--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.22

( ^ω^)は空気が読めるようです その2

146 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 13:58:52.85 ID: iiCUC8ADO

今日から高校生活が始まる。
( ^ω^)「今日から高校だお。女の子といちゃいちゃするおwwwwwwうはwwww夢が広がりんぐwwwwww」
家から数キロ離れた学校まで自転車で通う。
( ^ω^)「行ってくるお!!!」
⊂二二二( ^ω^)二二⊃ブーン
手放しでこぐ。
こける。

( ^ω^)「くそ。誰だお。こんなとこに石を置いたやつは!!」


148 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:03:16.61 ID: iiCUC8ADO


十数分かけて学校につく。
クラスが乗ってる紙がある。
( ^ω^)「僕のはどこかお?お。あったお。」
一年四組
0内藤ホライゾン










( ^ω^)「0!?そんな出席番号初めてみたお…。0…。でもなんかかっこいいお。」
一年四組の教室に向かう。
まだ生徒が数名いるだけ。
ちょっと早く来すぎたみたいだ。
「おい。」
ドアでつったっていると後ろから声をかけられた。


149 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:08:06.18 ID: iiCUC8ADO

('A`)「おい。ちょいどいてくれ。通れないんだが。」
( ^ω^)「お。すまんお。」
中に入り道を開ける。
('A`)「わりぃな。」
( ^ω^)「こっちこそだお。」
('A`)「俺はドクオってんだ。お前は?」
( ^ω^)「僕は内藤ホライゾンだお。ブーンでいいお。」
('A`)「把握した。」
自分の席を探す。
しかし、見当たらない。
('A`)「どうした?ブーン。」
(;^ω^)「僕の席がないお。」
('A`)「んなわけねぇだろ。」
ドクオが一緒に探してくれる。
しかし見当たらない。
('A`)「ないな…。」


153 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:13:59.40 ID: iiCUC8ADO

クラスを確認する。
あってる。
既に座っている人の机も確認する。
ない。
( ^ω^)「なんでないんだお?」
('A`)「さぁ。わかんねぇ。」
探してから結構時間がたったらしく席が全部うまっている。
チャイムがなる。
( ^ω^)「ちょwwwwww席ねぇおwwwwww」
とりあえず後ろのロッカーの前にたつ。
先生が入ってくる。
\(^o^)/「皆おはよー。おや?君は…。」
( ^ω^)「内藤ホライゾンですお。ブーンでいいですお。」
さっき言った言葉を復唱する。
\(^o^)/「どうしてたってんだ?はよ席座れカス。」
(;^ω^)「席がないですお。」
\(^o^)/「ここにあんじゃねぇか。お前の目は節穴か?お前は節穴か?」



157 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:18:36.92 ID: iiCUC8ADO

先生が指を指す。
先は────
( ^ω^)「ちょwwwwwwマジスかwwwwww」
教卓の横のあまりの机。
見ていると先生が名前を書きだす。
「ブーン」適当すぎだろ…。
\(^o^)/「おら。あんじゃねぇか。座れカス。」
( ^ω^)「…。」
('A`)『wwwwww』
溜め息をつきながら席につく。
席についてから気付く。
( ^ω^)「先生。これじゃ黒板が見えませんお。」
\(^o^)/「知らん。」
( ^ω^)「…。」
('A`)『wwwwww』


160 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:22:26.09 ID: iiCUC8ADO

( ^ω^)『どうすんだよこれ…無理だろ…。何で皆こっち見てんだよ…。』
\(^o^)/「まぁ、今日からおま…君達も高校生だ。粗そうのないように頼むぞ。」
( ^ω^)『声ちけぇ。』「先生。」
\(^o^)/「なんだ。フン。」
( ^ω^)「フンじゃないお。ブーンだお。」
\(^o^)/「どっちでもいい。なんだ?」
( ^ω^)「なんで僕の出席番号0なんですかお?」



162 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:27:00.50 ID: iiCUC8ADO

('A`)『まだ君がボウヤだからさ。とかいったらおもしれぇwwwwww』
\(^o^)/「まだ君がボウヤだからさ。」
( ^ω^)「…。」
('A`)『終わっとる。』
\(^o^)/「冗談だ。特に意味はない。」
( ^ω^)「でも他のクラスは0とかなかったですお。」
\(^o^)/「いちいちうっせーんだよ。」
( ^ω^)「…。」
\(^o^)/「はい。じゃあ今日から早速授業あるから。教科書とか持ってきただろうなぁ。」
一同「はーい。」「持ってきてまーす。」


