--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.29

川 ゚ -゚)エスパークーのようです 9

118 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:21:22.50 ID: oyZKLgJd0

エスパークス、エスタークじゃねぇのかよ!
という人のための登場人物紹介

川 ゚ -゚) 新人。物を呼び寄せる超能力

(,,゚Д゚) 先輩。超脚力の超能力

(*-ー-) 身体が不自由。人の内面の色を視る

( ><) 新人。千里眼

ξ*゚⊿゚)ξ クソガキ。記憶を刈り取る

川д川 オカ女。空間を構築、接続する能力

(´・ω・`) バーボンハウスマスター。絶対質問能力

('A`) クーの幼馴染。一般人


119 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:22:48.09 ID: oyZKLgJd0

「…」

「…」

スッ…

「おぉっと、そうくるか? 大丈夫かなー、かなり不安定だからな」

「……」

スッ…

「あ、そっちか? こりゃオレまで回ってこないな」

「…っ! ……」

スッ…

「おいおいおい。 やる気あんのかよ。 さっきまでの方がよっぽどマシだったな」

「―――!!」


121 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:24:19.13 ID: oyZKLgJd0

ξ#゚⊿゚)ξ「ドンジャラー!!!」


ガシャー!!!


(,,゚Д゚)「あー!!!」

(,,゚Д゚)「お前なぁ。将棋崩しでドンジャラやるやつがどこにいるんだよ…」

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたがイチイチうるさいのがいけないよ!!」

(,,゚Д゚)「心理戦だよ、心理戦」

ξ#゚⊿゚)ξ「子供相手にそんなことするな!!」

(,,゚Д゚)「……いつもはガキ扱いすると怒るのに都合良いもんだぜ」

ξ#゚⊿゚)ξ「何か言った!?」

(,,゚Д゚)「なーんにも」


122 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:25:47.38 ID: oyZKLgJd0

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたも拾うの手伝いなさいよ!」

(,,゚Д゚)「すげぇ理不尽」

ξ#゚⊿゚)ξ「あぁ!?」

(,,゚Д゚)「はいはい」

カチャカチャ

(,,゚Д゚)「お」

ξ*゚⊿゚)ξ「ん?」

(,,゚Д゚)「こんなとこまで飛んでやがる」

ξ*゚⊿゚)ξ「…それは“歩兵”?」

(,,゚Д゚)「ん? あぁ、良く知ってたな」

ξ*゚⊿゚)ξ「いっぱいあって、一番弱い駒でしょ」

(,,゚Д゚)「まぁ、そうかもな」


123 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:27:16.71 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「でもな、敵陣深く切り込んだときにこいつは化けるんだぜ?」

ξ*゚⊿゚)ξ「へー」

(,,゚Д゚)「ひっくり返るんだ」

ξ*゚⊿゚)ξ「負けてんじゃん」

(,,゚Д゚)「そうじゃね-よw 生まれ変わるつってもいいかな」

ξ*゚⊿゚)ξ「ふーん」

(,,゚Д゚)「興味なさそうだな」

ξ*゚⊿゚)ξ「興味ないもん」

(,,゚Д゚)「つまんねーの」


―ギコは駒を投げて握り直した


(,,゚Д゚)「“生まれ変わる”…か」


124 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:27:36.47 ID: oyZKLgJd0


川 ゚ -゚)エスパークーのようです

    -第九話:雨雲-



126 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:31:27.84 ID: oyZKLgJd0

―ダイプロミーティングルーム


ガチャ

川 ゚ -゚)「やぁ」

(,,゚Д゚)「クーちゃん、待ってたぜぇ!」

川 ゚ -゚)「結構だ」

(,,゚Д゚)「え? オレまだ何にも言ってないんだけど」

川 ゚ -゚)「先制パンチだ」

川 ゚ -゚)「どうせ、くだらんことだろ」

(,,゚Д゚)Vm「チッチッチッチ」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「(…非常にムカツクな)」

