--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.12

川 ゚ -゚)エスパークーのようです 番外編1

335 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:51:23.16 ID: /JHnIuoH0

エスパークス、エスタークじゃねぇのかよ!
という人のための登場人物紹介

川- -)

(*- -)

(*゚v゚)         kids

(-ゝ-)

(・< ・)

(・A・)




336 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:52:22.40 ID: /JHnIuoH0



―その日




(*- -) 姉妹は、初めて顔を合わせ (*゚v゚)


(-ゝ-)兄弟は、いつものように流石を求め(・< ・)


(・A・) 男の子と女の子は、ヒミツの場所で出会った 川- -)





そう

これは、今から10年前のお話




338 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:52:56.30 ID: /JHnIuoH0



川 ゚ -゚)エスパークーのようです

    -番外編第一話:10-





341 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:54:57.41 ID: /JHnIuoH0



(*- -)「……」



ここはどこだろう

さっぱり分からない

随分と遠くまで来た気がする

車椅子の自分が 遠く といっても、たがが知れているだろうが

元よりほとんど外出しない私にとって

外界は未知の場所といっても、過言ではない


詰まるところ、私は迷子になっていた



あぁ、なんでこんなことになったんだろう…






343 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:56:35.67 ID: /JHnIuoH0




(*゚v゚)「Hi! My name is TWO!」

(*- -)「…」


開口一番、彼女はフレンドリーに握手を求めてきた

見えはしないが、大体分かる

“色視”を使わなくとも、雰囲気で察することが出来る


そうやって人の“顔色”を伺いながら生きてきた

苦笑いしながら、手を差し出す





344 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:57:27.06 ID: /JHnIuoH0


(*゚v゚)「~~! ~~♪」


ぎゅっと握手を交わす

痛い

が、彼女は喜んでるようだ

綺麗な声

外国の言葉というのが、また神秘的だ


彼女は私の姉、…らしい

名前は『つー』


ずっとアメリカに住んでいて、今回研修で日本にやって来た

ほんの一週間程度だが、こちらに滞在するようだ





345 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:58:42.27 ID: /JHnIuoH0


(*゚v゚)「~~~♪」


まだ喋ってる

適当に相槌を打って、笑顔を作る


うるさいぐらい元気な人だな


私の彼女に対する第一印象は、こんな感じだった

実の姉と対面するのは初めてだが、私はちっとも嬉しくなかった





347 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 22:59:40.93 ID: /JHnIuoH0




(*- -)、「はぁ…」


正に途方に暮れる

どうすればいいんだろう


ちょっと泣きたくなってきた

人に道を聞けばいいのだが、外の人は怖くてそれが出来ない

施設内の人間としか話したことがないのだ

声を掛けてもらえれば話せるかもしれないが、私から話しかける勇気はなかった





348 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:01:28.10 ID: /JHnIuoH0


そんな時、誰かが近づいてくるのが分かった


二人のようだ

一人が私に声を掛けてきた








「その車、くれ…!!」









350 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:03:22.24 ID: /JHnIuoH0




(;- -)「はぁ…はぁ…」


必死に車椅子を漕ぐ

胸が苦しい、顔が熱い

でも、止まれない


さっきの二人組は私から車椅子を奪おうとしている


なんで?

考えても分からない

ただ、身の危険を感じて逃げる




353 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:05:15.35 ID: /JHnIuoH0



―ガッ



“何か”に引っかかって急に車輪が止まる

私は勢いを殺せず、前へ投げ出された


(メ- -)「……かはっ」



全身に衝撃が走る




痛い 痛い 痛い 痛い 痛い


なんで? 何に転んだ?


引っかかるというより“何か”が絡まったような感じだった

いや、そんなことより早く逃げないと…



355 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:07:26.95 ID: /JHnIuoH0



混濁する意識の中で、何かを一生懸命考えていた


それは何だったのかは、もう分からない

私の意識はぐちゃぐちゃなまま、地面に滲みていくように落ちていった




―――
――







357 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 訂正 投稿日: 2007/11/10(土) 23:09:22.60 ID: /JHnIuoH0