165 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:33:22.98 ID: iiCUC8ADO

(;^ω^)「教科書貰ってないですお…。」
\(^o^)/「馬鹿か。ぷりんとに書いてただろうが。」
(;^ω^)「え…?」
\(^o^)/「ここよくみろ。」
おもむろに顕微鏡を取り出す。
プリントの隅の方を写す。
\(^o^)/「おら。見ろ。」
( ^ω^)「え…。なんか書いてるお。」
登校日初日から授業があります。
教科書、筆記用具を忘れないように。
あと、お弁当の用意をお願いします。
            物理教科担任
( ^ω^)「ちっちぇお!!!見えねぇお!!!」
\(^o^)/「だから顕微鏡出しただろうが。」
( ^ω^)「なんで皆顕微鏡持ってんだよ!!!!」
\(^o^)/「常識だろ…。なぁドクオ。」
('A`)「そうですね。今の世の中顕微鏡くらいは持ってないと就職出来ないですからね。」


168 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:39:22.43 ID: iiCUC8ADO
( ^ω^)「…。」
なんなんだ。何か扱いが酷い気がする。
最近の高校はこんなもんか?
( ^ω^)「すいません。忘れましたお。」
空気よんでおこう。
\(^o^)/「まぁ、一回くらいミスはある。次からは気を付けろ。」
( ^ω^)「はいお。」
しかしまぁ、疲れた。ってか弁当忘れたし。
どうすんだよ…。昼休みに家に帰るか。
そうしよ。

('A`)「散々だったな。ブーン。」
( ^ω^)「うんお。酷いお。あんなん見えねぇお…。」
('A`)「まぁ、きにすんな。昼飯は売店あるから一緒に行こうぜ。」
( ^ω^)「うんお。」
こうして約束を交した。
あんなことが起こるとも思わずに…。


171 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:45:49.66 ID: iiCUC8ADO

('A`)「おーい。フーン。売店行こうぜ。」
( ^ω^)「おっおっおっ。いくお。」
階段を下り売店を目指す。
売店へ向かい歩いていると。
\(^o^)/「…し……だか……。」
先生が何かぶつぶついっている。
陰に身を隠し聞耳をたてる。
\(^o^)/「ククク…。もう少しだ…。もう少しでやつを殺せる…!!」
やばいんじゃね?
やばいんじゃね!?
(;^ω^)「なんかやばいんじゃねお?」
(;'A`)「あぁ…。ちょっとまずいな…。」


173 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:53:20.63 ID: iiCUC8ADO


\(^o^)/「誰だ!?」
と言いつつこちらを振り返る。
( ^ω^)「まずいお。ばれたかお?」
\(^o^)/「なんだ。グッピーか。」
床を見るとグッピーが死んでる。
( ^ω^)「なんで死んでるやつの気配がわかんだお!!!てかなんでグッピーがいるお。」
とりあえずこのままじゃ危ない。
だが昼飯を食わないと自分も危ない。
( ^ω^)「ドクオ。いくお。」
('A`)「どうすんだよ…。」
( ^ω^)「普通に話ながら行けばなんとかなるお。」
歩き始める。
('A`)『こえぇ…』「あんさ。俺最近ROにはまってんだよね。5年くらい。」
( ^ω^)『やべぇお。うんこ出そう。』「それ最近じゃないお。」
('A`)「まぁ、とりあえずはまってんだ。」
( ^ω^)「ドクオはゲームばっか────」
\(^o^)/「誰だ!?誰だ!?誰だー!?」
( ^ω^)「お。先生ですかお。なにしてるんですかお?」


174 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 14:58:50.05 ID: iiCUC8ADO

\(^o^)/「おおおお俺はべべべ別になな何もしてねぇぞぞ。」
( ^ω^)『焦りすぎww』「そうですかお。僕は昼飯忘れたから買いに来ましたお。」
\(^o^)/「そそそうか。すまんな。字が小さくて。スペースがなかったんだ。」
スペースめっちゃあっただろ…。
なんかのキャラ二人分書ける位あっただろ…。
\(^o^)/「じゃじゃあ俺は仕事まだの残ってるから。」
駆け出す。
グッピーを踏んでくなよ…。
( ^ω^)「何を殺すんだお?」
('A`)「さぁ。あんまり関わらない方がいいかもな。」


175 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 15:06:30.56 ID: iiCUC8ADO

( ^ω^)「とりあえず昼飯買うお。」
('A`)「だな。」
売店に近寄る。
(´・ω・`)「やぁ。バーボンハウスへry」
( ^ω^)『このノリ何か知ってるお…。』「マスター。とりあえず、ピッツァとコークを貰おうか。」
('A`)「カレーパンとコーヒー牛乳で。」
(´・ω・`)「あいよ。」
( ^ω^)「ありがとうだお。」
昼飯ゲッツ。
( ^ω^)「どこで食うお?」
('A`)「屋上でいいんじゃね?」
屋上へ向かう。


