--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.15

川 ゚ -゚)エスパークーのようです

3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:33:44.85 ID: UJUwgt5A0

-県立VIP高校

川 ゚ -゚)「なぁ、ドクオ」

('A`)「何んだよ」

川 ゚ -゚)「ちょっと話したいことがあるんだが…」

('A`)「な、なんだよ。改まって…」

川 ゚ -゚)「大事な話だ」

('A`)「…お、おう」

川 ゚ -゚)「聞いてくれるか」

('A`)「ぅ、うん」

川 ゚ -゚)「実はな…」


川 ゚ -゚)「私はエスパーなんだ」



('A`)「は?」

4 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:34:03.27 ID: UJUwgt5A0


川 ゚ -゚)エスパークーのようです

    -第一話:エスパークー-


5 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:34:49.08 ID: UJUwgt5A0

('A`)「…」

川 ゚ -゚)「ちゃんと聞いてたのか」

('A`)「うん、大丈夫、オレは大丈夫」

川 ゚ -゚)「もう一回言おうか」

('A`)「いや、いい」

('A`)「(無駄にドキドキした数分前のオレの馬鹿馬鹿馬鹿)」

川 ゚ -゚)「そうか」

7 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:35:34.82 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「そうだな、エスパークーとでも呼んでくれ」

('A`)「エスパークーねぇ」

('A`)「(昔から変なヤツと思ってたけど……まさかここまでネジが外れてるとは…)」

川 ゚ -゚)「疑ってる顔だな」

('A`)「まぁ、流石にな」

('A`)「ぁあ、あれだ。エスパーってことは超能力使えるだろ? それ見せてくれたら信じるかもな」




川 ゚ -゚)「把握した」

('A`)「(うわぁお、オレの幼馴染が電波になっちゃた)」

9 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:36:40.59 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「まぁ、適当でいいだろ?」

川 ゚ -゚)「…」


ヒュ
パッ

ドズン!!


('A`)「!?」

川 ゚ -゚)「ほれ」

('A`)「オレの机!?」

10 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:37:03.08 ID: UJUwgt5A0

('A`)「…なんじゃこりゃ」

川 ゚ -゚)「ドクオの机だ」

('A`)「見れば分かる! 空から…降ってきた? いや、いきなり現れたような」

川 ゚ -゚)「信じたか?」

('A`)「いや……つーか」

('A`)「これがお前の超能力なわけ?」

川 ゚ -゚)「そうだ」




('A`)「またまたぁwww」

11 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:37:57.90 ID: UJUwgt5A0

('A`)「引っ掛かんねーよwww 誰かとグルになってオレの机を落としたんだろ?」

川 ゚ -゚)「…」

('A`)「お前がこんな冗談かますつーのは、意外だったな」

('A`)「しかし机どっから落としたんだ? 落とせるようなところは…」

川 ゚ -゚)「ドクオ、部屋は昔のままか」

('A`)「は?」

川 ゚ -゚)「最近行ってないからな。模様替えとかはしたのか?」

('A`)「何言ってんの?」

川 ゚ -゚)「いいから」

('A`)「…まぁいいけど」

('A`)「昔のまんまだよ。散らかりっぱなしで片付ける気もしねぇ」

川 ゚ -゚)「そうか、ならイメージしやすいな」

('A`)「だから何…」


13 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:38:39.17 ID: UJUwgt5A0

ヒュ
パッ

ゴドン!!!


川 ゚ -゚)「お、上手くいったみたいだな」

('A`)「あ?」


(゚A゚)