(,,゚Д゚)「今日はさ!」

(,,゚Д゚)「ジャーン!! 将棋やろうぜ!!」

川 ゚ -゚)「…」


127 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:33:00.05 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「…ほう、面白そうだな」

川 ゚ -゚)「ギコは指せるのか?」

(,,゚Д゚)「少しだけな!」

川 ゚ -゚)「チェスの方が好きなんだが…」

川 ゚ -゚)「久々にやってみるのもいいな」

(,,゚Д゚)「やろーぜ、やろーぜ」

(,,゚Д゚)「最近、ツンと将棋崩しばっかりしてたら普通に指したくなってな!」

ξ*゚⊿゚)ξ「…なんですって?」

(,,゚Д゚)「うお! いたのか」

ξ*゚⊿゚)ξ「あんまり調子に…」


128 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:34:06.38 ID: oyZKLgJd0


(*-ー-)「ツンちゃーん、クッキー焼けたけど食べるー?」

ξ*゚⊿゚)ξ「あ、はーい♪」

トテテテ

(,,゚Д゚)「しぃ、ナイスフォロー」

川 ゚ -゚)「ほらやるぞ」


ワイワイ
キャイキャイ


129 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:35:28.57 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「ぐおぉぉ、また負けたぁ」

川 ゚ -゚)「めちゃくちゃ弱いな」

(,,゚Д゚)「つーか強すぎだろ」

(,,゚Д゚)「飛車角抜きなのに…」

川 ゚ -゚)「もう少し頭を使え」

川 ゚ -゚)「というか前に出すぎだ」

川 ゚ -゚)「私の手を考えろ」

(,,゚Д゚) ウン

川 ゚ -゚)「飛車、角行に頼りすぎだな」

川 ゚ -゚)「もっと大局を見ろ」

(,,゚Д゚) ウンウン


ソッカー
ナルホドー


130 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:36:52.71 ID: oyZKLgJd0

ξ*゚⊿゚)ξ「将棋なんて何が面白いのかしら?」

(*-ー-)「うーん、私もやらないから分からないけど」

(*-ー-)「ツンちゃんギコくんとよくやってるじゃない」

ξ*゚⊿゚)ξ「将棋崩しはね」

ξ*゚⊿゚)ξ「あんなのは本物の将棋じゃない! んだって」

(*-ー-)「楽しければそれでいいと思うけどね」

ξ*゚⊿゚)ξ「今、つまんなーい」

(*-ー-)「クッキー、食べちゃったもんね」

(*-ー-)「ビロードくんも休みだし…」


(*-ー-)「…!」ピコーン


131 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:38:03.66 ID: oyZKLgJd0


(*-ー-)「そうだ、たまには“女の子らしいこと”しましょうか」

ξ*゚⊿゚)ξ「え、何?」


(*-ー-)「恋話よ。 恋・話」

ξ*゚⊿゚)ξ「コイバナ?」


132 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:39:12.56 ID: oyZKLgJd0


「クーちゃん」

川 ゚ -゚)「だから……ん?」


「ちょっと来てー」

川 ゚ -゚)「あ、はい」

川 ゚ -゚)「また後でな、ギコ」

(,,゚Д゚) ウン

(,,゚Д゚) ウーン、ココガコウデー


134 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 第6話参照 投稿日: 2007/09/29(土) 15:42:03.77 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「なんですか?」