混濁する意識の中で、何かを一生懸命考えていた


それは何だったのかは、もう分からない

私の意識はぐちゃぐちゃなまま、地面に滲みむように落ちていった




―――
――






358 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:10:17.86 ID: /JHnIuoH0




―時間は少し遡る


ラウンジ山の麓を歩く人影が一つ

人影の“人の方”は幼い頃の兄者

足取り軽く、山の麓のヒミツ基地へと向かっていた



(-ゝ-)「オーレーは兄者♪ ガキ大将~♪」

( < )「いや、どっちらかというと下っ端でしょ?」

(-ゝ-)「なんだとー、弟者」

(-ゝ-)「弟者のくせに、なまいきだぞー!」

( < )「ジャイアン乙」





360 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:11:14.16 ID: /JHnIuoH0


“影の方”は弟者

軽口を叩きながらも、しっかりと兄者の手を握り

彼の影に寄り添うようにして歩いていた



(-ゝ-)「おぉ! 見えてきたぞ、我れが基地が!」

( < )「相変わらずのボロ小屋だけどね」

(-ゝ-)「何を言うか! だが、それがいい」

( < )「花の慶次乙」




364 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:15:57.69 ID: /JHnIuoH0


彼らはそのボロ小屋で暮らしていた

物心付いた頃には、すでに二人きりだった

施設に保護されたことは何度かあった

しかし、その度に問題を起こして、最終的には脱走した


大人の助け無しで生きていくには、あまりにも厳しい世の中だったが


二人には『不思議な力』があった



(-ゝ-)「さて、……ん?」

( < )「どうした、兄者?」

(-ゝ-)「……」


(-ゝ-)「あそこ、女の子がいる」

( < )「女の子?」




367 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:18:34.75 ID: /JHnIuoH0



―視線を移す

―そこには、顔を埋めて泣いてる女の子が一人



川  )「ぐっす……ひっぐ…」

川  )「…ひっ…ひっ………」

川  )「ひっく……ぐす……」




(-ゝ-)「泣いてるぞ…」

(;-ゝ-)「ど、どうする? 弟者?」

( < ;)「いや……どうする、って言われても…」





369 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:21:46.08 ID: /JHnIuoH0


(-ゝ-)「これはフラグかもしれんぞ」


(-ゝ-)「…弟者」



( < )「だから、なんでボクなんだよ」

( < )「大体、ボク透明なままだし」

(;-ゝ-)「っうぇ。じゃあ、オレなのか?」


( < )「頑張れ、兄者」

( < )「可愛いかもしれないよ。顔は見えないけど」

(-ゝ-)「…そうか、そうだな。お兄ちゃん、頑張る!」

( < )「キメェ」




370 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:23:38.71 ID: /JHnIuoH0


(-ゝ-) ドキドキ

( < )「早く行きなよ」

(-ゝ-)「いや、ちょっと心の準備がだな…」

( < )「…もう10分以上経つよ」

(-ゝ-)「…ぃよし!! 行くぞ!!」





川  )「………ひっ…ひぐっ…」


川- -)「…………だぁれ……?」





(;-ゝ-)「…!!」

( < ;)「…バレた!?」





371 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:24:57.91 ID: /JHnIuoH0






―ガサッ

(・A・)「……お、お前こそ、だれだよ」








(-ゝ-)「!?」

(-ゝ-)「はぁ!? 誰だ、あいつ!?」

( < )「バカっ、兄者隠れて…!!」




-ゝ-))「ムギュー!!」




373 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:26:15.95 ID: /JHnIuoH0



< )「…」

< )「あれは…。最近、基地の近くによく来てるヤツだね」

ゝ-)「なんだ、あいつ!! オレのタゲだぞ!!」

< )「…」

< )「しっ。黙ってて、兄者」

ゝ-)「…むぅ」



374 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:27:28.95 ID: /JHnIuoH0



川- -)「…」

(;・A・)「く、暗いね」

川- -)「……よく言われる」

(;・A・)「あ、いや、空、そらそらそら!」

川- -)「…あ、ごめん」

(;・A・)「今日は、く、くもってるなー」

川- -)「…うん」

(・A・)「…」

川- -)「…」





ゝ-)「なんか、いいフインキだぞ!!」

< )「そうかな…?」




377 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:30:05.17 ID: /JHnIuoH0


ゝ-)「うぬぬぬ、おのれ~」

< )「…男の嫉妬は醜いよ」

ゝ-)「うるさい!」


< )「…」

< )「じゃあ……邪魔、しちゃう?」


ゝ-)「!」

ゝ-)「弟者、お前…」

< )「いや、楽しそうだなーって」

ゝ-)「…」

< )「…」

ゝ-)「流石だな!」

< )「だね!」




379 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:31:20.31 ID: /JHnIuoH0