183 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 15:14:12.49 ID: iiCUC8ADO

屋上へ向かう途中女の子がこちらを向いてヒソヒソ話してた。
多分僕がかっこいいからだろう。
('A`)「ないない。」
( ^ω^)「…。」
給水塔の近くでへたりこむ。
陰あり涼しい。
ピッツァにかじりつくブーン。
カレーパンをむさぼるドクオ。
( ^ω^)「ハフッハフッハフッハフッ。ピッツァUMEEEEEEE。」
('A`)「焦んなよ。誰も盗らねぇよ。」
ピッツァ→コーク→ピッツァ→コーク→空を眺める→ピッツァ→コーク→ピッツァ→コーク→空を眺める→ループ。
('A`)『なんなんだ…。』「あぁうまかった。て、まだくってんのかよ。」
( ^ω^)「結構ボリューム満天だお!」
('A`)「早く食えよ。後20分だぞ。」


186 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 15:21:30.20 ID: iiCUC8ADO


──15分後。
( ^ω^)「ハフッハフッハフッハフッ。コークUMEEEEEEE。」
('A`)「まだくってんのかよ。」
心なしかさっきから減ってない…?
('A`)「おい。ブーン。ちょいピザ貸せ。」
( ^ω^)「ピザじゃないお。ピッツァだお。」
('A`)「どっちでもいい。貸せ。」
と、言いつつ奪い取る。
かじる。
かじった部分がなくなる。
当たり前か。
そんな非現実なことがあるはずがない。
('A`)「すまんな。ブーンほれ。」
と、言いつつ返す。
( ^ω^)「ハフッハフッハフッ。」
('A`)「まだくうの…。…!?」
おかしい。
ピザ…ピッツァが再生してる…ように見える。
ピッツァだけじゃない…。
コーラ…コークも減ってない…。
なんなんだ…。
('A`)「…。」
コークを取り、飲む。
( ^ω^)「あ、間接キスだお。」


187 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 15:27:53.96 ID: iiCUC8ADO

('A`)「…。」
減ってる…。
('A`)「おい。ブーン。ちょい飲んでみ。」
( ゚ω゚)「ハフッハフッハフッ。コークUMEEEEEE。」
('A`)「…。」
減ってない…。
それどころか増えている…。
新品どうようだ…。
('A`)「ブーン。コーラ…コーク一気のみしてみて。」
( ^ω^)「余裕だお!!」
( ゚ω゚)「うおああああ!!!!!ハフッハフッハフッハフッハフッハフッハフッハフッハフッハフッはry。どうだお!!!!」
空っぽだ…。
やっぱりなくならないなんであるわけないか…。
('A`)「!?」
コークが増えている…。
ボトルの底から湧き出るように…。
満杯になると止まった…。
('A`)「おい…。ブーン。コーラ…。」
( ^ω^)「ん?」
( ゚ω゚)「うわあああああああああ!!!!!」


189 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 15:32:54.37 ID: iiCUC8ADO

( ゚ω゚)「…。」
( ゚A゚)「…。」
なんだ。なんなんだ…。
( ゚ω゚)「そういえば…。ピッツァ減ってないお…。」
('A`) 「今更かよ…。」
なんだ?魔法でも手に入れたのか?
( ^ω^)「なんだお?」
('A`)「俺が知りてぇよ。」
( ^ω^)「とりあえず、早く食べて教室に戻るお。」
('A`)「だから、なくなんねぇって。」
( ^ω^)「でも。なくならないって事は…。一生食えるのかお?」
('A`)「だな。腐ってもいいならな。」


191 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 15:38:25.34 ID: iiCUC8ADO

('A`)「ただ。俺が食っても再生しなかった。」
( ^ω^)「じゃあ、俺だけかお?」
('A`)「多分な。」
( ^ω^)「消費しても再生する力かお?」
('A`)「わからん。だが調べて見る価値はありそうだな。」
( ^ω^)「そうと決まれば早速調べるお!!」
('A`)「どこでだよ…。」
( ^ω^)「ドクオの家だお。さっきPC持ってるって言ったお。」
('A`)「やっぱりね…。でも学校はどうすんだよ。入学初日からさぼるのか?」
( ^ω^)「さぼるんじゃないお。ドクオの家行くだけだお。」
('A`)「それをさぼるって言うんだよ…。」


203 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 16:00:11.31 ID: iiCUC8ADO
──ドクオの家
J('A`)し「あら。ドクオちゃん。もう学校終わったの?」
('A`)「あ、あぁ。初日だったからな。」
( ^ω^)「こんにちはだお。内藤ホライゾンですお。ブーンって呼んでくださいお。」
母「あらこんにちは。ブーン君ね。よろしくね。」
( ^ω^)「よろしいお願いしますお。」
('A`)「おい。ブーン。行くぞ。」
( ^ω^)「うんお。」
ドクオの部屋は四畳半程の広さ。
PCが3台ある。テレビもある。本なんかやばいくらいある。
でも。

