--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.14

( ´_ゝ`)兄者は高校生活をおくるようです 番外編

207 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:01:09.71 ID: EryetWIw0

昔はよかった

誰でも一度は思うんじゃないだろうか

日々を経る毎に実感してしまう

明日が来なければ良いのに

黒い塊が自分を押しつぶす

「子供に戻りたい」

そういうと誰かが笑う

「まだまだおまえは子供だよ」

まだ 子供?

なら まだ先があるの?

未来は真っ白で

過去は真っ白で

現在も真っ白だ

208 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:02:12.30 ID: EryetWIw0

「泣くな、弟者!オトコだろ」

子供が、よく似た顔の子供に叱咤する。

その声は険しく。その表情は優しい。

「…うん」

答えた声はしゃくりあげていて、明確には聞き取れないけれど
通じて欲しい人に聞こえたのだから、それで十分なのだ。

子供同士の喧嘩。
弟者は人よりも発育が遅くて、いつも喧嘩しては負けていた。


209 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:03:24.02 ID: EryetWIw0

「バカだな、弟者は。弱いんだからケンカなんかしなければいいのに」

「…兄者にバカとか言われたくない。
 それにオレが悪いわけじゃないのに、どうしてオレがゆずらなきゃならないんだ」

「それがオトナのツゴウってやつだ」

「フーン。…オレも兄者みたいに強ければな」

「弟者にはムリだろ」

「なんだと!?見てろよ!いまにこすから!」

「あーはいはい」

怒鳴りあって、殴り合って。
ボコボコにされる前に、必ず兄者が助けに来た。

2列縦隊―――
並べば、必ず弟者は前の方だし、兄者はいつも後ろ。

誰が見ても、彼らは双子の兄弟で、兄者は”アニ”で、弟者は”オトウト”


210 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:05:37.32 ID: EryetWIw0

















”発育は、男の子よりも女の子の方が早いんですよ”


212 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:07:11.43 ID: EryetWIw0

ξ#゚⊿゚)ξ「ちょっと、男子ちゃんと掃除しなさいよ!」

( ^Д^)「プギャー!!うっせブース!」

(;*゚ー゚)「わっ!せっかくゴミ集めたのに!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「先生呼んでくる!」

