--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.21

('A`)は案山子のようです

1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:00:18.35 ID: CoxWFsOU0
('A`)「暇だなあ」





2 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:02:28.14 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「おチュンチュンwwwおチュンチュンwww」

('A`)「そこの豚雀 誰の許可で作物を食っているんだ」

( ^ω^)「知ったことじゃねえおwww米うめえwwww」

('A`)「やれやれ」




3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:04:14.11 ID: CoxWFsOU0
('A`)「とはいっても辞めさせないとだめだよなあ」

('A`)「でも俺案山子やし 動けんし。どうしたものか」

('A`)「そんなこと言ってる間に作物が次々と・・・」




6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:05:50.74 ID: CoxWFsOU0
('A`)「ああ、人間たちが頑張って作った米が食われてゆく。スズメがおいしそうに食べている」

('A`)「米ってうまのかなあ」




7 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:09:31.39 ID: CoxWFsOU0
ξ゚⊿゚)ξ「チュンチュン」

('A`)「こりゃかわいらしい雀。メスかな」

( ^ω^)「おっおっ」

('A`)「こいつ興奮してやがる」




9 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:11:01.87 ID: CoxWFsOU0
('A`)「お、豚雀がアプローチをかけているぞ」

('A`)「おお、つっつかれてるつっつかれてる」




('A`)「これが噂のチュンデレってやつか」




11 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:13:24.02 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「いたいお」

ξ゚⊿゚)ξ「ふんっ」

('A`)「ああ、飛んでっちゃった。見事にフられたな」




12 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:15:18.46 ID: CoxWFsOU0
( ;ω;)「ウッウッッ」

('A`)「あらら、泣いちゃったよ」

( ^ω^)「米うめえwwww」

('A`)「早くも立ち直ったよ」




13 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:17:11.41 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「あんたいつもここで突っ立って何してんだお」

('A`)「仕事だ」

( ^ω^)「何もしてないのに仕事かお。楽なもんだお」

('A`)「してなくもないんだが」




15 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:19:37.25 ID: CoxWFsOU0
('A`)「主にお前たちみたいなのから米とか米とか主に米とか守るのが仕事だ」

( ^ω^)「守れてないお」

('A`)「だよなあ。でも俺動けないし」

( ^ω^)「ごはんは食べてるのかお」

('A`)「ごはん?米のことか?」




16 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:22:29.64 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「そうだお。ミミズとかも結構いけるお」

('A`)「そうはいうがなあ」

( ^ω^)「うちの親父もそうだお。あまりごはんをたべなくなってから動かなくなったお」

('A`)「そうなのか」

( ^ω^)「あれ?動かなくなってからごはん食べなくなったんだっけ?」

( ^ω^)「まあどっちでもいいお」




17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:24:13.16 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「そんなことより物は相談だお」

('A`)「一応俺はお前の敵なんだがなあ」

( ^ω^)「さっきのあの子のことだお」

('A`)「ほうほう」




19 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:27:15.84 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「もし今度見かけたら、ブーンはとってもすごいやつだって言っといてほしいお」

('A`)「自分で言えばいいだろうに」

( ^ω^)「そこをなんとか」

('A`)「まあそれくらいなら…というかお前ブーンっていうのか」

( ^ω^)「みんなそう呼ぶお」




20 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:28:56.85 ID: CoxWFsOU0
('A`)「ああ、いってしまった」

('A`)「了承してしまったがいちおうおいはらうべき相手なんだがなあ」

('A`)「まあどっちにしろ暇だったしな」




22 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:31:45.91 ID: CoxWFsOU0
('A`)「これは…仕事なのだろうか」




('A`)「おや、さっきの子だ」

ξ゚⊿゚)ξ「チュンチュン」

('A`)「おいこら、勝手に米を食うんじゃない」

ξ゚⊿゚)ξ「きゃ、びっくりした!急に声掛けないでよ!びっくりするじゃない!」

('A`)「…すんません」




23 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:34:08.38 ID: CoxWFsOU0
ξ゚⊿゚)ξ「それにしてもあんたぶっさいくね」