(;'A`)「嘘だろ…」

(;'A`)「いや、このデスクトップ…間違いねぇ」


(;'A`)「ぉぉおおぉおれのピーシーじゃねぇか!!」



川 ゚ -゚)「信じたか?」


15 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:39:57.35 ID: UJUwgt5A0

(;A;)「む、ムゴイ」

川 ゚ -゚)「む、泣くことはないじゃないか。しかし、これで信用したろ?」

('A`)「ぐす……HDDに避難させてて良かった…」

川 ゚ -゚)「おい」

('A`)「はいぃ!!」

(;A;)「もう勘弁してくれぇぇぇ」

川 ゚ -゚)「いや…そういうつもりじゃ」


17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:41:01.47 ID: UJUwgt5A0

(;A;)「ぁうぁう」

川;゚ -゚)「…すまなかった」

('A`)「信じたんで元の場所に戻してくれよぉ」

川 ゚ -゚)「あ、それ無理」




('A`)「-え?」


19 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:41:36.33 ID: UJUwgt5A0





川 ゚ -゚)「泣きながら引きずって行ったな」

川 ゚ -゚)「私がドクオの部屋に行って“呼べば”良いだけなんが…」

川 ゚ -゚)「まぁいいか」


…じゃり


川 ゚ -゚)「…誰だ?」

(,,゚Д゚)「よぉ」


20 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:42:42.72 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「あなたは…ギコさん、だったか」

(,,゚Д゚)「いいよ、呼び捨てで」

(,,゚Д゚)「さっきの野郎はクーちゃんの彼氏?」

川 ゚ -゚)「違うな、友人だ」

(,,゚Д゚)「そうかい、釣り合わねえと思ったぜ」

川 ゚ -゚)「ギコ」

(,,゚Д゚)「はいはい?」

川 ゚ -゚)「あなたは駄弁りにきたのか?」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「いんや、任務だ」


21 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:43:54.27 ID: UJUwgt5A0


(,,゚Д゚)「渡辺を捕らえよ」


(,,゚Д゚)「素直クール、お前の初任務だ」


川 ゚ -゚)「初めからそう言えばいい」

川 ゚ -゚)「把握した」


22 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:46:57.28 ID: UJUwgt5A0

(,,゚Д゚)「とぉ、言ってもだ」

川 ゚ -゚)「?」

(,,゚Д゚)「クーちゃんはオレとペアを組んでもらう」

川 ゚ -゚)「断る、と言ったら?」

(,,゚Д゚)「ダメだ、決定事項なんでな」

(,,゚Д゚)「初任務で慣れないクーちゃんを、オレが優ぁしくサポートしてあげろとのことだ」

川 ゚ -゚)「…ぅえ」

(,,゚Д゚)「ん?」

川 ゚ -゚)「なんでもない」


23 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:47:35.77 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「決行はいつにしますか? “先輩”?」

(,,゚Д゚)「早ければ早いほどいな」


(,,゚Д゚)「よし!」

(,,゚Д゚)「決行は今夜!」


(,,゚Д゚)「集合はクーちゃんの家!」

川 ゚ -゚)「…うげぇ」



(,,゚Д゚)「目指すはVIPテレビ局!!」


24 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:48:28.24 ID: UJUwgt5A0





('A`)「うぐ…ぐす…」

('A`)「オレのPC……こんなに傷だらけになって…」

('A`)「テレビも2ちゃんも今夜のオカズもこの子だけが頼りなのに…」

('A`)「つくかな…」


ポチッ
シュイイインキュルキュルキュルキュー


('A`)「……クーがエスパー」

('A`)「実際目の当たりにしても信じらんねぇ…」

('A`)「夢だったりして…」


25 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:48:52.98 ID: UJUwgt5A0


チャンチャンチャーン


('A`)「ぉおぅwww立ち上がったwww」

('A`)「流石、オレのPCだぜwww」

('A`)「ん?」

('A`)「げぇ!もうこんな時間じゃねぇか!」

('A`)「今日は生放送だからな!絶対録画しないと」

('A`)「“うほばん!”今日はナベちゃんがでるしなwwwうひひひwww」


27 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:49:48.31 ID: UJUwgt5A0





(,,゚Д゚)「アロー、クーちゃん」

川 ゚ -゚)「来たか」

(,,゚Д゚)「つれないねぇ、そんなんじゃ折角の美人が台無しだぜ?」

川 ゚ -゚)「先輩、そんなことはどーでもいいので任務を」

(,,゚Д゚)「ちぇ……『任務は楽しく伸びやかに』 がオレのモットー なのによー」


28 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:51:20.91 ID: UJUwgt5A0

(,,゚Д゚)「じゃ、確認」

(,,゚Д゚)「ターゲット、渡辺。最近売り出し中の新人アイドル」

(,,゚Д゚)「歌えない踊れない頭の回転も良くない。と、どう考えてもダメダメだが、何故か彼女は人を惹き付ける」

(,,゚Д゚)「彼女を見た人間からは『何か暖かい気持ちになった』 『心が軽くなった』等の意見が寄せられている」


(,,゚Д゚)「何故か彼女から目が離せない」


(,,゚Д゚)「といった情報もある。これもってを上層部は渡辺をエスパーと断定」

(,,゚Д゚)「本日20:00より生放送の“うほばん!”出演予定である渡辺を捕らえるのが、今回の任務だ」


30 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:51:59.74 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「そんな適当に断定していいのか」