散らかってる。
('A`)「まぁきたねぇけど。適当に座ってくれ。」
と言いつつ床に散らばってる物をどかす。


213 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 16:15:07.62 ID: iiCUC8ADO

('A`)「さて…。どうしたものか。」
( ^ω^)「ドクオ。2chで聞けばいいお。」
('A`)「2chねぇ。まぁ、まずは行ってみるか。俺とりあえずVIPにたてるから、お前いろいろ回って。」
( ^ω^)「わかったお。」
さて。始めるか。
『真面目に超能力使えるやつちょっとこい』
('A`)「さて。来るか…。」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:DOKUO
誰かいないか?

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:??????????
>>1IDがドクオ

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:??????????
クソスレ立てんな

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:??????????
俺透明人間なりてぇ

225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:??????????
暇だな

めぼしい情報はない。
やっぱりそんな簡単には見付からないか。
( ^ω^)「ドクオ!これ見るお!」
('A`)「ktkr!!!」
どんな情報だろうか。
あいつの慌てようからみるとそこそこ期待出来そうだ。


218 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 16:26:31.39 ID: iiCUC8ADO

('A`)「どれだ?」
( ^ω^)「これだお!!このスレだお!!」
『真面目に超能力使えるやつちょっとこい』
ベシッ
( ゚ω゚)「おうふ!!」
('A`)「俺のスレじゃねぇか。他見ろっつっただろ…。」
( ^ω^)「すまんお。」
('A`)「しかもさりげなくPINK板開いてんじゃねぇよ…。」
( ^ω^)「…。正直すまんかったお。」

再びスレをチェックする。

685 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:??????????
ぬるぽ。

686 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:??????????

>>685ブッ!!
最近うんこの調子がわりい。

687 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[magic.magic@~~] 2007/08/??(?) ??:??:??.?? ID:??????????
>>1聞いてよ。
知り合いにさ、まじきもいやつがいるんだけどさ。
ってかそいつ最近調子乗りすぎ。まじで。
てじなが得意とかいってるけど俺から見ればハナクソ
るー大柴見たいな顔してるしよ。
よくみると花の下にハナクソついてるしwwwwwwまじ笑えるwwwwww


('A`)「ん…?なんだ…?ハッ!!たて読みか!!」



221 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 16:34:33.92 ID: iiCUC8ADO

>>1





か…。怪しいな…。
サブアドを載せてるって事は連絡をよこせってことか…。
('A`)「おい。ブーン。ちょっとこれ見ろ。」
( ^ω^)「ん?」
振り向く際に何かが顔から飛んだ。
鼻から血が垂れてる。

('A`)「おい…。なに見てんだよ…。」

身を乗り出し画面を見る。
しかしエロ関係の物はなにもない。
( ^ω^)「どうしたお?」
('A`)「何見てた?」
( ^ω^)「オカ板見てたお。超能力スレとかあるからそこ見てたお。」
まぁいいや。気にすることじゃない。
今はこっちが先だ。
('A`)「いや。これを見てくれ。たて読みなことが」
( ^ω^)「おっおっおっ。知ってるよだってお。サブアドも載ってるお。」
('A`)「どう思う?」
( ^ω^)「僕は連絡してみたいお。なにかヒント位ならわかるかもしれないお。」


222 名前: アスビー ◆ASBYboXusM  Mail: >>220すまんかったww 投稿日: 2007/08/22(水) 16:43:20.01 ID: iiCUC8ADO
('A`)「そうだな。してみるか。あと、お前鼻血出てるぞ。」
( ^ω^)「おっ?本当だお。」
ティッシュを渡す。
鼻に積める。
( ^@ω^)「で。どうするお?」
('A`)「とりあえず連絡する。何か得られそうもない場合は終了。他を当たる。」
( ^@ω^)「了解お。」
('A`)「連絡するか…。」
携帯を取り出す。
携帯の画面とPCの画面を交互に見る。
アドレスをうつ。

To:magic.magic@~~
件名:情報を知りたくメールしました。
本文:突然のメールすいません。
早速ですが、情報を教えて頂きたいです。


226 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 16:55:11.33 ID: iiCUC8ADO

('A`)「さて…。返事はあるか…。」
──10分後。
ブーブー
('A`)「うお!メールか。」
( ^@ω^)「なんて書いてあるお?」
件名:Re:情報を知りたくメールしました
本文:こんにちわ。ダディと申します。
超能力の件ですが、私の友人が超能力のようなものを持ってるみたいなのです。
その力は食べた物や飲んだ物が減らないというものです。
そちらの方はどういう力なのでしょうか?