(*-ー-)「クーちゃん」

川 ゚ -゚)「はい?」

(*-ー-)「ズバリ、ドクオくんとの仲を聞こう!」

川 ゚ -゚)「は?」

(*-ー-)「いや、だからドクオくんとは、どこまで進んだのかなーって」

ξ*゚⊿゚)ξ「(これがコイバナ…)」

川 ゚ -゚)「どこまでって友達ですよ、ドクオは」

(*-ー-)「ただの友達と毎年プレゼント交換はしないでしょ?」

川 ゚ -゚)「まぁ、確かに」

ξ*゚⊿゚)ξ「(ナベちゃんのDVDだったけ)」


135 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:43:27.98 ID: oyZKLgJd0

(*-ー-)「プレゼント渡したの?」

川 ゚ -゚)「いえ、まだです」

川 ゚ -゚)「近々渡す予定ですけど」

(*-ー-)「ふぅむ」

(*-ー-)「…」

(*-ー-)「クーちゃん、ちょっと視せてね」

(*゚ー゚) スゥ

(*゚ー゚)「(ん~)」

(*゚ー゚)「(ウソはついてないみたいね)」

(*゚ー゚)「(友達? でも大分クーちゃんの深いトコに混ざってるみたいだけど…)」

(*゚ー゚)「(なんとも言えないわね)」

(*゚ー゚)「うーん」


143 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:55:41.35 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「気は済みましたか?」

(*-ー-)「…」

(*-ー-)「明日の放課後もクーちゃん、ヒマ?」

川 ゚ -゚)「え? あぁ、はい」

(*-ー-)「ドクオくんは?」

川 ゚ -゚)「ドクオですか…?」

川 ゚ -゚)「部活にも入っていないし、ヒマだとは思いますけど」

(*-ー-)「よし!」

(*-ー-)「明日、VIP高校に行くわ」


146 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 15:58:29.22 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「ウチに?」

(*-ー-)「放課後、屋上で」

(*-ー-)「ツンちゃんもいいわね」

ξ*゚⊿゚)ξ「えぇ!? 私も!?」

(*-ー-)「もちろん」

川 ゚ -゚)「でも、車椅子じゃ…」

(*-ー-)「大丈夫よ、貞ちゃんに送ってもらうから」

川 ゚ -゚)「そうまでして来るんですか」

(*-ー-)「是非ドクオくんも視てみたいのよ」

川 ゚ -゚)「はぁ」


149 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:02:38.43 ID: oyZKLgJd0

(*-ー-)「お願い、クーちゃん」

川 ゚ -゚)「わかりました。 明日の放課後、屋上で」

(*-ー-)「やったぁ」

ξ*゚⊿゚)ξ「ホントに私も行くの?」

(*-ー-)「もちろん」

ξ*゚⊿゚)ξ「えー」

(*-ー-)「人生経験よ、いい勉強になるわ」

ξ*゚⊿゚)ξ「う~ん」

川 ゚ -゚)「(どちらかというと、野次馬根性の方が強い気がするが)」

(*-ー-)「じゃ、クーちゃんよろしく」

川 ゚ -゚)「(まいったな…)」



(,,゚Д゚) ウーンウーン


151 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:05:05.54 ID: oyZKLgJd0



―翌日、VIP高校屋上


(*-ー-) ξ*゚⊿゚)ξ 川 ゚ -゚) ('A`)


('A`)「なんだよ、この人達は?」

川 ゚ -゚)「私の知り合いの占い師の人だ」

川 ゚ -゚)「ドクオの話をしたら、どうしても占いたいんだと」

('A`)「…」

('A`)「お前、案外交友関係広いんだな」

(*-ー-)「はじめまして、ドクオくん」

('A`)「あ、はい」

('A`)「は、はじめまして」


153 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:08:00.26 ID: oyZKLgJd0

ξ*゚⊿゚)ξ「…」

(*-ー-)「ほら、ツンちゃん」

ξ*゚⊿゚)ξ「…」

ξ*゚⊿゚)ξ「よっ」

('A`)「…」

(*-ー-)「(だめでしょ、そんな言葉使いしたら)」

ξ*゚⊿゚)ξ「(だって“はじめまして”じゃないんだもん)」

('A`)「よろしく……お願いします…」

('A`)「(なんかデジャブるのは気のせいか?)」

(*-ー-)「ごめんね、人見知りするのこの子」

ξ*゚⊿゚)ξ「(しないもん!)」

(*-ー-)「(いいからいいから)」

川 ゚ -゚)「(話が進まない…)」


155 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:10:45.44 ID: oyZKLgJd0

('A`)「でも、どうしてオレなんかを占いたいと…?」

(*-ー-)「…そうね」

(*-ー-)「落ち着いて聞いてね」

('A`)「…」



(*-ー-)「あなたは選ばれし22聖のうちの一人、『波乱を呼ぶ男』の生まれ変わりなのよ!!」

ズバーン!!



