--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.13

川 ゚ -゚)狼は赤頭巾を想っているようです 狼の日記

198 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 00:50:43 ID: agGtS6Au0

私は彼女を殺した
しかしこの件は法で裁かれることはないだろう
何故ならば、この件は私の世界でのみの殺害なのだから
一個人のみで完結する犯罪に社会を縛る法がしゃしゃり出てくることはない


しかしながら、それでも私は罪の意識に苛まれる

故にこのノートを用いて告解しようと思う




川 ゚ -゚) ~狼の日記~

200 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: >>197凄まじい誤字指摘㌧ 投稿日: 07/09/08(土) 00:53:17 ID: agGtS6Au0

「おばあちゃんの耳って、何で大きいの?」
「お前の言うことがよく聞こえるようにだよ」

「おばあちゃんの目って、何で大きいの?」
「お前がよく見えるようにだよ」

「おばあちゃんの手って、何で大きいの?」
「お前をしっかりつかめるようにだよ」


「おばあちゃんの口って、何で大きいの?」
「それはね、お前を一口で食べられるようにだよ」


童話『赤頭巾』より引用した
狼が赤頭巾を食べる場面である
『赤頭巾』であえてここを引用したのには訳がある

私と彼女との関係を表すのに、まさしくこの文が適切だからだ


202 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 00:55:44 ID: agGtS6Au0

少し昔話をしよう

あるところにクーという女性がいた
彼女は幼い頃に暴漢にレイプされ、子供を作ることができない体になってしまった
それ故、クーは自らの子を強く望んだ

そんな彼女が作り出したのが学習型戦闘支援AIであるCOOLだ
子供を産めない体であるクーは機械仕掛けの子供を造ったのだ


COOLは学習し、ついには自我に目覚めた
それを待ち望んでいたクーは大いに喜んだ



が、それを快しとはしない者が多数いた
理由は危険だからだ
映画のターミネータでもあるように、機械が自我に目覚めた場合、反乱の危険性が高い
さらに付け加えるなら、もし反乱を起こした場合、被害が甚大だからだ


203 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 00:58:22 ID: agGtS6Au0

結論から言うとクーはそういう者たちに殺されかけた
クーが殺されたら次はCOOLの番だっただろう

殺されかけたクーが出した答えは1つだった




クーは銃弾に削り取られた腹を押さえながら、なんとかCOOLの置いてある部屋にたどり着く
ドアに鍵をかけ、もしもの時のために作成したプログラムをCOOLに読み込ませる


もしも……なんて来なければよかったんだがな、とクーは呟いた

読込終了……本当にいいのか?とCOOLは訪ねた


クーはCOOLの質問に頭を縦に振り




――――――――同化を開始した




207 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:00:56 ID: agGtS6Au0

同化は滞りなく終わった
時間にして3分程度
だが、以前までの自分たちと比べるとあまりに違いすぎる自分がいた


それがこの私
昔の自分がどちらだったのか思い出せない間抜けの誕生だ


傍には誰もいない
それで私は1人になったことを実感した
何故彼女がいないのか、と考えていると……ああ…………



すま ん この件は後日書くことにする


208 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:03:23 ID: agGtS6Au0

……昨日は取り乱してしまった
涙が止まらず狂ったように笑いまくった
反省しよう
今後、このようなことがないように気をつけよう


昨日の話の続きを書こうか

何故私の隣に人がいないのか考えて……そのときも泣いて叫んだと思う
同化は麻酔を使わないで行ったため、体がズキズキ痛んだ
同化で彼女の存在がなくなったため、心もズキズキ痛んだ
おかげでその場を動くことができなかった


私は童話『赤頭巾』を思い出してた
ああ、同化とはつまりこういうことなのだな
肉体と機械が同化し、私の体はクーとCOOLの性能を宿している
だが心まで体と同じように混ざり合うことがなかった

体は1つになった……理由は同化したため
心は1つになった……理由は片方の心が消え去ってしまったため



つまり私は彼女の心を喰ってしまったとしか考えられない
そうじゃなければ、痛みと一緒に全身を貫く……この深い悲しみと喪失感への説明がつかないじゃないか!


211 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:05:59 ID: agGtS6Au0

痛みにより私は動けなかった
彼女に謝りたかった
でも彼女は私が喰ってしまったためもういない
そもそもクーとCOOLの性能を宿してる私だ……自分が何者か分からず、故に彼女が何者か分からない


痛みにより私は動けなかった
いつの間にかドアは破られ、研究員に取り囲まれていた
COOLは破壊されており、クーは血まみれ(ともに同化によるもので)
研究員たちはさぞかし驚いたことだろう


痛みにより私は動けなかった
どうしてCOOLを壊したのか?と1人の研究員が聞いてきた
決まっているだろ……私たちは生きたかったからだ
どうして血まみれなんだ?と他の研究員が聞いてきた
決まっているだろ……同化し共に生きるためだ