(,,゚Д゚)「ん?ぁあ、そうかクーちゃんは知らないのか」

(,,゚Д゚)「ウチには“占い師”がいるからな。大体それで分かるんだよ」

川 ゚ -゚)「占い師?」

(,,゚Д゚)「自己紹介のときにいただろ?」

川 ゚ -゚)「覚えてないな」


(,,゚Д゚)「まぁいいや、それは後で。とりあえず仕事、やっちまうか」

川 ゚ -゚)「それはいいんだが…」

(,,゚Д゚)「ん?」

川 ゚ -゚)「もう、放送まで時間がないぞ、ここからテレビ局までタクシーを飛ばしても間に合わん」

(,,゚Д゚)「ん?あぁ、大丈夫大丈夫」



(,,゚Д゚)「そのためにオレがいるんだからな」


31 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:52:28.69 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「は?」

(,,゚Д゚)「クーちゃん、オレに捕まってくれ」

川 ゚ -゚)「え、やだ」

(,,゚Д゚)



(,,゚Д゚)「仕事だから、ね」

チッ

川 ゚ -゚)「……把握した」

(,,゚Д゚)「(今、チッって言った)」

(,,゚Д゚)「こうもっとギューっと」

川 ゚ -゚)「(ギューと首でも絞めるか)」


32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:53:17.32 ID: UJUwgt5A0

(,,゚Д゚)「…殺気を感じるよー」

(,,゚Д゚)「いやホント、しっかり掴まらないと」


(,,゚Д゚)「振り落とされるぞ?」

川 ゚ -゚)「…渋々」


(,,゚Д゚)「(口で言わなくても…)」

ギュー

(,,゚Д゚)「うはwwwwおkwwww」


(,,゚Д゚)「じゃあ、いくよー」


33 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:53:58.74 ID: UJUwgt5A0





*(‘‘)*「あー、ユーホーだー」

('、`*川「何言ってんの」

*(‘‘)*「ホントだよ、空をびゅーって」

('、`*川「はいはい」

('、`*川「食べないならチーズバーガー貰うねー」

*(‘‘)*「ぁあ!それはあかんでぇ!!」


34 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:55:39.07 ID: UJUwgt5A0





(,,゚Д゚)「ズザー!!」


ザザザザー!ギッキュッ!!


(,,゚Д゚)「ふぅ~、跳んだ跳んだ」

(,,゚Д゚)「クーちゃん、無事?」


川  - )「」

川 ゚ -゚)「なななんてことはなないぞぞ」

(,,゚Д゚)「時間あるし、ちと休もうか」


36 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:56:31.05 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「…さっきのが先輩の超能力か」

(,,゚Д゚)「まぁ、そうなるかな」

(,,゚Д゚)「超脚力、跳んで走る能力、エスーパーって感じじゃないかな」

川 ゚ -゚)「そうだな」

(,,゚Д゚)「クーちゃんが人のテレポートできるようなら、もっとスマートにいけたんだけどな」

川 ゚ -゚)「現状では難しいな」

川 ゚ -゚)「そもそも“呼ぶ”ことは“送る”ことはできないからな」

(,,゚Д゚)「まぁ、仕方ないわな」


(,,゚Д゚)「さて、そろそろいくか」


37 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:57:05.43 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「ここは局の屋上だ、どうやって放送中のスタジオに行く?」

(,,゚Д゚)「そりゃ、勿論オレの自慢の足でズザーっと」

川 ゚ -゚)「…」


川 ゚ -゚)=つ),,Д)゚ ゚ ストレト!