ゝ-)「で、どうする?」


< )「それじゃあ、まずボクから行く」

< )「最初に、声だけで脅かしてみるよ」

ゝ-)「その後に、オレだな」

< )「うん」

< )「思い切りやっちゃって、いいんじゃないかな」

ゝ-)「うひひひひひwww お主もワルよのう」

< )「…別に」


ゝ-)「…」

< )「…」

ゝ-)「そこはノれよ」




381 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:34:31.94 ID: /JHnIuoH0

ゝ-)「やるか…」

< )「うん」

< )「じゃあ、行く―――」




―弟者が飛び出そうとした、その時



リдリ「ぬばぁ」




― 二人の目の前に、化け物が現れた





(;-ゝ-)「ほぎゃああああああああ!!!!!」( < ;)






383 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:35:59.76 ID: /JHnIuoH0


リдリ「……」


リд リ「…」

リ дリ「…」


リдリ「また、変なとこに出ちゃった~…」

リдリ「…」


リдリ「あれ? さっき誰かいたような~…」

リдリ「また、私を見て逃げたのかな…」

リдリ「…」

リдリ「帰らないと~…」




388 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:46:34.48 ID: /JHnIuoH0


(・A・)「…」

川- -)「…」

(・A・)「…(今、何か悲鳴が聞こえたような…)」

川- -)「…」

(・A・)「あ」

川- -)「…?」

(・A・)「いや、なんでもない」

川- -)「…そう」

(;・A・)「(か、帰りたい)」




392 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:56:52.59 ID: /JHnIuoH0



山道を駆け下り、田舎道を突っ切り、ひたすら走る流石兄弟

二人とも“何か”から逃げるように、走り続けていた



―ダダダダダダッ



(;-ゝ-)「ひぃひぃ」

(; < )「ふぅふぅ」


(;-ゝ-)「…見た?」

(; < )「見た」

(;-ゝ-)「なんだ…あれ…」

(; < )「分かんない」




393 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:57:42.24 ID: /JHnIuoH0


(;-ゝ-)「ひぃひぃ……あの山にあんな化け物がいるなんて…」

(; < )「ふぅふぅ……もうあの基地は使えないね…」


(;-ゝ-)「追ってきてるか?」

(; < )「分かんない」

(;-ゝ-)「もし、追いつかれたりしらた…?」


(; < )「……たべられる、とか…」




(;-ゝ-)「やだああああああああ!!!!」(; < )




394 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:58:24.63 ID: /JHnIuoH0



―ダダダダダダダダッ



(;-ゝ-)「ひぃひぃ」

(; < )「ふぅふぅ」


(;-ゝ-)「ん?」


(-ゝ-)「待て、ストップ」

(; < )「はぁはぁ……どうしたの…?」

(-ゝ-)「あれ…」

( < )「…?」




395 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/10(土) 23:59:32.52 ID: /JHnIuoH0





(*- -)、「はぁ…」





( < )「…女の子?」

(-ゝ-)「ちげーよ!! あれ!! あの車輪が付いてるヤツ!!」

( < )「車輪、って」


( < )「…車椅子?」

(-ゝ-)「そう、それだ!!」

( < )「え? 何が?」

(-ゝ-)「“車”なんだろ!? あれがあれば、走るより早く逃げれる!!」


( < )「え」




397 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:00:25.68 ID: i2FlCDyL0


( < )「そうなの…?」

(-ゝ-)「走るよりマシだろ!!」

( < )「違うと思うけど…」

(-ゝ-)「あの化け物に食べられてもいいのかよ!!」


( < )「うっ……」

(-ゝ-)「やるぞ…」

( < )「―分かった」







「その車、くれ…!!」






400 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:02:18.89 ID: i2FlCDyL0




―ダダダダッ



(-ゝ-;)「まさか逃げるとは…」

( < ;)「…いきなり“くれ”は、ないよ」

(-ゝ-;)「そうか?」

( < ;)「うん」


(-ゝ-;)「…げふぅげふぅ」

( < ;)「…はぁはぁ」

(-ゝ-;)「もう、走れない」

( < ;)「……ボクも限界…」




401 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:02:59.02 ID: i2FlCDyL0


(-ゝ-;)「…もういい、“あれ”で捕まえる」


( < ;)「…」

( < ;)「…兄者、上手く使えないでしょ?」

(-ゝ-;)「諦めたら、そこで試合終了ですよ」


( < ;)「…走るの諦めてるじゃん」





402 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:03:49.65 ID: i2FlCDyL0




(- -;)「はぁはぁ…!!」




―ギュルン!!