川 ゚ -゚)「…」

ξ*゚⊿゚)ξ「…」

('A`)「え?」


156 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:13:23.41 ID: oyZKLgJd0

(*-ー-)「前世で魔王との戦いに敗れた彼らは、次の世代に希望を託して転生したわ」

(*-ー-)「最近起こっている不可解な事件、これは全部復活した魔王の仕業よ」

(*-ー-)「たぶん」

('A`)「…」

(*-ー-)「今度こそ完全に魔王を倒すため、22聖の力が再び必要なの」

(*-ー-)「あなたの力が必要なの」

('A`)「…」

川 ゚ -゚)「うわぁ…」

ξ*゚⊿゚)ξ「さすがにそれは…」

('A`)「…」

('A`)「…そうか」

('A`)「…そうだったのか……!」


159 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:17:13.02 ID: oyZKLgJd0

ξ*゚⊿゚)ξ「え?」

川 ゚ -゚)「ドクオ?」

('A`)「最近、教室で気を失ってたり、道端で寝てたり不思議なことが多かったのはそのせいか…!」

ξ*゚⊿゚)ξ「あ」

川 ゚ -゚)「あぁ」


('A`)「……まさか!」

('A`)「クーも…!?」

川 ゚ -゚)「は?」

('A`)「お前も、22聖のうちの一人か…!」


161 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:19:07.76 ID: oyZKLgJd0

('A`)「エスパーとかいうのは、仮の姿だったんだな…!」

川 ゚ -゚)「え……いや、ちょっと」


(*-ー-)「(というかドクオくんは、クーちゃんがエスパーだって知ってるの?)」

川 ゚ -゚)「(えぇ、何度か目の前で能力を使ってますし)」

(*-ー-)「(普通の人には言っちゃダメだって言ったじゃない)」

川 ゚ -゚)「(すいません)」

ξ*゚⊿゚)ξ(ギコは“ドクオはいい”って言ってたけど…)


164 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:21:46.91 ID: oyZKLgJd0

('A`)「続きを……続きを聞かせてくれ」

(*-ー-)「ごめんなさい、話の途中だったわね」

(*-ー-)「えぇと」

(*-ー-)「とりあえず、君の力を見せてほしいの」

('A`)「え……でも、どうやって」

(*-ー-)「目をつぶって、じっとしてくれるだけでいいわ」

('A`)「…はい」

(*-ー-)「心安らかに、意識を私の方に向けてね」

(-A-)「……はい」


166 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:23:59.80 ID: oyZKLgJd0

(*-ー-)「そのままね…」

(*゚ー゚) スゥ

(*゚ー゚)「(…)」

(*゚ー゚)「(紫色の湖ってとこかしら…)」

(*゚ー゚)「(底、覗かせてもらうわね)」

(*゚ー゚)「(…)」

(*゚ー゚)「(…白い粒? ……雨粒かしら?)」

(*゚ー゚)「(…)」

(*゚ー゚)「(…!)」

(*゚ー゚)「(……閃光?)」

(*゚ー゚)「(この感じ…)」

(*゚ー゚)「(この子……まさか)」

(*゚ー゚)「…」


167 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:26:59.76 ID: oyZKLgJd0

(*-ー-)「…もういいわよ」

('A`)「…!」

(*-ー-)「…」

(*-ー-)「…」

('A`)「あの、それで……オレの力ってやつは…?」

(*-ー-)「あぁ、それ…」

(*-ー-)「…」

(*-ー-)「うん、私の勘違いみたい」

(*-ー-)「ごめんね」

('A`)「え?」

(*-ー-)「君は何の変哲もない普通の一般人」

(*-ー-)「それ以下、それ以上でもないわ」


170 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:29:50.99 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「…?」