川 ゚ -゚)「地図とか見取り図とか持っていないのか」


(メ,,゚Д゚)「ない」


川 ゚ -゚)つ(メ,,゚Д゚)

川 ゚ -゚)つ),,Д)゚ ゚
川 ゚ -゚)=つ),,Д) ゚ ゚ ワンツ!!


カンカンカンカーン


38 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:57:46.91 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「さて見取り図がいるな…」

川 ゚ -゚)「大体案内所が入口辺りにあるとして…パンフレットもその辺りだろう」

川 ゚ -゚)「大体の座標軸が掴めれば…」



--
---


(,,゚Д゚)「ぅうん…」

川 ゚ -゚)「目が覚めたか……時間がない、行くぞ」

(,,゚Д゚)「記憶が曖昧で良く思い出せないけど……まぁいいか」

川 ゚ -゚)「ドアは……壊すしかないか…」


39 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:58:07.56 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「ギコ!」


(,,゚Д゚)「あいあいさー」



ドガン!!



川 ゚ -゚)「よし。行くぞ、ギコ」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「(何か寝てる間に立場が逆転してる気がする)」


40 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:58:42.30 ID: UJUwgt5A0





从'ー'从「びーとぎゃーざびーとぎゃーざ♪」

ズチャ♪ズチャ♪ズチャズチャ♪

从'ー'从「びーとぎゃーざびーとぎゃーざ♪」

ズチャ♪ズチャ♪ズチャズチャ♪



(^A^)「いやーイイッスね、彼女」

(^D^)「何が良いって……うーん、表現できないけどいいね! 不思議な魅力の持ち主だよ」

(^A^)「ついつい目で追っちゃう」

(^D^)「なー」

(^A^)「なー」


42 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:59:24.83 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「(さて……ここまではすんなり来れたな)」

(,,゚Д゚)「(スタジオ見学の人達に混じれば割りと簡単だったな)」

川 ゚ -゚)「(ギコ、彼女が出てきたら、後は打ち合わせ通りに…)」

(,,゚Д゚)「(あいよ…)」


(^A^)「はいはいはいはい、お待たせしました~」

(^A^)「ナベちゃん入場です!!」

(^A^)「合図したらこう“わー”っと盛り上がってくださいね!!」


キャーキャー
ザワザワザワ


川 ゚ -゚)「(来る…!)」

(,,゚Д゚)「(よっしゃ…)」


43 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 13:59:57.37 ID: UJUwgt5A0

(^A^)「それではワンツースリー… (キュー)」


「イエー今日は生放送だぜ!チェケラ!」

「本日一発目のゲストはぁ!!」

「生放送でもそのキャラは崩れないのか!! 歩く人畜無害!!」

「ナベちゃんこと、ワ・タ・ナベだ!!!ヒュアユーイゴー!!」



从'ー'从「おっはー」


キャーーーーーーーーーーー!!!!!!
ナベチャンーーーーーーーー!!!!!!



川 ゚ -゚)「(今だ!!)」


44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:00:49.63 ID: UJUwgt5A0



ばつん!!



45 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:02:33.31 ID: UJUwgt5A0

ウワ!?
ナンダ!?
テイデン!?


川 ゚ -゚)「(スタジオの照明基盤に水を落としてをショートさせて…!)」

川 ゚ -゚)「(ドリフ名物たらい落とし!!)」


从'ー'从「ふぇ?」


ゴキィン!!


从 ⊿ 从「ハマチ!!」


46 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:03:04.70 ID: UJUwgt5A0

(,,゚Д゚)「んで、オレがかっ拐うと……クーちゃん掴まってる?」

川 ゚ -゚)「イエスイエスイエス」

(,,゚Д゚)「じゃ、いくぜー」



キャー
ガタンガタン
ドコサワッテンノヨ!
ダレカデンキヲー!