( ^Д^)「プギャプギャー!!ごくろうザマー!!」

( ´_ゝ`)「うるせえ」

あたりかまわずゴミを撒き散らす。
特にいつもと代わり映えのない、掃除の時間。

プギャーがあまりにもうるさいので、兄者はプギャーを思いっきり蹴り上げる。

(#^Д^)「……~~~……!!!!!?!」

狙ったわけでもなく、丁度そこが彼にとっての急所だっただけで。


213 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:08:14.69 ID: EryetWIw0

顔を真赤にして、声にならない声を上げて、プギャーはそこにうずくまる。
兄者としては、うるさいやつが静かになった。それだけのことだったのだが。

('、`*川「兄者ちゃん?ちょっといいかな?」

ツンが呼びに行った先生がそれを見ていて、彼女はそうは取らなかった。

どんな人だったのかはよく覚えていない。
子供心に綺麗で優しい人。と感じていたから、多分普通の人だったと思う。

先生は兄者を個室に呼び出す。
どんな部屋だったか、今で言うなら進路室とかそのへんだろうか。
小学校に進路室があったのかは覚えていない。


214 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:09:17.31 ID: EryetWIw0

座らせないで、兄者を立たせたまま。
先生はしゃがみこんで、兄者を下から見上げる。
目の前には先生の顔があって、まっすぐ見つめられていた。

('、`*川「あのね、兄者ちゃん?ああいうことはしちゃだめなの」

( ´_ゝ`)「ああいうこと、とはなんだ?」

('、`*川「男の子はね、あそこはとっ…ても大事なところなの。
     蹴ったり、乱暴なことはしちゃだめなのよ」

( ´_ゝ`)「何故だ?」

('、`*川「将来、子供をつくるところなの。乱暴しちゃうと、子供がうめなくなっちゃうのよ」

そこで先生は一呼吸おく。


216 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:10:42.63 ID: EryetWIw0

('、`*川「兄者ちゃんも大きくなったら、結婚して、お嫁さんになって、子供をうむの。
     それができなくなっ…」

( ´_ゝ`)「俺は産まない」

('、`*川「うん、そういう人も世の中にはいるわ。でも女の人は…」

(#´_ゝ`)「俺は、男だ。俺は結婚しても、嫁にはならない!俺は子供を産まない!」

その時の先生の表情は、困ったような、悲しいような。

('、`*川「そう、そうなの。それなら余計にああいうことはしちゃだめよ?男の子ならわかるでしょ?」

(#´_ゝ`)「わからない!俺にはない!何で俺にはないんだ!
      プギャーにはあって!ブーンにも、ドクオにも、弟者にもあるのに!何で俺に!」

兄者は先生の肩を掴んだ。
強く。強く掴んだ。爪が服に食い込む。

( ;_ゝ )「なあ先生!何で俺にはないんだよ!俺だって…俺だって男なのに…」

('、`*川「うん、うん。そうね…」

彼女は兄者を抱きしめた。
ワケあってそうしたのか、どうしようもなくなって抱きしめたのか。


217 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:12:35.87 ID: EryetWIw0

兄者は泣かない子供だった。
男は泣かないのだ。と言い、決して泣かなかった。
人前でも、一人の時でも、涙を流すことはなかった。

男の子なら、と言えばすぐに大人しくなる。

男の子なら、泣かない。
男の子なら、我慢する。
男の子なら、………

その反動か、兄者は中々先生を放さなかった。
先生は兄者が泣き止むまでずっと抱きしめていた。

('、`*川「…兄者くん?」

泣き声もなくなり、呼吸も落ち着いてきた頃を見計らって、先生が兄者の名前を呼ぶ。
兄者は顔を拭いて先生から距離を置く。
先生は、擦っちゃだめよ。と、柔らかく手を取った。

('、`*川「兄者くんは立派な男の子よ。男の子だったら、ちゃんとあやまれるわよね?」

憮然とした表情で、口を尖らせながら、それでも小さくうなずいた。


219 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:13:41.10 ID: EryetWIw0





(#^Д^)「……なんだよ」

プギャーが顔を火照らせながら、兄者を睨む。
軽蔑の目で彼を見たら、先生が兄者の名を呼んだ。

('、`*川「ほら、兄者くん」

( ´_ゝ`)「…った…」

(#^Д^)「あ?」

(#´_ゝ`)「すまん。悪かった」

('、`*川「そんな怒った言い方しないの」


220 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sageさるさんにかかった 投稿日: 2007/09/14(金) 08:15:58.89 ID: i5IurELw0

(#^Д^)「許すかよばーか!このかりは100倍にして返してやる!」

('、`*川「こら!!プギャーくん!!!」

(;^Д^)「ブース!!!デーブ!!ババア!!」

('、`#川「なんだと!!!こら!!まちなさい!!!」

小学生の頃だ。

それからは、どんどん周りの男子は成長していった。
小さかった弟者も、今となってはスポーツもして、逞しくなっている。







俺は…俺は…?


221 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:17:38.84 ID: i5IurELw0

ずっと、背の順で並べば一番後ろだったのに。
小学校を卒業してから、身長に変化が全くない。

それなのに、体は勝手に丸みを帯びて行く。








俺は…俺は。













222 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: sage 投稿日: 2007/09/14(金) 08:19:21.43 ID: i5IurELw0

終わりだよ。途中で接続先かえたからID違うけど気にしないでね。
フラグとか何もないよ。皆の応援で最後がかわるよ\(^o^)/


スポンサーサイト

( ´_ゝ`)兄者は高校生活をおくるようです
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。