ξ*゚⊿゚)ξ「しぃ?」

('A`)「…そう、なんですか」

('A`)「…」

('A`)「そうですよね」

('A`)「オレにそんな力なんてあるわけないっすよね」

川 ゚ -゚)「ドクオ…」

('A`)「じゃあな、クー」

('A`)「頑張って、仲間集めろよ」

川 ゚ -゚)「いや、待て。 というか信じてるのか」

('A`)「それじゃあ、帰ります」

川 ゚ -゚)「あ、ドクオ!」


―ガチャ

―ギィィイ、バタン


172 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:33:06.51 ID: oyZKLgJd0

(*-ー-)「…」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「しぃさん、どういうことですか?」

ξ*゚⊿゚)ξ「意味分かんないよ」

(*-ー-)「うん?」

(*-ー-)「あぁ、あれはね。 ドクオくんの深いトコを覗くために、心を開いてもらう必要があったの」

(*-ー-)「まさかあんな簡単に引っかかるとは思わなかったけど」

川 ゚ -゚)「確かに方法としては効果的だったと思います」

川 ゚ -゚)「しかし、あんな言い方はないんじゃないんですか?」

(*-ー-)「…」

川 ゚ -゚)「…私も失礼します」


―ガチャ

―バタン!


176 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:36:20.25 ID: oyZKLgJd0

(*-ー-)「…ふぅ」

ξ*゚⊿゚)ξ「…」

ξ*゚⊿゚)ξ「どうしたの、しぃ? 何か変だよ?」

(*-ー-)「そうね……」

(*-ー-)「…」

(*-ー-)「『波乱を呼ぶ男』か……嘘が本当になっちゃいそうね」

ξ*゚⊿゚)ξ「え?」

(*-ー-)「ツンちゃん、協力してほしいことがあるの…」


177 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:38:12.35 ID: oyZKLgJd0


――
―――


川 ゚ -゚)「ドクオ!」

('A`)「…!」

('A`)「クーか」

川 ゚ -゚)「…」

('A`)「どうしたんだよ? 走ってきて」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「―すまん」


180 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:41:25.29 ID: oyZKLgJd0

('A`)「…なにが?」

川 ゚ -゚)「さっきのことだ」

川 ゚ -゚)「しぃさん……占い師の人だが、悪い人じゃないんだ」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「ただ、さっきは私にもよく分からん…」

('A`)「いや、いいよいいよ」

('A`)「冷静に考えてみれば、ありえないことだし」

('A`)「……残念だけど」

川 ゚ -゚)「…すまん」

('A`)「いいって」

川 ゚ -゚)「…」

('A`)「…」


184 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:43:56.78 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「…もうすぐ“あの日”だな」

('A`)「ん? あぁ、そうだっけ」

川 ゚ -゚)「忘れてたか?」

('A`)「あー、…わりぃ」

川 ゚ -゚)「そうか」

('A`)「…」

川 ゚ -゚)「…」


190 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:46:40.53 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「私のプレゼント、驚くぞ」

