--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.11

ブーンが初恋の夢を見たようです(^ω^ ) 第三話

12 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 22:16:43.63 ID: HozbGBG80
《第三話 ハローハルシオンデイズ2》
ツンは雨の日が好きだったとか、

前髪を気にするとき上目遣いになるだとか、

ふで箱は僕が中三の時にあげたものをまだ使ってくれていただとか、

自転車に乗ることがあまり得意でなかったことだとか、

理科が得意だったとか、

炭酸系の飲み物はダメだったとか、


とりとめもない事が僕の横を通り過ぎてはまた向かってきて。

そしてまた、僕の意識は浮上して、鮮明な夢が僕を迎える。

13 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします Mail: 投稿日: 2006/08/10(木) 22:17:10.45 ID: HozbGBG80

失恋のきっかけは案外簡単なものだった。

ツンが他県の国立大学に受験して、そして通った。合格したんだ。
そしてツンの合格を喜ぶ友人と、ツンの真直ぐな目を見た時だった。

あっけない。そう思う。

まあ現実なんてこんなもんだろうと僕は打算した。
漠然と、ああツンは未来を見据えて歩いているのだろうと確信して、
僕とツンの遠さに絶望した。
それは何も僕らは対角線の教室の端にいるとか言う物理的なものではなく、
心理的な、未来的な、結果的な。色々の要素を敷き詰めたもので。
そして自然とツンは、彼女は僕から離れていくのだろうと理解した。

そしてそれが4ヶ月後、現実に起っただけの話。


「ハルシオンデイズ」と言う薄皮一枚で結ばれていた僕たちが
「進学」と言う転機を機に切れただけ。

ただ、それだけ。

そしてここで僕の夢はお終い。
目を覚ませばとりとめもないハルシオンデイズが僕を出迎えてくれる。
ああ、そう言えば、この言葉にはもう一つ意味があって、
それは僕自身が体験してから知ったんだけど――――



ブーンが初恋の夢を見たようです(^ω^ ) 最終話

http://sankakupost.blog55.fc2.com/blog-entry-9.html#more
スポンサーサイト

ブーン系小説
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。