―“何か”が、車椅子の車輪に絡まる

―しっかりと巻きついた“それ”は車椅子を急停車させた




Σ(- -*)「――っ!?」



―ガッ



(メ- -)「……かはっ」




404 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:05:26.46 ID: i2FlCDyL0


(-ゝ-)「やったぞ! 弟者!!」

( < )「珍しい…」

(-ゝ-)「さぁ、車椅子をもらうぞ!」


( < )「…」

(-ゝ-)「どうした…?」

( < )「ボク達、悪役みたいだね」

(-ゝ-)「…」


( < )「これは、あんまり“流石”じゃないね」

(-ゝ-)「…」

( < )「…」




405 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:07:36.05 ID: i2FlCDyL0


(-ゝ-)「…」

( < )「…」



(-ゝ-)「そんなん知るか! オレは自分が可愛い!!」



( < )「…」

( < )「…“流石”だね」




407 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:09:09.21 ID: i2FlCDyL0


(-ゝ-)「そういうわけで、オレはこの車椅子で逃げるぜ!!」

( < )「…」

(-ゝ-)「化け物に食われるなんて、まっぴらゴメンだからな!!」

( < )「…」


( < )「…死亡フラグの匂いが……」









「―あぁ、死んでもらうぜ」





408 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:10:09.52 ID: i2FlCDyL0




―ムンズッ




(, Д )m
/  (-ゝ-)「…!!」




( < ;)「兄者…!!!」




そこに現れたのは、一人の少年

少年は兄者の首根っこを掴むと、高く吊るし上げた




409 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:11:08.23 ID: i2FlCDyL0


(, Д )「よくもまぁ、やってくれたもんだ」

(;-ゝ-)「むぐっ…」


(, Д )「…」

(, Д )「“ウチの”に手を出して、ただで済むと思うなよ」

(;-ゝ-)「…むぅ」

(, Д )「…」

(;-ゝ-)「…こ、の!!」




吊るし上げられた兄者が反撃に移る

しぃの車椅子に絡みついた“何か”が、少年の手首を締め上げる




(, Д )「!?」




410 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:12:07.16 ID: i2FlCDyL0



(, Д )「ぐっ…!!」



少年の手の力が緩み、兄者は解放される

それと同時に、日が沈みきり、黄昏が夜へと移り変わる




―シュオオオオオオ



( ゝ )「―!」


( ゝ )「…」

(・< ・)「日が、暮れちゃったね」



413 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:14:54.99 ID: i2FlCDyL0

(, Д )「…?」

(, Д )「…なんだ? さっきのヤツはどこに行った?」

(, Д )「それにお前は…」


(, Д )「…」

(, Д )「さっきのといい、“お前ら”もしかして“エスパー”か?」




( ゝ )「え、何?」

(・< ・)「エスパー?」




417 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:21:08.71 ID: i2FlCDyL0


(, Д )「…」

(, Д )「…やっぱ、“いる”な。消えてるわけじゃねぇ」



(・< ・)「…!」

( ゝ )「ズルっ…!」



(, Д )「ズルくて結構」

(, Д )「…」

(, Д )「んなことより、だ」

(, Д )「――ガキ共、お仕置きの時間だ」




419 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:24:07.57 ID: i2FlCDyL0




(メ- -)「…う…んっ」


―ガッ!