('A`)「へぇ」

川 ゚ -゚)「奮発したからな」

('A`)「金持ちだな」

川 ゚ -゚)「バイトしたんでな(失敗したけど)」

('A`)「そっか」

('A`)「楽しみだ」

川 ゚ -゚)「その様子だとまだ買っていないんだろう?」

('A`)「まぁな」

川 ゚ -゚)「そうか」


193 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:48:59.57 ID: oyZKLgJd0

('A`)「…期待すんなよ」

川 ゚ -゚)「楽しみにしておくよ」

('A`)「人の話聞けつーの」

川 ゚ー゚)「ふっ、本当に楽しみなのさ」

('A`)「…」

('A`)「遅くなっちまった、帰るか」

川 ゚ -゚)「そうだな、それじゃ」

('A`)「おう、じゃあな」


195 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:51:42.68 ID: oyZKLgJd0


川 ゚ -゚)「…」

―ポッ

川 ゚ -゚)「―ん?」


川 ゚ -゚)「…雨、か」



199 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:53:53.37 ID: oyZKLgJd0



―深夜、ドクオの部屋


『はーい、みんなこんにちわー』

『え? 違う? あ、こんばんわー』

『違う違う録音じゃないよ、ホントホント』

『じゃあ気を取り直して…』

『ナベ☆ラジ!! 始まるよー!!』


('A`)「…」


201 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:56:39.31 ID: oyZKLgJd0

('A`)「…」

('A`)「今週のジャンプ、ツマンネェ」

ポイッ

('A`)「…」

('A`)「忘れてるわけねぇつーの」

('A`)「もうすぐか」

('A`)「…」

('A`)「22聖…」

('A`)「バカか……オレは」

('A`)「…」

('A`)「クー…」

('A`)「友達増えたんだな…」

('A`)「変な人たちだけど」


205 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 16:59:27.75 ID: oyZKLgJd0

('A`)「…」

('A`)「オレは…変わんねぇな」

('A`)「昔っから逃げてばっかだ…」



―オ、オレが、守ってやるから―



('A`)「…ウソっぱちだな」

('A`)「あのときから……オレはクーに…」

('A`)「…」

('A`)「…」

('A`)「あー」

('A`)「アホくさ」

('A`)「ないない、妄想厨乙」


209 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:01:49.52 ID: oyZKLgJd0

('A`)「寝よ…」


『最近の流行ですか? うーん、友達に聞いたんですけど…』

『面白いバーがあるらしいんですよ』

『そうです。 お酒飲むとこですよ』

『なんでも“人の本音”が分かるって』

『えーダメです、オフレコです。オフレコ』


('A`)「…」

('A`)「…本音か」

('A`)「…」

('A`)「…」

('A`)「目、覚めてきたじゃねぇか…」


211 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:05:23.25 ID: oyZKLgJd0



―後日、ダイプロミーティングルーム


(,,゚Д゚)「あぁー、ヒマだなー」

(,,゚Д゚)「クーちゃん、最近見ないし」

川д川「愛想尽かしたのかもね~」

(,,゚Д゚)「…え」

(;,,゚Д゚)「ま、まさかぁw」

( ><)「目が笑ってないんです」

(*-ー-)「…」

(,,゚Д゚)「ツン、何かクーちゃんから聞いてねぇ?」

(,,゚Д゚)「最近、ギコくんが気になるとか」

(,,゚Д゚)「ギコくんのことを考えると胸が苦しいとか」

ξ*゚⊿゚)ξ「ばーか」


212 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:08:18.52 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「あぁー、ヒマだ」

(,,゚Д゚)「…!」

(,,゚Д゚)「そうだ! たまにはこっちから向かうのはどうだ?」

( ><)「向かうってウチの高校にですか?」

(,,゚Д゚)「そうそう」

( ><)「もう帰ってるんじゃないんですか?」

(,,゚Д゚)「いやさ、ダメ元でも」

ξ*゚⊿゚)ξ「ダメだよ! クーはクーで色々あるの!」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「色々?」


214 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:11:43.46 ID: oyZKLgJd0

ξ*゚⊿゚)ξ「あ」

(*-ー-)「もう…」

(,,゚Д゚)「色々って何だ?」

ξ*゚⊿゚)ξ「ほら、女の子だもん」

(*-ー-)「色々あるのよ」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「貞ちゃん!!」

川д川「はいよ~」

(,,゚Д゚)「“扉”開いてくれ!! VIP高校まで!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「うわ! バカ!」