('A`)「いきなり失礼な雀だなあ」

ξ゚⊿゚)ξ「ほかの畑のあんたみたいのはもっとかっこうよかったわよ」

('A`)「あいにく俺はこの畑のことしか知らんのよ」




24 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:37:43.02 ID: CoxWFsOU0
ξ゚⊿゚)ξ「そうなの。もったいないわね」

('A`)「何がだ」

ξ゚⊿゚)ξ「この畑のほかにもたくさんの場所があるのにあなたはここしか知らないじゃない」

('A`)「それがもったいないというのか」

ξ゚⊿゚)ξ「そうよ」

('A`)「そうか」




25 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:41:55.29 ID: CoxWFsOU0
('A`)(ほかのばしょは、そんなにいいところなのだろうか)

ξ゚⊿゚)ξ「どうしたの?」

('A`)「俺はな、お前たちのように羽がないからとべない。足が一本しかないから人間のようにあるけない
   
   その足も地面にささえられてようやく立っていられるんだ。とてもほかの場所になんていけない」

ξ゚⊿゚)ξ「なぜ、そうなのかしら」

('A`)「さてね」




26 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:44:43.07 ID: CoxWFsOU0
('A`)「そういえば、あのブーンとか言うスズメがいるだろう」

ξ゚⊿゚)ξ「いるわね」

('A`)「あいつすごいぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「へえ、なにが?」

('A`)「…え?」

ξ゚⊿゚)ξ「だからあいつの何がすごいというの?」




27 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 02:47:23.17 ID: CoxWFsOU0
('A`)「なにって・・・ほら、すごいじゃないか…みるからに」

ξ゚⊿゚)ξ「そうかしら?たとえばどんな所が」

('A`)「え・・・と・・・ほら!あれだ!すごいデブだ!」

ξ゚⊿゚)ξ「たしかに!」

('A`)ξ゚⊿゚)ξ「あっはははははっは!!」





32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:00:31.88 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「なにかとてつもなく馬鹿にされてる気がするお」

(´・ω・`) 「ばーか」

( ^ω^)「うるさいお」


――数日後




33 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:04:32.05 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚) 「カァーカァー」

( ^ω^)「うげげ、烏だお」

( ^ω^)「かかわりたくないから僕は帰るお」

('A`)「じゃあな」

川 ゚ -゚)「カァー!」

('A`)(なんだ、俺に威嚇してるのか?)





34 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:08:14.10 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「カジカジ」

('A`)「ちょ…おまっ、噛むな!」

川 ゚ -゚)「ほう、私の姿をみて逃げないやつは初めてだな」

('A`)「流れるようなきれいな黒い羽根…間違いない、カラス…!」




36 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:10:20.51 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「面白いやつだ」

('A`)「こっちとしてはあまり面白くないぞ。見ろ、軸の棒がボロボロだ」

川 ゚ -゚)「元からだろうそれは」

('A`)「うぐぅ」




39 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:14:09.63 ID: CoxWFsOU0
('A`)「しかし、おもったより大きいな」

川 ゚ -゚)「この辺にはスズメとかの小型の動物しか生息していないからな。私は比較的大型かも知れん」

('A`)「小難しい言葉をつかうやつだ」

川 ゚ -゚)「気に食わんか」

('A`)「いやべつに」




41 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:19:48.79 ID: CoxWFsOU0
('A`)「しかし、珍しいな。カラスはこの辺では見かけなかったが」

川 ゚ -゚)「ここから太陽が昇ってから真上にくるまでの間飛ぶと人間たちの里がある私はそこから来た」

('A`)「そりゃ難儀だな。何かあったのか」

川 ゚ -゚)「私たちは人間たちの”おこぼれ”を食べて生活していたのだがそれが気に食わんらしくてな。追い出されたよ」

('A`)「難儀だな」

川 ゚ -゚)「難儀だ」




42 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:22:33.19 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「実のところ人間を出し抜いて生活することは可能だったのだ」