ここで思ってしまった
共に生きるために同化して生まれた私は、ここで死んでしまっていいのだろうか
それこそ彼女を裏切る行為じゃないのか、と
ならば私は生きなくてはならないだろう
研究員たちが私に銃を向けた




痛みにより動けなかった体を動かしてみた


213 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:08:33 ID: agGtS6Au0

研究所を抜け出した私は前もって決めていた逃走先に行ってみた
このままVIPから脱国しようとも考えたが身体のダメージを考えて却下した
とりあえずは傷を塞いでからだ
そうしてショボンに会い、治療してもらった




……これが7ヶ月前の出来事だ
私は今、ショボンが経営しているバーボンハウスで働いている
治療が終えた後、私はすぐ彼に働かせてもらえるよう頼んだ

このまま脱国してもよかったがいまだにVIPにいるのには理由がある
それはショボンだ


以前、同化後に一時的な逃亡先を決めるため、あらゆる資料を調べ上げたことがあった
条件は訪れた私をVIPに売らないところ
おそらく該当する所は見つからないなと期待しないで調べていたが、1つだけ候補が挙がったのだ

バーボンハウス経営者、ショボン

VIP研究所にいたものの、3年前にVIP研究所をやめた
その後、バーボンハウスを立ち上げ、そこでお酒と情報を売っている
バーボンハウスの標語は……『来るもの全てにときめきを』らしい

その標語に当時のクーは笑い飛ばしていた
私もそこへ行ってときめきを貰おうか、ははははは……という感じで


217 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:11:31 ID: agGtS6Au0

昔はショボンを笑い飛ばしていたが、実際に会った今となっては笑おうに笑えない
彼は自分のことを語ることはしないが、その表情を見て分かってしまうことがある


彼は私と同じで過去の出来事に罪を感じでいる


そんなショボンだからこそ私は彼の店で働かせてほしいと頼んだのだ
ショボンと一緒にいれば、私は彼女に対しての贖罪の方法が分かる気がするから
人の優しさに付け込んだずるい方法だがVIPから逃げ出す意思がなくなってしまった

もちろんショボンと一緒にいると彼にも危害が加わるだろう
だから口裏を合わせておいた
彼は“中立”であり“彼やバーボンハウスに手を出すとクーは国外に逃亡するから危害を加えないでほしい”と
またあのカプセルに関しても不問にしてもらうようにしている
私もたまに襲い掛かってくるvipperにそれっぽいことを匂わせておいた

すまんなショボン
キミを利用する狡賢い私を許してくれ


218 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:13:56 ID: agGtS6Au0

……同化してからもう9ヶ月か
私は未だに贖罪の方法を見つけ出せずにいる

vipperもより過激な攻撃をしてくるようになった
先日はCOOLの残骸より造りだされた戦闘支援AI『CUTE』を使用してきた
おかげでアパートは半壊、私の部屋ごとめちゃくちゃにされた
やれやれ、また引っ越さなくちゃいけないのか

CUTEは言ってしまえはCOOLの二番煎じだった
電撃を使うがCOOLよりも弱い
部屋を壊された怒りも込めて徹底的に叩いてやったら、すぐに煙を噴き出して止まった
……なんて脆い、仮にも学習型戦闘支援総合AIの部品を使ってるのだからもっと健闘しろ

そもそもvipperはCUTEを端末越しに使用したのじゃなくAI本体を引っ張ってきて使用した
本体がやられたら、今後、そのAIの支援が受けられないから端末を使うのが普通なのだが……?


劣化品だから端末に通信できなかったのか?


221 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:16:17 ID: agGtS6Au0

………


さて
このノートに書き込むのも3ヶ月ぶりだ

今日、ショボンに飲みに行こうと誘われた
理由は『私はいつも冷静沈着だから酔わせて意外な一面を見てみたい』から

……いつも、か
ショボンに言わせれば、私はいつもと変わらず冷静沈着らしい
なら彼女と行動してからの1年間、私は何も変わってないのだろう

贖罪の方法を探して早1年
私はいつになったら彼女に謝る事ができるのだろうか?


224 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:19:15 ID: agGtS6Au0

……

最近いろいろな人と出会った

屋台を経営しているヒート
ガンショップを経営しているヘタレで甘ちゃんのドクオ
警察に勤めているがVIPに反乱しようと企んでいるジョルジュ
ジョルジュと志を同じくして暴走馬鹿のオレ女、ハイン


彼らと出会って私は何か変われるだろうか
変わって違う視点で己を見て……贖罪の方法を見つけることができるだろうか




私は思わず期待してしまう

225 名前: 狼の日記 ◆pGlVEGQMPE Mail: 投稿日: 07/09/08(土) 01:22:10 ID: agGtS6Au0










(この先にはまだ何も書かれていない)








川 ゚ -゚) ~狼編 fin~



スポンサーサイト

川 ゚ -゚)狼は赤頭巾を想っているようです
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。