('A`)「同じだ…。ブーンと同じだ…。」
( ^σω^)「同じだお…。」
('A`)「とりあえず返事だ。」
ry
ry
本文:こちらの力もそちらと同じです。食べた物はや飲んだ物が復活…するみたいです。
これはどの様な現象かおわかりですか?

('A`)「送信…と。」
なんなんだ…。
同じ能力(?)か…。
世界規模であるのか?
それとも只の偶然か…。


230 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 17:05:36.30 ID: iiCUC8ADO

ブーブーブー。
本文:こちらとしても只今調べています。
ただ素人があがいたところでどうにもならないとは思いますが…。
('A`)「まぁ、やっぱりわからないか。だが同じ人がいるということはわかった。」
( ^@ω^)『ハナクソ深追いしたらまた出てきた…。』「どうするかお?」
('A`)「そうだな。とりあえず、実験でもしてみるか。ちょい待ってろ。」
部屋を出る。
2分位して戻ってくる。
手にはケーキとオレンズィジュース。
ただし、1つづつしかない。
( ^@ω^)「ドクオだけ食うのかお?酷いお。」
('A`)「まぁ待て。ちょいケーキ食ってみろ。」
フォークを渡す。
( ^@ω^)「おっおっおっ。いただきますお。」
( ゚@ω゚)「ハフッハフッハフッハフッ。ケーキうめぇwwwwww」
('A`)「…!?」
減っている!?いや。それが普通だが…。
あの時は何故減らなかった…?
あの時の違いは…。
( ^@ω^)「ジュースうめぇwwwwww」
('A`)「!?」


231 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 17:12:53.30 ID: iiCUC8ADO

('A`)「ジュースは減らない…。そうか!!おいブーン!!ケーキ手で食え!」
( ^@ω^)「お。汚いお。」
('A`)「いいから食え。」
( ^ω^)「わかったお。」
ブーンがケーキを手で持つ。
持った瞬間にケーキが再生する。
( ゚A゚)「…。」
( ゚@ω゚)「…。」
手か。手で持つことに意味があるのか…。
('A`)「食ってみ。」
( ^@ω^)「ハフッハフッハフッハフッ。」
再生する。
('A`)「…。フォークで食ってみろ…。」
(;^@ω^)「ハフッハフッハフッ。」
再生しない。
やっぱり手か。
('A`)「手だ。お前の手になんかある。」
( ^@ω^)「なにかってなんだお?」


233 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 17:23:54.42 ID: iiCUC8ADO

('A`)「わからん…。再生させるなにか…。おい。でかけるぞ。」
( ^ω^)「どこにだお?」
('A`)「学校だ。」
( ^ω^)「なんで学校だお?」
('A`)「ついてこればわかる。」

──学校につく。
職員室を目指す。
('A`)「おわた先生いますか?」
\(^o^)/「なんだ?」
('A`)「ちょっとお話があります。」
先生を連れ売店に行く。
途中で先生が潰れた物体を見て「あれ?グッピーが死んでるぞ?」と言った。
売店でピッツァとコークを買う。
屋上を目指す。

屋上につくと。
\(^o^)/「話とはなにかね?」


234 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 17:31:26.86 ID: iiCUC8ADO

('A`)「昼ごろ売店の前で、殺すとか色々聞こえて来ました。あれはなんですか?」
\(^o^)/「あ、あぁ。それはこのゲームの話を──。」
('A`)「そのゲームはトキメキはぁと~いろんな穴から~って言う恋愛シミュレーションゲームですよね?しかもそれ。俺のです。恋愛シミュレーションに殺すとかないです。少なくともそのゲームにはでてこなかったです。」
\(^o^)/「…!!」
('A`)「なにを殺すんだ?」
タメ口になる。
('A`)「ブーンと…、ブーンの能力と関係あるのか?」
\(^o^)/「知らない!再生能力など知らない!!」
('A`)「え?俺は能力しかいってないぜ?再生とは誰もいっていない。」
ボケツを掘る。
こんな簡単に引っ掛かるとは思わなかった。


237 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 17:40:38.46 ID: iiCUC8ADO

('A`)「しかも、さっき売店の前で見た何かの死体。グチャグチャに潰れてた。何故グッピーとわかった?」
\(^o^)/「昼ごろ売店の前にいたらグッピーの死体があった。君達と分かれる時に踏んでしまっただけだ…。それにさっき言ったのは『なんでここにグッピーの死体があるんだろう』と思っただけだ。関係ないだろ?」
('A`)「うん…。関係なかった…。ごめん…。で、殺すっつのは誰をだ?」
\(^o^)/「…。」
うつ向くおわた。
('A`)「何故再生能力をしっている?」
\(^o^)/「…。」
('A`)「俺の考えだが。あの再生能力は人の手に寄生し手で触れた物を原子レベルで情報を読み取り原子を再構築し再生する、なにかの菌かなにかと思うのだが。」
\(^o^)/「…。」