('A`)「ほう」

川 ゚ -゚)「しかし私は人間の里を去ることにしたのだ」

('A`)「それまたどうして」

川 ゚ -゚)「わからん」

('A`)「わからんか」




44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:25:49.59 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「私はしばらくそこの森で滞在させていただくとしよう」

('A`)「森?」

川 ゚ -゚)「お前の後ろにあるじゃないか」

('A`)「うしろ…見たことないな」

川 ゚ -゚)「難儀だな」

('A`)「難儀だ」




45 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:29:50.83 ID: CoxWFsOU0




( ^ω^)「うひひいーwwwお米おいしーwww」

(´・ω・`)「ああ、そんなに食い散らかして。また太るよ」

('A`)「済まない人間たち。俺はもう案山子として意味がないみたいだ」

('A`)「でもそれなら俺は何なんだ」

('A`)

('A`)「おれは」

( ^ω^)「何をぶつぶついってるんだお」




47 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:34:32.66 ID: CoxWFsOU0
(´・ω・`)「そういえばさいきんずいぶん遠くの人間の里から動物がきてるらしいね」

( ^ω^)「そういえば、そんなことツンがいってたお」

('A`)「そういえばあのカラスも人間の里から来たと言っていたな」

川 ゚ -゚)「そのとおりだ」

('A`)「うお、後ろから話しかけるなよ。びっくりするだろ」




48 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:37:39.66 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「ひぎぃいい!カラスだおおお!」

川 ゚ -゚)「騒々しいな、ブーンとやら。私はお前に危害を加える気はない」

( ^ω^)「ならいいお」

('A`)「いいのか」

川 ゚ -゚)「私はクーとでも呼んでくれ。里ではそう呼ばれていた」

(´・ω・`)「ぼくはショボンだよ」



('A`)「…」




51 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:40:08.50 ID: CoxWFsOU0
('A`)「やれやれここもすっかり溜まり場だな」

( ^ω^)「サーセンっすwwww」

川 ゚ -゚)「そういえば、お前には名前があるのか?」

('A`)「ない」

( ^ω^)「そいつはドクオだお」

('A`)「はぁ?」




52 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:42:49.59 ID: CoxWFsOU0
(´・ω・`)「ぼくらの間ではそう呼んでるんだよ」

( ^ω^)「おっおっ」

('A`)「ドクオ…じゃあおれはドクオだ」

川 ゚ -゚)「いいのか」




53 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:48:23.05 ID: CoxWFsOU0
ξ゚⊿゚)ξ「あら、みんな揃って何してるの」

( ^ω^)「あっツン!いまあ2wせdrft6y7  つつくなお!つつくなお!」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、あんたいきなり顔が近いのよ!」

('A`)「俺の肩の上であばれるな。きしむだろ」




57 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 03:59:54.20 ID: CoxWFsOU0
ξ゚⊿゚)ξ「へえ、人の里から逃げてきた子たちの話してたんだ」

( ^ω^)「でも不思議だお。人の里は食べ物に苦労しないわ住み家には苦労しないわでいいところって聞いてたお」

(´・ω・`)「そんなところからわざわざ来るなんて変だよね」

('A`)(そういえば人間たちはこの畑に来なくなったな)




60 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 04:05:04.69 ID: CoxWFsOU0
ξ゚⊿゚)ξ「何ひきかと話したけど、それがどうもわからないらしいのよね」

(´・ω・`)「なにがわからないんだい」

ξ゚⊿゚)ξ「なんでここに来たのかが、よ。逃げてきたっていうのが一番しっくりくるみたいよ。よくわからないけど」

('A`)「お前もそうなのか」

川 ゚ -゚)「そうだな、よくわからんが、逃げてきたという方があっているだろうな。何から逃げてきたのか、私にもわからんが」




63 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 04:08:57.23 ID: CoxWFsOU0
('A`)「人間からじゃないのか」

