした。
ソーワンダフォウ。



(∵ )三∵ )三∵ )三∵ )



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 20:23:00.32 ID:NMyahCyCO
む~ねに~
こみ~あげ~てく~
あ~つくはげしいこ~の~おもい~
ぼ~く


いくさいごのばしょへ~
て~をと~りあい~
ちかいあって~



ヽ( ∵)人川 ゚ー゚)ノ
 ( )   ( )
 ノノ  ノ >


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 20:27:07.66 ID:NMyahCyCO



   一寸法師のようです

     第二話 GONG ~了~


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 20:30:27.71 ID:NMyahCyCO
( ´∀`)ニコッ




40 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/26(水) 20:30:54.62 ID: dZ1QBeKNO
だから笑うなwwww





43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 [] :2007/09/26(水) 20:44:03.40 ID:NMyahCyCO
不治の病に掛かってしまったビコーズ。
医者から余命を宣告され、絶望に暮れる日々を送るかと思われた。

しかし、ビコーズには果たさなければならない約束があった。

それは、幼い頃に親友と交わした小さな、とても小さな約束。

病院の窮屈なベッドを抜け出し、ビコーズは約束の場所へと歩きだす。



次回、ビコーズは見つけたようです第三話、光。




スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。