240 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 17:50:46.75 ID: iiCUC8ADO

\(^o^)/「流石ドクオ君。頭が良い。」
('A`)「それほどでも。」
ブーンはさっき買ったピッツァとコークを食している。
('A`)「ブーンを殺すつもりだったんだろ?あれでどう殺すかはわからんが。」
\(^o^)/「あの菌は、正式名称は【オワトルキシン0721】と言う。今の実験での最高の再生能力を見せる。」
('A`)「…。」
\(^o^)/「殺し方は簡単だ。菌の情報操作をすればいい。再生の反対にすればいいだけだ。」
('A`)「なぜブーンを?」
\(^o^)/「ブーン君だけじゃない。あと一人いる。」
('A`)「ダディだな。」
\(^o^)/「そうだ。あっちにも同じ菌を散布した。」
('A`)「ダディはどうでもいい。なぜブーンなんだ?」
\(^o^)/「理由はない。ただやりやすかっただけだ。ただ、誤算は頭が良い君と仲良くなってしまったことだ。」


242 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 18:02:54.79 ID: iiCUC8ADO

まずいな。
今はまだ大丈夫だが…。
情報操作をされたらまずいな…。
今度は原子レベルで破壊していくわけか…。
だが…。その菌をが付着しなければ問題はない…。
おわたもまだ情報操作はしてないはずだ…。
('A`)「ちやみに、答えてくれるとは思わんが…。抗体とか対処法みたいなのはあるわけ?」
\(^o^)/「あぁ。ある。」
('A`)「それは…。」
\(^o^)/「手首を落とせばいい。」
(;'A`)「…。」
くそ。どうすりゃいいんだ…。
\(^o^)/「冗談だ。まぁあながち冗談でもないけどね。」
('A`)「…。何のためにその菌をつくった?」
\(^o^)/「ただの興味本位さ。大半の犯罪者は利用も無く罪を犯す。」
('A`)「狂っとる…。」
\(^o^)/「狂っとるか…。そうかもしれんな。はは。いい情報をあげよう。【オワトルキシン0721】と逆の【クルトルキシン0281】は両方ともあるものに非常に弱い。ちなみに両方とも感染力は皆無。生存方法は手にしかないあるもの。」
('A`)「…。」
\(^o^)/「それがわからなければブーン君は死ぬだけだ。あはは。」


245 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 18:15:16.41 ID: iiCUC8ADO

あの後オワタは。
\(^o^)/「ちなみに【クルトルキシン0281】は既に出来ている。警察でも何でも言いに行け。地獄を見たければな。」
と言うと全力失踪で屋上を出ていった。

俺たちはまだ屋上にいた。
ブーンは相変わらずピッツァとコークをくっている。
('A`)「ちっ…。どうする事も出来ねぇのか…。」
あるものに非常に弱い。
感染力は皆無。
生存方法は手にしかないもの。か…。
感染力がないのは幸いか。
あるもの…。
ゲームで言うと…火とか水とか電気とかか…?
手にしかないもの…?なんだ…。
爪か…?
いや。足にもあるな。
するとドンッとドアが開いた。
('A`)「オワタ…。何しにきた。」
\(^o^)/「手にしかないものと言ったが…。足にもある…。」
('A`)『爪かー!!』「それだけか?」
\(^o^)/「ああ。せいぜいもがき苦しめ。」
去って行くオワタ。
('A`)「さて…。あとは、何に弱いかだな…。」


248 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 18:33:02.98 ID: iiCUC8ADO

\(^o^)/「ふはは。弱点はわかるまい。王水に弱いが…。石灰水にも弱いが…。あとあれもだな…。あと56ほどあるな…。だがわかるまい…。ふはははは。」

───屋上
('A`)「おいブーン。お前食い過ぎ。」
(〇^ω^O)「そうかお゙?」
(;'A`)「まぁ…。一度家行くぞ。」
(〇^ω^O)「わかったお゙。」

学校をこそこそ忍び出る。

家に着く。
('A`)「さて…。菌の名前がわかった。ググってみるか。出るかな…。」
オワトルキシン0721の検査結果1-10件表示(1件中)
公告 ひゃっはー!!