川 ゚ -゚)「人間も私たちを恐れたり嫌ったりはするが滅多なことで殺そうとはしない。人間を怒らせなければ実際ブーンの言う通り、住みやすいのだから」

ξ゚⊿゚)ξ「私たちを追い払うのにドクオを使うくらいだものね」

('A`)「相変わらず失礼なやつだ」




67 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 04:15:44.16 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「そうなると、僕らにはいくら考えてもわからないってことだおね」

川 ゚ -゚)「そうだな。当事者ですらわからんのだからな」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーンじゃ一生かかってもわからないでしょうけどねー!」

( ^ω^)「な、なにおー!!」

(´・ω・`)「ああ、二人ともまってよー」


川 ゚ -゚)「全く騒々しいやつらだな」

('A`)「まったくだ」




73 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 04:39:48.99 ID: CoxWFsOU0
  _
( ゚∀゚)「おんや、カラスと案山子がなかよさそうにしてるなんてめずらしい」

('A`)「やけに派手な鳥だなあ。鳥だけに色とりどり…なんてな」

川 ゚ -゚)「それでうまいこと言ったつもりか」

('A`)「なんかすみません」


  _
( ゚∀゚)「アハッハハh!色とりどりと鳥をかけたのか!!こりゃあ一本とられた!あっはあはははh!」


('A`)「……」

川 ゚ -゚)「ドクオ、その得意そうな顔でこっち見るのやめろ」




75 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 04:45:52.11 ID: CoxWFsOU0
  _
( ゚∀゚)「失礼、俺はジョルジュ長岡。俺はインコで長岡っていう人間と旅をしてたんだからジョルジュ長岡」

川 ゚ -゚)「で、そのジョルジュ長岡さんがなぜここに」
  _
( ゚∀゚)「逃げてきた」

('A`)「お前さんも原因不明の逃亡者かい」
  _
( ゚∀゚)「いんや、長岡に食われそうになってな。それで逃げてきた。まいったよあはは」

('A`) 川 ゚ -゚)「……」




76 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 04:49:38.81 ID: CoxWFsOU0
  _
( ゚∀゚)「なかなか豊かな土地だな。しばらくここに住み着くとするかねえ」

('A`)「あんた、旅をしたって言ったな」
  _
( ゚∀゚)「ああ、そうだよ」

('A`)「どんなばしょに行ったんだ?」
  _
( ゚∀゚)「そりゃあいろいろさあ。何なら今度はなして聞かせてやるよ」

('A`)「ほんとか」
  _
( ゚∀゚)「おうよ」




79 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 04:54:26.88 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「変わったやつだな」

('A`)「お前も十分変わったやつだと思うが」


('A`)「OK、おちつけ。俺が悪かったから噛まないで」

川 ゚ -゚)「それよりお前、ジョルジュの話を聞きたいのか」

('A`)「わからん」

川 ゚ -゚)「わからんか」




81 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:04:54.26 ID: CoxWFsOU0
(´・ω・`)「また住人が増えたようだね」

( ^ω^)「まあ、こちらに危害を加えて粉ければ僕は歓迎するお」


(´・ω・`)「あれ、新参を隠れ見してるのツンじゃない?」


ξ゚⊿゚)ξ「ジョルジュさんって…素敵…」



( ^ω^)「ぼくは決してやつをゆるさない!」

(´・ω・`)「はあ・・・やれやれ」




82 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:10:44.10 ID: CoxWFsOU0
  _
( ゚∀゚)「・・・で、一週間後そこには元気に走り回るジョンの姿が!」