47 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:03:29.19 ID: UJUwgt5A0





('A`)「え…なにこれ…放送事故?」

('A`)「あ…ついた」

('A`)「あれ?…ナベちゃんは?」



('A`)「…ミステリー」


48 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:03:54.73 ID: UJUwgt5A0





从'ー'从「ん…ぅん」

川 ゚ -゚)「目が覚めたみたいだな」

从'ー';从「ひゅわ!」

(,,゚Д゚)「ぉー、近くで見るとやっぱ可愛いなぁ」

从;'ー'从「でゅわ!」

从;'ー'从「…ゆ、誘拐犯ですか」


(,,゚Д゚)「あー、違う違う、いや……違くないか?」

(,,゚Д゚)「まぁ、営利目的の誘拐犯とかじゃないから安心てくれ、オレらは…」

川 ゚ -゚)「エスパークーです、よろしく」


49 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:04:26.94 ID: UJUwgt5A0

从;'ー'从「え、エスパー?」

川 ゚ -゚)「説明しよう!!」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「ギコ先輩どうぞ」

(,,゚Д゚)「…」



--


从'ー'从「私がエスパー…?」

川 ゚ -゚)「そういうことらしいな」

从'ー'从「そんなこと言われても私…よく分かりません」

(,,゚Д゚)「(これが普通の反応だよなぁ……クーちゃんはここで「よし分かった何をすればいい?」だったからな)」


50 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:05:02.16 ID: UJUwgt5A0

从'ー'从「私、別に物を動かしたり空を飛んだりできません」

从'ー'从「超能力だなんて私にはとても…」

(,,゚Д゚)「キミの能力は」

从'ー'从「!」


(,,゚Д゚)「人の目を惹く能力」

(,,゚Д゚)「何故か見てしまう、つい振り返ってしまう。魅の力を最大限に発揮したもの」

(,,゚Д゚)「それはブラウン管を通し、今、日本中に広がっている」

(,,゚Д゚)「素晴らしい能力だ。是非“ウチ”に欲しい」

(,,゚Д゚)「というか、個人的にもキミが欲しい!」

(,,゚Д゚)「(っと、大分適当なこと言ったけど大方合ってんだろ)」


51 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:06:08.22 ID: UJUwgt5A0

从'ー'从「ウチ?」


(,,゚Д゚)「そう! 日本中から選りすぐりのエスパーを集め、より良い日本を作る!!」



(,,゚Д゚)9m「大日本エスパープロジェクト!! 略してダイプロ!! 未来の日本を担うのは君だ!!」



川 ゚ -゚)「…ダサ」


53 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:06:51.72 ID: UJUwgt5A0

从;'ー'从「私になんか無理です~」

(,,゚Д゚)「そんなことないさ!!明日って今さ!!」

从;'ー'从「仕事がありますし」

(,,゚Д゚)「(割りと手強いな)」

川 ゚ -゚)「(おまえの説得が下手すぎるだけだ)」


バタバタバタ
ミツカッタカ?
イヤマダダ?


川 ゚ -゚)「…あまり時間はないな」


54 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:07:13.67 ID: UJUwgt5A0

从;'ー'从「…どうするんですか……無理矢理連れて……行ったり……うぇ」

(,,゚Д゚)「そうしたいが、君の能力がある以上見つかる可能性が高い」

川 ゚ -゚)「ふむ」

从'ー'从「じゃあ、見逃して…」

(,,゚Д゚)「まぁ、手段がない訳でもない」

(,,゚Д゚)「我々に敵対する可能性があるならば、始末するという手もある」

从;'ー'从「…ひぃ」

(,,゚Д゚)「…」

(,,゚Д゚)「(何か新しい性癖に目覚めそうだ)」


55 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:08:08.40 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「ふぅむ」

(,,゚Д゚)「…」


川 ゚ -゚)「うーん」

(,,゚Д゚)「…」


川 ゚ -゚)「うぅむ」

(,,゚Д゚)「…どうしたのクーちゃん? せっかくオレがシリアスな雰囲気を醸し出してるのに…」


58 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:08:42.24 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「渡辺。…呼び捨てでいいかな?」