(;-ー-)「ギコくん…!」

(;><)「ちょ…!」


(,,゚Д゚)「待ってろ、クーちゃん!!」


216 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:14:28.32 ID: oyZKLgJd0



―VIP高校校門


川 ゚ -゚)「ふぅ…」

川 ゚ -゚)「準備はできた」

川 ゚ -゚)「天気が悪いのが少し気がかりだが…」

川 ゚ -゚)「行くか」


クーチャァァァン


川 ゚ -゚)「―ん?」


218 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:16:46.14 ID: oyZKLgJd0


ズザ―――ッ

(,,゚Д゚)「クーちゃん!!」


川;゚ -゚)「ギコ!? なんでこんなところに…!?」

(,,゚Д゚)「辛かったね! 寂しかったね! でももう大丈夫だよ!」

川 ゚ -゚)「は?」

(,,゚Д゚)「さぁ、オレの胸で思う存分泣いてくれ!!」

川 ゚ -゚)「…」


ヒュ
パッ


ゴイン


(,, Д )゚ ゚「カンパチ!!」

川 ゚ -゚)「何をわけのわからんことを…」


219 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:19:23.06 ID: oyZKLgJd0




ギィ
カランコロンカラン


(´・ω・`)「ようこそ、バーボンハウスへ」

(´・ω・`)「おや?」

(´・ω・`)「珍しいお客さまだ、一人かい?」


('A`)「えぇ、お久しぶりです」


221 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:21:17.71 ID: oyZKLgJd0

(´・ω・`)「ご注文は何かな?」

(´・ω・`)「未成年だから飲み物はソフトドリンクまでね」

('A`)「いえ、今日はちょっと聞きたいことがあって」

(´・ω・`)「なんだい?」

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「“本音”トークかい?」

('A`)「…はい」

(´・ω・`)「別料金だよ?」

('A`)「大丈夫です」


224 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:23:01.43 ID: oyZKLgJd0


(´・ω・`)「おk。何についてボクは“聞けば”いいのかな?」

('A`)「…」



('A`)「“オレがクーをどう思っているのかについて”」


('A`)「お願いします」


228 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:26:22.33 ID: oyZKLgJd0




川 ゚ -゚)「すると何か」

川 ゚ -゚)「私が下校中、襲われて手篭めにされた挙句、妊娠してしまい」

川 ゚ -゚)「知らない男の子供だとはいえ、新しい命を無下に殺すことはできない」

川 ゚ -゚)「そんな葛藤の中、過ごしていると?」

(,,゚Д゚) ウン

川 ゚ -゚)「アホか!」


ヒュ
パッ


ゴメス!!


(,, Д )゚ ゚「カンブリ!!」

川 ゚ -゚)「全く…」


230 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:31:27.40 ID: oyZKLgJd0

ξ*゚⊿゚)ξ「ごめんね、クー」

ξ*゚⊿゚)ξ「私が口を滑らせたから」

川 ゚ -゚)「…ツン」

(*-ー-)「しばらくウチに顔出さなかったから、ギコくんなりに心配したのよ」

川 ゚ -゚)「…しぃさん」

( ><)「悩みがあるなら言ってほしいんです!」

川 ゚ -゚)「…ビロード」

(メ,,゚Д゚)「なんでも聞くぜ」

川 ゚ -゚)「最近、打たれ強くなったな」

(,,゚Д゚)「まぁな」


231 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:32:08.10 ID: oyZKLgJd0

川 ゚ -゚)「別に悩み事なんてないさ」

川 ゚ -゚)「少し忙しくて、顔を出せなかっただけだ」

(,,゚Д゚)「でも、さっき思い詰めた顔して校門に立ってなかった?」

川 ゚ -゚)「お前の目にはどんなフィルターがかかってるんだ」

川 ゚ -゚)「今からドクオに会いに行くんだ」

川 ゚ -゚)「思い詰める必要なんてない」

ξ*゚⊿゚)ξ「じゃあ、今日が」

(*-ー-)「プレゼント交換の日ってわけね」

川 ゚ -゚)「そういうわけだ」


235 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:40:27.34 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「…」

( ><)「…」

( ><)「げ、元気出してくださいなんです」

(,,゚Д゚)「…」

( ><)「ただの友達らしいんです」

(,,゚Д゚)「…」

( ><)「まだチャンスはあるんです」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「クーちゃん」

川 ゚ -゚)「ん? なんだ?」

(,,゚Д゚)「ドクオとはどこで会う予定?」

川 ゚ -゚)「ん? あぁ、ここからは見えんが……ラウンジ山の麓にあるちょっとした場所だ」


237 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:42:16.42 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「割と遠いな」