1.\(^o^)/のブログ
http://vvv.owata.~~~jp/


('A`)「晒すなよ…。まぁ…入ってみるか。」
クリッコ カチッ
('A`)「くそ。読み込み遅いな。んでた…。」
表示された画面には大きな文字で。


250 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 18:37:35.12 ID: iiCUC8ADO

「ドクオ・ブーンバカスwwwwwwwwwwwwそんな簡単にはいかんよwwwwww」
と書いてあった。
(#゚A゚)「うわああああああああ!!!!!野郎絶対ブッ殺す!!!!!」
( ^ω^)「…?」
(#'A`)「くそ!絶対殺す。」
( ^ω^)「お腹空いたお。」
('A`)「お前さっきのピッツァはどうした?」
( ^ω^)「飽きたから捨てたお。」
('A`)「…。減らないから何でもいいだろ。」
( ^ω^)「いいお。」
部屋を出る。
数分して戻ってくる。
('A`)「おら。」
出されたのは人参。
( ^ω^)「…。」
仕方なくかじる。
( ^ω^)「お。以外にうまいお。何かあったかい物が飲みたいお。」
('A`)「あ?誰もいねぇから自分でお湯沸かせ。」
( ^ω^)「わかったお。台所借りるお。」
部屋を出ていく。
('A`)「呑気なやつだな…。」
「うわああああああああああああ!!!!!!!!!!!」
('A`)「どうしたブーン!!」
叫ぶ。
台所へ向かう。


251 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 18:49:22.12 ID: iiCUC8ADO

('A`)「どうしたブーン!!」
(#;゚ω゚)「うああえあちあちうあああ…。」
と左手を抑えながらうめいている。
('A`)「邪気眼ごっこか?」
(#;゚ω゚)「やかん…に既にお湯が入って…た…お。」
('A`)「大丈夫か?とりあえず冷やせ。」
と言いつつ左手を水に浸ける。
(ヽ´ω`)「もう駄目かもわからんね…。」
('A`)「んなことで死ぬな…。」

──10分後
( ^ω^)「あー。痛かったお。てか今も痛いお。」
と言いつつ白湯(普通のお湯)を飲みつつ人参を食っている。
('A`)「!?」
人参が再生しない?
人参は左手で持っている…。
さっき火傷したのも左手…。
('A`)「おいブーン。人参右手に持ってみろ…。」
持ち変える。
再生した…。
('A`)「左手で食ってみろ…。」
持ち変え…食べる。
再生しない…。
('A`)「ふはははは。簡単じゃないか。湯をかければ死ぬんだ。」


253 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 18:56:59.96 ID: iiCUC8ADO
( ^ω^)「お湯?」
('A`)「あぁ。熱だ。」
( ^ω^)「痛いお。」
('A`)「我慢しろ。死なねぇためだ。」
( ^ω^)「わかったお…。」
お湯を沸かす。
やかんからピーピー音がする。
(;^ω^)「この熱さは洒落にならないお。」
(;'A`)「だな…。」
沸点に到達した水。
危ない。
危ないってレベルじゃねぇぞwwwww。
('A`)「一瞬でいい。一瞬だけ手全体を突っ込め。」
(;^ω^)「それでもかなり危険だお…。」
('A`)「なに、冷水はある。きばれ!!」
(#゚ω゚)「うおおおおおお!!!!!!」


255 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 19:09:48.56 ID: iiCUC8ADO

(;#゚ω゚)「あちゃー!あちゃー!ほあちゃー!!」
('A`)「冷水だ!」
(ヽ´ω`)「ぬるぽ…。」

──5分後。
( ^ω^)「両手がやばいお。」
('A`)「おら。右手で人参食ってみろ…。」
右手で持つ。
食べる。
──カリッ
('A`)「ひゃっはー!思った通りだ!再生しないぜ!!」
( ^ω^)「やったお。」
やったーやったーやったーまんと騒いでいると──
TV「緊急番組です。先ほどから妙な粉が全国各地で降っています。この粉は手に寄生するようで手で食べ物を触り、食べると再生すると言う信じられない事が起きています。
解決策などがわかるまで粉に触らないように気を付けてください。またなるべく外出を避ける様お願いします。繰り返します──。」
('A`)「まさか…。」
( ^ω^)「オワタだおね?」
('A`)「そっちじゃねぇ!!何故あの時俺たちを殺さなかったかだ。」
( ^ω^)「…?」
('A`)「帽子被ってメガネかけてマスクして長袖長ズボンはいて靴下はけ。ゴム手袋を何重にも重ねてつけろ。とりあえず手への付着を防げ!!」



257 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 19:21:27.61 ID: iiCUC8ADO

ドクオ( ■▲■)「よし。学校へ行くぞ!!」
ブーン( ●▼●)「行くお!!」
歩いて行く。
オワトルキシンが雪の様に積もっているなかを歩く。
学校に着く。
屋上を見るとオワタがコチラを向いて立っている。
───縁に立っているので若干足が震えている。