('A`)「なるほど!」
  _
( ゚∀゚)「ありゃ、もうこんな時間か」

ξ゚⊿゚)ξ「ええー、もうおわりー?」
  _
( ゚∀゚)「ごめんな嬢ちゃん。また今度な」

(#^ω^)「・・・・・・」




85 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:14:20.20 ID: CoxWFsOU0
ξ゚⊿゚)ξ「あら、ブーン。不機嫌じゃない。何かあったの?」

(#^ω^)「なんでも・・・ないお」ビキビキ

ξ゚⊿゚)ξ「そうは見えないんだけど・・・」

( ^ω^)「もう・・・帰るお」


ξ゚⊿゚)ξ「?」

('A`) 川 ゚ -゚)「難儀だな」

ξ゚⊿゚)ξ「??」




86 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:20:53.40 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「ジョルジュ」
_
( ゚∀゚)「ん?クーさんか」

川 ゚ -゚)「インコとは人語を解するという」
_
( ゚∀゚)「まあね」

川 ゚ -゚)「お前は人間と意思疎通が可能なのか?」
_
( ゚∀゚)「やけに難しい言葉をつかうねえ」

川 ゚ -゚)「どうなんだ」
_
( ゚∀゚)「まあすこしなら」



91 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:26:18.64 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「そうか・・・ありがとう」
_
( ゚∀゚)「いや、なんの」



_
( ゚∀゚)「いっちまったか」

_
( ゚∀゚)「あの話し方がクーさんの距離の取り方なのかもなあ」

_
( ゚∀゚)「難儀なことだ」




92 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:29:18.15 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「他種との意思疎通…鳥と人間の間には成立する。なら鳥と案山子の間にも意思疎通は成立するのだろうか」

川 ゚ -゚)「わからない」

川 ゚ -゚)「・・・・」

川 ゚ -゚)「・・・・わからない」




94 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:30:38.93 ID: CoxWFsOU0
('A`)「今日は雨か」

('A`)

('A`)「雨かあ」

('A`)

('A`)「暇だな」



96 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:35:27.10 ID: CoxWFsOU0
(´・ω・`)「あめだ」

( ^ω^)「これじゃあドクオのところいけないお」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね」

(´・ω・`)「ドクオ・・・ひとりぽっちのドクオ」

( ^ω^)「それはぼくがつけたあだ名だお」

(´・ω・`)「ドクオは今さみしいのかな」




97 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:36:35.72 ID: CoxWFsOU0




その夜のことだった。





98 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:40:35.08 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「な、なんだお!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「きゃああ!」

(´・ω・`)「地面が・・・ゆれてる!?」



大雨大風に加え


地震が起こった


震源地は


人間の里




103 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:45:59.62 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「ゆれは・・・治まったか」

川 ゚ -゚)「しかしこの風この雨ではしばらく動けないな」




  _
( ゚∀゚)「おさまったかあ」
  _
( ゚∀゚)「なんかいか地震にあったことがあるがこれはでかいな」



  _
( ゚∀゚)「・・・」




104 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:50:21.27 ID: CoxWFsOU0
夜が明ける

太陽があらしの終わりを告げ、辺りを照らす

  _
( ゚∀゚)「こりゃ・・・ひどいな」
  _
( ゚∀゚)「ん?ありゃウミネコさんじゃないか。なぜこんなところに」


(,,゚Д゚)「あわわわ」
  _
( ゚∀゚)「おまけにあんなに慌てて」




106 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 05:58:03.58 ID: CoxWFsOU0
(,,゚Д゚)「へ?インコ?なんでこんなところに」

  _
( ゚∀゚)「あんたも相当場違いだと思うが」
  _
( ゚∀゚)「何があったか詳しくおしえてくれや」

(,,゚Д゚)「おれもなにがなんだか・・・。台風が来るってんでよそからたくさんの人間が避難してきてたんだが

    来たんだが・・・」

(,,゚Д゚)「いきなり地面が怒り出してな・・・そりゃひどいもんだったよ。地面は割れるわ人間の家は壊れるわ。

    それで火がついて里ごと焼けてるんだよ・・・」

  _
( ゚∀゚)「こっちはまだましな方か・・・」




108 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:00:55.03 ID: CoxWFsOU0
('A`)「ああ」

