--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.11

ブーンが初恋の夢を見たようです(^ω^ ) 第一話

1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 22:11:50.19 ID: HozbGBG80
久々に初恋の人の夢を見た。

夢が覚める前までにあったはずの全てのリアルが

全てひっくるめて夢だったと言うのが酷く笑えた。

――けれど夢見として見れば最高だった。

フラッシュバックのように鮮やかに思い出せられる。あれは――


       ブーンが初恋の夢を見たようです(^ω^ )
2 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 22:12:32.41 ID: HozbGBG80
《第一話 音楽室と掃除時間》

高校一年の一学期。僕の掃除担当は音楽室。
先生がこない事が災いしてか、掃除時間のこの場所はピアノが得意な彼女の独壇場で。

(゜∀゜)「ツン、ピアノピアノ!」
(´∀`)「何か弾いて欲しいモナ」
川゚-゚) 「最近の曲で弾けるのあるか?」

(^ω^ )「…………(お前ら掃除しろよ)」

そう言いつつ箒動かして
耳だけはピアノの方に集中させる僕。

ξ゚⊿゚)ξ「あー……うん、一応」
押しに弱い外面ツンは毎回毎回この時間になると
ピアノの前に立たされ何かしらの曲を弾かされる。
本人も嫌がっている節は見えないんでそのままでいいとも思うけど。

(゜∀゜)「弾いて弾いて!」
(´∀`)「頼むモナ」

( ;゚ω゚)「……(こっ、これはVIP先生……!)」

川゚-゚) 「何だろうか、それは」
(´・ω・`)「しらないな……」

( ^ω^)「……(一体どういうセレクト基準だお)」

3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 22:12:53.55 ID: HozbGBG80


ξ゚⊿゚)ξ「あははは……やっぱり知らないわよね」


(゜∀゜)「次々! 何か別の!」

(´∀`)「頼むモナ」

('A`) 「急かすなよ。ほら何か別の奴頼むわ」

(´・ω・`)「人の事言えた義理じゃないよね」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、ええ……」

(  ^ω^)「……(これは知らないけど……いい曲なのはわかるお)」

('A`) 「VIP STAR?」
ξ゚⊿゚)ξ「うん、正解」
(´∀`)「すごいモナwww 本当にVIPSTARだモナww」

(゜∀゜)「じゃあ次お願い!」

4 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 22:13:15.52 ID: HozbGBG80


…………
そんな風に掃除時間は毎日過ぎていった。
お互いが関与し合わない時間。
それでもツンの演奏を一番深く聴いているのは僕だろうと自負していた。

小学校からの腐れ縁だったツンとも、
中学高校と上がってからはどうにも疎遠になり初めていた。
(まあ、それを言うならクーも同じなんだけど。ドクオは本当に腐れ縁)

ツンと話す事も少なくなった。
メールする回数も少なくなった。
そして中間あたりでどうにか頑張っていた僕の成績は落ちた。
……これは関係ないお。

そして中学高校と上がっても、僕はツンのことを好きであり続けていた。





ブーンが初恋の夢を見たようです(^ω^ ) 第二話

http://sankakupost.blog55.fc2.com/blog-entry-7.html#more
スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。