(メ- -))「―っ!!」



意識を取り戻すと同時に、私は再び衝撃に襲われた



421 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:25:21.74 ID: i2FlCDyL0



(*;v;)「~~~!!!」


思わず身が強張るが、何のことはない

つーが泣きながら私を抱き締めていた

だから、痛いって



(メ- -)「…」



あの二人組みはどうしたのだろう…

車椅子を欲してたが、それは今、私が腰掛けている

この人が座らせてくれたのだろうか



(メ- -)「…」



422 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:27:03.08 ID: i2FlCDyL0


すごく怖かった

知らない場所で、知らない人に襲われた

今、思い出しても身体が震える



でも、その恐怖はこの人が取り払ってくれたみたいだ

安心感からか、思わず涙が出た



(メ; ;)「…!!」



その後は、わんわん泣いた


つーも泣いていたので、二人で泣いた

泣いて、泣いて、泣いて、また泣いて

そうしたら、ちょっぴり気持ちが晴れた気がした


427 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:29:45.01 ID: i2FlCDyL0



(*;v;)「~~~!!!」



つーはまだ泣いていた

泣きながら何か言っている

こんなことなら、ちゃんと英語を勉強しておけば良かった



(*- -)「…」

(*- -)「…よしよし」

(*;v;)「~、~~」



つーの頭を優しく撫でる

これじゃ、どっちが上か分からない


428 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:31:00.28 ID: i2FlCDyL0



(*- -)「…」



―この人はいい人だ


それは最初から分かっていた

でも、いきなり『お姉ちゃん』だと紹介され

訳の分からない言葉で馴れ馴れしく接してくる人を、正直好きになれなかった



それは、たぶん嫉妬

同じ姉妹なのに、あまりに違う

それが悔しくて、そんな自分が惨めで、……堪らなかった



434 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:44:50.31 ID: i2FlCDyL0

いらいらしていた私は、話かけてきた彼女を突き飛ばしてしまった

彼女は体勢を崩したままテーブルに突っ込んだ

場の空気が、変わる

私は、衝動的に飛び出した



でも、彼女は


私を助けてくれた

私の無事を喜んでくれた


―何より、一緒に泣くことができた



言葉も通じない異国育ちの彼女を、誰より身近に感じた

私と変わらないな、と少し頬が緩んだ

同じ匂いを感じさせる彼女の抱擁は、心地よかった

…少し、力強いが



435 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:48:49.39 ID: i2FlCDyL0


(*- -)「…」

(*- -)「“お姉ちゃん”」

(*- -)「…ありがとう」



通じるわけはないと思いつつも、日本語でお礼を言う

こっちの方が気持ちが伝わる気がした


そんな意図を汲み取ってくれたのか

“お姉ちゃん”は (*^v^)『Hi♪』 と笑顔で答えてくれた



437 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:50:35.50 ID: i2FlCDyL0




―その後の一週間、私は“お姉ちゃんのお守り”という地獄を味わうことになるのだが

―その分、お姉ちゃんのことがよく分かったので良しとする






― 一週間後

―また会う約束とこっそりメールアドレスの交換をして、お姉ちゃんと別れる

―『ニホンゴ、勉強する』と、言っていたが本当かどうかは分からない




―今度会うときは、私から抱きしめてやろうと思う

― …

― …無理かもしれないけど



439 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:53:28.14 ID: i2FlCDyL0




―夜道に怪しげな影が一つ

―その頭には大きなたんこぶを、こさえている

 
 ⌒
(・< ・)「痛い…」

 ⌒
( ゝ )「…いてぇ」

 ⌒
(・< ・)「…強かったね、あの人」

 ⌒
( ゝ )「…あぁ」

 ⌒
(・< ・)「…『流石』、だったね」

 ⌒
( ゝ )「……そうかもな」



440 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:54:28.46 ID: i2FlCDyL0


 ⌒
(・< ・)「化け物はどこに行ったんだろうね」

 ⌒
( ゝ )「ラウンジ山にいるんじゃね?」

 ⌒
(・< ・)「…新しい寝床、探さないとね」

 ⌒
( ゝ )「…あぁ」

 ⌒
(・< ・)「…」

 ⌒
( ゝ )「…」


 ⌒
(・< ・)「…」

 ⌒
( ゝ )「いてぇ」




442 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/11/11(日) 00:58:27.18 ID: i2FlCDyL0



―数年後、流石兄弟は少年に再び戦いを挑む

―結果は、悲惨なもので、またこてんぱんに負けてしまう

―ただ

―この戦いで兄弟は“あること”を確信する





『この人は、“流石”だ』



―その後、兄弟は少年に弟子入りを申し込むのだが

―それはまた、別のお話



番外編第一話了
スポンサーサイト

川 ゚ -゚)エスパークーのようです
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。