('A`)「あれが空かあ。見上げてみると高いもんだな」

('A`)「あれが森か」

('A`)「あそこにみんないるんだな」

('A`)「しかしまいった」




('A`)「体がバラバラになっちまった」




109 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:04:34.91 ID: CoxWFsOU0
( ^ω^)「ドクオがいないお!」

(´・ω・`)「かぜで飛ばされちゃったのかな」


ξ゚⊿゚)ξ「あ!こっちにいるわよ!」



ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・・」


('A`)「よう三馬鹿スズメ」




110 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:06:58.09 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「ドクオ・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、クーさん」

('A`)「とうとう姿かたちまで案山子じゃなくなっちまった」

川 ゚ -゚)「大丈夫なのか」

('A`)「そうみたいだ」





111 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:10:20.65 ID: CoxWFsOU0
  _
( ゚∀゚)「長岡から聞いたことがあるな」

  _
( ゚∀゚)「人間以外の動物は危険を嗅ぎつけるのうりょくが強いって」

  _
( ゚∀゚)「謎の逃亡者のしょうたいはこれか」




113 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:12:27.08 ID: CoxWFsOU0
「そう、そのとおりだジョルジュ」

  _
( ゚∀゚)「あんたは」




115 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:17:55.16 ID: CoxWFsOU0
('A`)「いがいと悪い気分じゃない」

('A`)「今まで見れなかったものも見れるしな」

('A`)「しかしもうみんなが俺の肩にとまることもないのはうれしいようなさみしいような」

川 ゚ -゚)「わたしが噛んだりしたから・・・折れてしまったのか」

( ^ω^)「ぼくたちがつついたから布がはげてしまったのかお」

ξ゚⊿゚)ξ「わたしがドクオの上で暴れたから紐ゆるんでしまったの?」

(´・ω・`)「ぼくが・・・」

('A`)「ちがうぞ」




116 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:20:48.51 ID: CoxWFsOU0
('A`)「たしかにおまえらにやられた傷は億千万」

('A`)「でもそれがあってもなくても今日俺は壊れただろう」

('A`)「頭だけになってしまったが、作物はだめになってしまったが、案山子じゃなくなったが俺はドクオになれたよ」

('A`)「ありがとう」





118 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:24:19.48 ID: CoxWFsOU0
  _
( ゚∀゚)「ドクオさん」

('A`)「ジョルジュか」
  _
( ゚∀゚)「やっぱり壊れちゃったか」

('A`)「軽量化だ」



('A`)「ところでそこの人間は誰だ}




121 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:26:57.26 ID: CoxWFsOU0


人間「―――――-」
  _
( ゚∀゚)「―――――」

人間「―――――――」
  _
( ゚∀゚)「無理なダイエットはいかんですよ、と彼が」

('A`)「余計な御世話だ。というかだから誰なんだ」




125 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:33:17.73 ID: CoxWFsOU0
  _
( ゚∀゚)「俺の主、長岡さ」

('A`)「なに?」

('A`)「どうしてここに」

  _
( ゚∀゚)「いやね、長岡は俺が逃げた後しばらく人間の里にいたらしいんだけどおいだされたんだと。

     それで流れ流れてそこの人間の集落まできたら誰もいない。しめしめと思ってそこで飯を食い今日まで暮らしてたんだと」

('A`)「最低だな」

  _
( ゚∀゚)「ああ最低だね」




126 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:40:07.98 ID: CoxWFsOU0
('A`)「いつの間にか三馬鹿スズメがいないな」