( ■▲■)「オワタ!!!待ってろ!!」
同時に駆け出す。
校舎内には誰もいない。
当たり前だが。
屋上のドアを勢い良く開ける。
ドンッとどでかい音がしてオワタがビビる。
\(^o^)/「やぁ。ブーンにドクオ。待っていたよ。殺さないで待った甲斐があった。」
( ■▲■)「殺せなかった。だろ?」
\(^o^)/「…!」
( ■▲■)「俺の考えでは【クルトルキシン】は【オワトルキシン】が無いと効果が出ないと考えた。」
\(^o^)/「…。」
( ■▲■)「前にもここであった時【クルトルキシン】だけで殺せるのであれば俺たちを殺していたはずだ。」
\(^o^)/「…。」


258 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 19:29:19.48 ID: iiCUC8ADO

( ■▲■)「仮にさっきの俺の仮定─【オワトルキシン】がないと【クルトルキシン】で殺せない─があっているならばあの時はブーンしか【オワトルキシン】が付着していなかったため、ブーンしか殺せない。俺が警察でも何でも行けばよかったってわけだ。」
\(^o^)/「…。」
( ■▲■)「もっとめ最悪の事態を恐れてそれは出来なかったが。」
( ●▼●)「だから今皆を殺す為に粉を撒いてるおね。」
( ■▲■)「ああそうだ。」
\(^o^)/「なかなか、やるじゃないか。ククク。」
( ■▲■)「この声は…!!」
( ●▼●)「穴子!!!」
\(^o^)/「良く推理した。ドクオ君ブーン君。だが君達もここまでだ。これが見えるか?」
空の瓶を取り出す。
\(^o^)/「一見何にも無いように見えるが中には【クルトルキシン0281が】入っている。」
( ■▲■)( ●▼●)「!!!」


261 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 19:33:53.08 ID: iiCUC8ADO

\(^o^)/「【オワトルキシン】は目に見えるが【クルトルキシン】は原子レベルの大きさだ。 そんなゴム手袋で【オワトルキシン】は防げても【クルトルキシン】までは防げないのだよ!!!」
( ■▲■)「はっ。やってみろ。失敗したときがお前の終了だ。」
\(^o^)/「威勢だけはいいな。ふ。いいだろう。手始めに、ブーンお前だ。」
( ●▼●)「…。」
\(^o^)/「死ね!!フン!!!」


263 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 19:40:31.93 ID: iiCUC8ADO

【クルトルキシン】をばらまく。
周りに積もった【オワトルキシン】が消える。
( ■▲■)( ●▼●)「…。」
\(;゚o゚)/「ば…馬鹿な!!!何故死なない!!」
( ■▲■)「手に【オワトルキシン】がついていないとしたら?」
\(^o^)/「馬鹿な!!!アレの弱点は58個しかないんだぞ!!!」
( ●▼●)「…。」『腹減ったお。』
( ■▲■)「馬鹿はお前さ。俺たちに無駄な情報を与え過ぎた。」
\(^o^)/「俺オワタ。」
( ■▲■)「覚悟は…いいな?」
( ●▼●)『腹減ったお。』
\(#$%&)/「しーましぇんですた。」

こうして、俺たちの長い一日は終わった。

──一1週間後



265 名前: アスビー ◆ASBYboXusM Mail: 投稿日: 2007/08/22(水) 19:54:06.52 ID: iiCUC8ADO

偽オワタ(穴子)も捕まり、本物のオワタも帰ってきた。
あの時事件以来学校に行ってないが(めんどくて)今日は久しぶりの登校だ。
('A`)「おーい。ブーン。早くしろ。」
( ^ω^)「まつお!!」
('A`)「早くしろ!!遅刻になるだろ!!」
⊂二二二( ^ω^)二二⊃ブーン
('A`)「おい!!待て!!」

何とか学校に着く。
('A`)「お前が遅いから遅刻じゃねぇか!」
( ^ω^)「すまんお。」
教室に入る。
\(^o^)/「おい、お前ら一週間も何してやがった。特にブーン。」
( ^ω^)「すいませんお。」
\(^o^)/「まぁいい。席着けカス。」
('A`)( ^ω^)「…。」
\(^o^)/「今から授業始める。今日は漢字だ。」
オワタが黒板に漢字を書く。
\(^o^)/「おいブーン。これなんて読む?」
【女々しい】
( ^ω^)「わかんないですお…。」
\(^o^)/「なんだよ。じゃあこれ。」
【髑髏】
( ^ω^)「わかんないですお…。」
\(^o^)/「じゃあこれだ。」
【空気】
( ^ω^)「くうき…。」
('A`)「空気は読めるんだな…。」

( ^ω^)は空気が読めるようです  ─完─




スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

オチが秀逸wwwwwww

 :2007/08/23(木) 19:46:19 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。