从;'ー'从「! …は、はぃ」


川 ゚ -゚)「うん、君は今の仕事楽しいか?」

从'ー'从「…へ?」


川 ゚ -゚)「仕事。楽しいのか?」

从'ー'从「は、はい」


川 ゚ -゚)「そうか」

川 ゚ -゚)「君には多くのファンがいるな。ファンに対してどう思ってる?」

从'ー'从「え…? うーん…」


(,,゚Д゚)「…ちょ……クーちゃん…?」


59 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:09:43.75 ID: UJUwgt5A0

从'ー'从「…」

川 ゚ -゚)「答えられないか?」


从'ー'从「…」

从'ー'从「ファンは私の心の支えです」

从'ー'从「…」

从'ー'从「最近良く手紙を貰うんです」

从'ー'从「元気が出た」

从'ー'从「暖かい気持ちになった」

(,,゚Д゚)「それは…能力の…」

从'ー'从「…」

从'ー'从「それが超能力のおかげだとしても……応援してくれる人がいるなら」


从'ー'从「私はこの仕事を頑張りたいです」


60 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:10:11.79 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「そうか」

川 ゚ -゚)「ギコ」

(,,゚Д゚)「あいよ」

川 ゚ -゚)「帰るぞ」

(;,,゚Д゚)「ぇえ!! 任務放棄!?」

川 ゚ -゚)「渡辺は戦力外、敵になる可能性も皆無。よって保留、以上」

(;,,゚Д゚)「ちょ! そんな勝手に…」

川 ゚ -゚)「どうにかするさ」

川 ゚ -゚)「窓から跳ぶぞ」

(;,,゚Д゚)「オレガセンパイナノニ…」

ガラガラ


从'ー'从「…」


61 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:11:33.48 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「あぁ…そうだ、渡辺」


从'ー'从「ひゃい!?」

川 ゚ -゚)「君のファンの話だが…」

从'ー'从「?」

川 ゚ -゚)「私の友人に1人、熱烈な君のファンがいてね」

从'ー'从「はぁ」

川 ゚ -゚)「そいつは能力なんて関係無しに君のことが好きなんだろうな」

从'ー'从「…」

川 ゚ -゚)「無駄話をした、仕事頑張ってくれ」

从'ー'从「…はい!」


62 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:14:11.44 ID: UJUwgt5A0

川 ゚ -゚)「ギコ行こう」

(,,゚Д゚)「ギューとね」

川 ゚ -゚)「分かってる」


川 ゚ -゚)「…」


ヒュ
パッ

ヒラヒラヒラ

从'ー'从「…?」



川 ゚ -゚)「またな」

ギュン!!!!


63 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:15:00.36 ID: UJUwgt5A0

从'ー'从「…名刺?」

从'ー'从「『風より優しく、風邪より怖い!その名もエスパークー!!   -大日本エスパープロジェクト所属』」


クスッ

从'ー'从「クーちゃんか…」


64 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:17:06.41 ID: UJUwgt5A0





('A`)「ナベちゃん大丈夫かな…」

('A`)「誘拐…」

('A`)「いや待て……こういう場合は殺人とか…」

('A`)「うわぁぁぁ! …ネガティブになるな! ネガティブに!」

('A`)「くそぅ……いつまで放送止めt」


『ごめんなさ~い!』


('A`)「!! ナベちゃん!!」


65 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:18:17.19 ID: UJUwgt5A0

(;A;)「うぇぇぇい……良かったよ~」


『色々ご迷惑をおかけしました。停電にビックリして控え室まで逃げたら、鍵が開かなくなっちゃって…』


(;∀;)「ドジっ子だなぁwwwいいんだよー、ナベちゃんはそれでいいんだよーwww」


『ごめなさいついでに、もう一個ごめんなさい してもいいですか?』


(;∀;)「いいよーいいよー何でもいいよーwww」


66 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:18:43.36 ID: UJUwgt5A0


『さっきはごめんなさい』

『色々ビックリしちゃって……今度は女の子同士で、お茶でもしながら話しましょう』


『クーちゃん!』





('∀`) 「え?」


68 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 Mail: 投稿日: 2007/09/15(土) 14:19:55.69 ID: UJUwgt5A0





「ねぇ! 何で!? 何でオレはハブなの!?」

「始末するとか物騒なことを言うからだろ」

「いや、あれは仕方なく…」

「私は知らん」

「ああぁあぁー!! ……ん? なにそれ?」

「名刺だ。この機会に作ってきた、いるか?」

「…」

「いい響きだろ?」

「…クーちゃんって、ネーミングセンスないよね」



第一話了


スポンサーサイト

川 ゚ -゚)エスパークーのようです
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

エスパークスかと思った

-:2007/09/16(日) 10:34:48 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。