川 ゚ -゚)「ん? まぁそうだな」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「送っていこうか?」

( ><)「!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「だめー!!」

(;><)「ギコさん、早まっちゃダメなんです!」

(,,゚Д゚)「??」

(,,゚Д゚)「は?」


240 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:43:36.19 ID: oyZKLgJd0


( ><)「え? この想い結ばれぬなら」

ξ*゚⊿゚)ξ「いっそのこと、ふたりで死のう。 とかじゃないの?」


(,,゚Д゚)「…」

川 ゚ -゚)「全力で抵抗するがな」

(,,゚Д゚)「違うって」


241 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:45:21.65 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「早く着いたほうがいいだろ?」

川 ゚ -゚)「自分で飛んでいってもいいが…」

(,,゚Д゚)「送らせてくれ」

川 ゚ -゚)「まぁ、そこまで言うのなら」



ツカマッテネ
アァ



―ギュン!!



244 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:46:15.42 ID: oyZKLgJd0

ξ*゚⊿゚)ξ「行っちゃった…」

(*-ー-)「さて追いかけますか」

( ><)「野次馬なんです」

(*-ー-)「ふふっ、確かにそうね」

(*-ー-)「…」

(*-ー-)「ただ…」

(*-ー-)「少し気になることがあるからね」


246 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:48:18.05 ID: oyZKLgJd0



―ラウンジ山麓


ギャギャギャ―――ッ!!


(,,゚Д゚)「到着―」

川 ゚ -゚)「ふむ、ありがとう」

(,,゚Д゚)「身体、慣れてきた?」

川 ゚ -゚)「まぁな」

(,,゚Д゚)「…」


248 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:49:25.42 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「しかし、ラウンジ山の近くにこんなに良い場所があるなんて…」

(,,゚Д゚)「道案内無しじゃ、絶対分かんなかったな」

川 ゚ -゚)「私とドクオのとっておきだ」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「そっか」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「じゃ、オレは帰るわ」

川 ゚ -゚)「あぁ、ありがとう」


251 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:52:26.40 ID: oyZKLgJd0

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「クーちゃん」

川 ゚ -゚)「…ん?」

(,,゚Д゚)「帰る前にひとついいか?」

川 ゚ -゚)「いいぞ? なんだ?」

(,,゚Д゚)「気付いてないかもしれないけど…」

川 ゚ -゚)「…?」

(,,゚Д゚)「…ドクオのこと」

川 ゚ -゚)「…ドクオのこと?」

(,,゚Д゚)「あぁ、あいつは―」


254 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:54:40.28 ID: oyZKLgJd0



ガサッ



('A`)「―?」



川 ゚ -゚)「!」(,,゚Д゚)



('A`)「クー? それに……ギコさん…?」

('A`)「…」

('A`)「なんでギコさんがここに…?」



255 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:56:04.83 ID: oyZKLgJd0



―BAR:バーボンハウス店内


(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「今日は客の入りが悪いなぁ」

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「青臭い質問だったなぁ…」

(´・ω・`)「“自分がクーちゃんをどう思っているのかについて”」

(´・ω・`)「素直になれないのか……気付いてないのか……」

(´・ω・`)「青春だねぇ…」


258 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:57:25.41 ID: oyZKLgJd0

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「しかし、あのドクオって子」

(´・ω・`)「気のせいかな…」

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「前に“聞いた”ときは、NO って答えてたけど」

(´・ω・`)「まだ『時期』じゃない……とか」

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「まさかね」


260 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/29(土) 17:58:04.50 ID: oyZKLgJd0

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「雨、降りそうだなぁ」

(´・ω・`)「客が来ないはずだ…」


―曇天は雨雲を呼び、小雨は雨へ、そして雷雨へと移り変わろうとしていた



第九話了


スポンサーサイト

川 ゚ -゚)エスパークーのようです
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

選ばれし22聖のうちの一人、『波乱を呼ぶ男』の生まれ変わり

-:2007/10/01(月) 03:09:12 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。