  _
( ゚∀゚)「無理もない、人間が近づいたんだもの」
  _
( ゚∀゚)「クーさんは逃げてないみたいだけどね」

川 ゚ -゚)「・・・・・・まさかそいつ私らを食べるとか言わんだろうな」
  _
( ゚∀゚)「――――――?」

長岡「――――www」
  _
( ゚∀゚)「カラスは美味しくないから食べないよwwwwと彼が」

長岡「―――――」
  _
( ゚∀゚)「でもインコは美味しんだよね、と彼が」
  _
( ゚∀゚)「ってうわあああああ!」





132 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:47:12.99 ID: CoxWFsOU0
('A`)「で、その人間さんは俺に何か用なの」

  _
( ゚∀゚)「ドクオさん。今あなたに3つ選択肢がある。一つは長岡に頼んであなたを修理してもらいまた案山子として生活する。
     
     もう一つはこのままの状態で生活する。二つとも今までとそう大差ない生活ができるとおもう」

('A`)「もう一つは」



長岡「――――――」
  _
( ゚∀゚)「長岡はドクオさんに興味を持っている。一緒に旅をしないか、と言っている」





134 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 06:52:25.56 ID: CoxWFsOU0
川 ゚ -゚)「まってくれ」
  _
( ゚∀゚)「ドクオさんを引き留めるの?クーさん」

川 ゚ -゚)「・・・・・・」
  _
( ゚∀゚)「いや、ちがうか」


  _
( ゚∀゚)「―――――」

長岡「―――――」

('A`)「・・・・・・」

長岡「―――――」

( ゚∀゚)「―――――」




137 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 07:00:37.93 ID: CoxWFsOU0
女学生「ああ、長岡教授。生きてたんですか?」

長岡「ひどいなあ。そういう言い方ってあるかい?」

長岡は長い旅を終え、自らの研究室を構える大学へと帰ってきていた。

女学生「だって、例の大地震のあったころその周辺にいたらしいじゃないですか」

長岡「ああ、その時運よく東京を離れていたからね。何とか無事だったよ」





139 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 07:02:54.99 ID: CoxWFsOU0

女学生「ジョルジュちゃんも元気ですか」

長岡「もちろんだとも」

女学生「教授のことだから食べたと思いましたよ」

長岡「ははは。一回逃げられたよ」

女学生「・・・・・・」





141 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 07:07:26.72 ID: CoxWFsOU0
女学生「ジョルジュちゃんひさしぶりー」

インコ「オッパイ!オッパイ」

女学生「相変わらずのセクハラっぷりだねー・・・それと」

女学生はジョルジュの籠の隣にいるおとなしい聡明そうなカラスに目をやる。

長岡「ああ、その子はあたらしい旅の仲間さ」

カラス「…・・・」




143 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 07:13:14.54 ID: CoxWFsOU0
そして無造作にリュックに刺されたバスケットボール大の球体。

そこには不細工な顔が描かれていた。

女学生「これはなんです?」

長岡「私の旅仲間、案山子のドクオ君だ」

そういいながら恭しく顔の描かれた汚い布を外す。

外された九体から黒ずんだわらが露出する。

女学生「それどうするんです?」




145 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 07:18:57.91 ID: CoxWFsOU0
長岡「僕の旅は終わった。でもドクオ君の度は終わらない」

そういうと長岡はカラスの首にスカーフのようその布をに巻きつけた。

そのあとジョルジュとカラスが向きあいくちばしを動かした。

まるで言葉を交わすかのように。

そのあと、ぴょんぴょんとあいている窓まで移動し、こちら向いた。


静かに短くカァ、と啼き


窓から 飛び立っていった。



146 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/10/21(日) 07:22:03.39 ID: CoxWFsOU0


女学生「教授、今回はどこへいかれたんですか?」

カラスが見えなくなるまで送った後、長岡が振り返る。



長岡「話して聞かせよう。長くなるぞ」




庭では三羽の雀が無邪気そうに戯れていた。





end





スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

イイ!

-:2007/10/21(日) 12:41:38 | URL | [編集]

乙カレー

-:2007/10/22(月) 20:51:10 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。